「歯とお口の健康」の記事一覧

全129件
  • 「スポーツ」と「歯」の関係

    一流のアスリートは、歯をとても大事にするといいます。それは、しっかり奥歯で噛むことで、よりパワーが出せるから。スポーツドリンクで水分補給する人は多いですが、スポーツドリンクは、実は酸性の飲み物。歯は酸性の環境下では溶ける状態になるので、スポーツ後は水やお茶で口をすすぐなどお口のケアを忘れずに。

  • 正しいケアの第一歩「歯の役割と構造」を知ろう

    歯には「食べ物を咀嚼する」「発音を助ける」「顔の形を整える」という3つの働きがあり、エナメル質、象牙質、セメント質、歯髄という4つの組織からできています。乳歯から生えかわったあとの永久歯は一生もので、おいしく食事をするためには20本以上の歯が必要。歳をとっても健康な歯でいるために大切にケアしましょう!

  • ナゾが多い「口内炎」の原因と症状

    「口内炎」があると、痛くて食べるのがつらくなりますね。口内炎はお口の中の粘膜に起こる炎症のこと。最も一般的なのは、「アフタ性口内炎」です。白っぽい円形にくぼんだ潰瘍が数個できるのが特徴で、体調不良や疲労、ストレスが原因といわれます。その他、口の中の衛生状態などさまざまな原因があり、症状もそれぞれです。

  • 口内炎になってしまった時の「治し方」

    「口内炎」は、放置しておくと何らかの原因で悪化することもあります。正しい治し方で、回復を早めましょう。口の中を清潔に保つのはもちろんのこと、ステロイドや消炎剤が含まれている軟膏タイプの塗り薬などの市販薬を利用するのも良いでしょう。症状が長引く場合は、歯科医院で相談してください。

  • 簡単にできる「口内炎の予防法」

    口の中が汚れていると細菌やウイルスが増殖して、口内炎ができやすくなります。毎食後の歯みがきやうがいで「清潔」を心がけましょう。「自浄作用」がある唾液が減ると細菌が増殖しやすくなるので、ガムを噛むなどして唾液の分泌を促しましょう。「栄養バランスのとれた食事」を心がけ、「疲れ」「ストレス」にも気をつけて。

  • 「奥歯」の寿命と役割

    歯の中で一番寿命が短いのは「奥歯」といわれています。奥歯はハブラシが届きにくく、歯垢が残りがち。そのため、むし歯や歯周病になりやすいからです。奥歯は「噛む」以外にも、発音や瞬発力、記憶力などにも関係しているため、奥歯を失うといろいろな不都合が生じます。奥歯を意識した歯みがき習慣を身に付けましょう。

  • 歯ブラシの正しい「持ち方」

    ハブラシの基本的な持ち方は、鉛筆を持つように握って持つ「ペングリップ」と、手のひらで握るように持つ「パームグリップ」の2つ。「1~2週間でハブラシの毛先が開いてしまう」ような方には、「ペングリップ」がおすすめです。余計な力が入らず、小刻みに動かしやすいので、すみずみまでていねいにみがけます。

  • 「よく噛むこと」と「噛みあわせ」の大切さ

    よく噛んで食べることの効用は、「ヒミコノハガイーゼ」という標語で表されます。「ヒ」は肥満の防止、「ミ」は味覚の発達、「コ」は言葉の発達、「ノ」は脳の発達など、よく噛むことは健康や生活の質を良くすることにつながります。食事の時は食べ物を飲み物で流し込まないようにして、よく噛んで食べるようにしましょう。

  • むし歯(虫歯)予防に効果的な「ハミガキ」の使い方 ~初期むし歯と再石灰化~

    穴の開いたむし歯になる一歩手前の「初期むし歯」であれば、元の健康な状態に戻すことが可能です。フッ素にはその修復を助ける働きがあるので、フッ素入りハミガキの使用がおすすめです。フッ素の効果を十分に発揮させるため、大人の場合、1回の使用量は約1~2cmが目安です。すすぎは少量の水で1回程度が良いでしょう。

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE メールマガジンの登録

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。