「歯間ブラシ」使用のススメ

「歯間ブラシ」使用のススメ

歯と歯の隙間は歯ブラシの毛先が届きにくいため、歯垢が残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所。歯と歯の隙間の掃除には歯間ブラシを併用しましょう。歯間ブラシには様々なサイズがあります。ご自身の歯ぐきの状態や部位に合わせた「サイズ選び」が大切です。歯と歯の隙間にスッと抵抗なく挿入できるサイズが目安です。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

歯と歯の隙間には「歯間ブラシ」

外で食事をした時などに歯と歯の間にものが挟まって、困った経験はありませんか? 特に歳を重ねると、歯茎が少しずつ退縮して歯と歯の間に隙間ができるため、食べ物が挟まったり歯垢がたまったりしやすくなります。

口の中の清潔を保つため、1日1回「歯間ブラシ」を使って歯と歯の隙間をキレイにしましょう。

歯間ブラシと歯ブラシを併用すると歯と歯の隙間の歯垢を「9割以上」除去

歯と歯の隙間は歯ブラシの毛先が届きにくいため、歯垢が残りやすく、むし歯(虫歯)や歯周病が発生しやすい場所です。この隙間の歯垢は、歯ブラシだけでは6割程度しか取り除けませんが、歯間ブラシを併せて使うことで、「9割以上」の歯垢を取り除けるとの報告があります。

毛先が届きにくい歯と歯の隙間の歯垢除去率

毛先が届きにくい歯と歯の隙間の歯垢除去率

  • ※山本ほか 日本歯周病学会誌 1975 を改編

部位に合わせて歯間ブラシを「使い分け」

歯間ブラシは、ナイロン毛を金属ワイヤーでねじって固定したブラシを、プラスチックのホルダーに取り付けた小さなブラシです。最近では金属ワイヤーを用いないゴムタイプの歯間ブラシもあります。
また、ハンドルの形状やブラシのサイズも様々なので、使用する部位や歯と歯の隙間の広さに合わせて「使い分け」するようにしましょう。

歯間ブラシの「形状」

ハンドルの「形状」は、以下のように「L字型」と「I字型」の2種類あります。

「L字型」と「I字型」

歯間ブラシの「選び方」

歯間ブラシには様々なサイズがあります。ご自身の歯茎の状態や部位に合わせた「サイズ選び」が大切です。目安としては、歯と歯の隙間にスッと抵抗なく挿入できるサイズです。

初めて使用する際は、「小さいサイズ」から試すのが良いでしょう。小さいサイズが挿入できない場合には、デンタルフロスの使用がおすすめです。適したサイズがわからない場合は、歯科医院で相談すると安心です。

歯間ブラシのサイズを選ぶ時の目安

歯間ブラシのサイズを選ぶ時の目安

  • ※サイズ表記、最小通過径は全日本ブラシ工業協働組合の自主規格より

この記事を作成・監修した
マイスター

平野 正徳

オーラルケアマイスター

平野 正徳

ひらの まさのり

オーラルケア関連の基礎研究ならびに開発研究に20年以上携わってきました。 これまで得た知識と経験を活かして、歯とお口の健康に関する情報をお伝えします。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

歯とお口の健康の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存