学校歯科健診と歯科医院の検査は違うの?子どもに必要な「予防歯科」

学校歯科健診と歯科医院の検査は違うの?子どもに必要な「予防歯科」

歯科医院では治療だけでなく、予防のケアを受けることができます。歯科医院でのプロケアとご家庭でのセルフケアの両方で、お口のトラブルが起きる前の「予防歯科」をお子さんと実践しましょう。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「学校歯科健診」と「歯科医院の検査」にはどんな違いがあるの?

春に学校で実施された、お子さんの学校歯科健診の結果はご覧になりましたか?結果が「異常なし」だと 、安心されると思いますが、異常なしだからと言って「来年まで歯科医院に行かなくてよい」ということ ではありません。「学校歯科健診」は、一般の「歯科医院で受ける検査」と何が異なるかを以下の表にまとめました。

<学校歯科健診と歯科医院の検査との違い>

その大きな違いは目的です。学校歯科健診は、スクリーニング(ふるいわけ)によって、目で見てわかる 範囲の問題を見つけ出し、歯科医院の受診をすすめたり、保健指導に役立てます。学校での設備には限界 があるため、歯と歯の間の小さなむし歯まで、すべて確認することは難しいのが現状です。
一方、歯科医院の検査は、治療や予防処置の方針を決めるためのものです。見えないところにあるむし歯や、次に生えてくる永久歯があるかどうかなどもレントゲンで精密に検査します。
そのため、学校歯科健診で「異常なし」でも、歯科医院ではむし歯などが見つかることもあるのです。「予防」や「早期発見」のためには、歯科医院での定期的な検査が必要です。

歯科医院で受けよう!子どもへの「プロケア」

歯科医院では検査や治療だけでなく、子どものお口の状態に合わせ「プロケア(プロフェッショナルケア )」を受けることができます。

歯のクリーニング

 「歯石」はみがき残した歯垢が石灰化したものです。歯石がついている場合、歯みがきでは落とすことができないため、専用の器具で除去します。また、ブラシの付いた専用の器具で、みがき残しの「歯垢」、「着色」をきれいにみがきます。そうして歯の表面をきれいにしておくと、汚れがつきにくくなります。

左・歯石を除去する器具 / 右・歯の面を清掃する器具

フッ素塗布

むし歯予防のため、年に数回、高濃度のフッ素を塗布します。歯の生えはじめの時期は、フッ素の取り込み量が大きいため、特に効果的です。フッ素のゲルを綿球やハブラシで塗る方法や、フッ素のゲルをのせたトレーを口の中に数分入れておく方法があります。

左・綿球で塗布する方法 / 右・フッ素のゲルをのせたトレー

シーラント (フィッシャーシーラント)

生えたばかりの奥歯は、かみ合わせの溝が深く、むし歯になりやすいところです。「シーラント」はかみ合わせの溝を合成樹脂でふさぐ処置で、むし歯予防に効果的です。ただし、シーラントをしても、むし歯にならないわけではありません。ご家庭では、シーラントの周りが茶色く変色していたり、欠けていたりしないか、注意しながら、定期的に歯科医院でチェックしてもらいましょう。

「セルフケア」はプロから学ぼう!

小学生のころ生えてきた永久歯は一生使う大切な歯。歯科医師や歯科衛生士から、お口の状態に合ったみがき方やデンタルフロスの使い方など、「セルフケア」のアドバイスを受けましょう。
お子さん自身はしっかり歯をみがいているつもりでも、歯垢の染め出し剤を使うと、思っていた以上に歯垢が残っていることがあります。お子さんへ視覚的に印象付けることで、歯みがきへの意識も変わるかもしれません。歯みがきはなんとなくするのではなく、歯垢が残りやすいところや、初期むし歯があれば進行させないようにその部分をよくみがくようにしましょう。
初期むし歯はこちら

<歯垢の染め出し・ブラッシング指導の様子>

親子で一緒に予防歯科!

「予防歯科」とは、むし歯などになってから治療をするのではなく、むし歯などになる前の予防を大切にすることです。歯科医院での「プロケア」と、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方によって、親子で一緒に「予防歯科」を実践していきましょう。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

〜学校健康診断のこの二つ。健康診断の項目から無くなったのは、どうして?〜

最近、学校健康診断から「座高測定」「ぎょう虫検査」が無くなったというニュースが記憶に新しいのではないでしょうか。「座高」は、子どもの内臓の発育を確認するために測定していましたが、データが活用されていないという声があがっていました。また、「ぎょう虫」などの寄生虫卵の検査は、衛生状態の改善に伴い、最近では、1%以下で推移していたことから省略可能と判断され、平成27年度をもって廃止されたのです。このように、学校健診はその時代の子どもの健康課題に応じて健診項目が見直されてきました。

歯科についても、「むし歯の洪水時代」(昭和40~50年代頃)と呼ばれた頃に比べ、現在は、歯みがき習慣や予防方法が普及し、むし歯のある子どもは減少しました。そして、従来の治療が必要になってから治療をすすめる「疾病発見型」から、CO(要観察歯)・GO(歯周疾患要観察者)の基準が導入され(平成7年)、疑わしい段階も保護者にお知らせされる「健康増進型」へ変化してきました。

学校歯科健診と歯科医院の検査は診断の方法が異なりますが、予防を大切にするという考え方は一緒です。学校歯科健診結果も活用しながら「予防歯科」を実践していきましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

太田 博崇

オーラルケアマイスター

太田 博崇

おおた ひろたか

オーラルケアの基礎研究・製品開発に30年以上携わり、その間、国立研究所や歯科大学との共同で疾患予防研究もしてきました。
これらの経験を活かし、オーラルケアと健康生活に関わる有用な情報をお届けしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE