歯医者さんに「初期むし歯」と言われたら!「初期むし歯」を毎日のケアで健康な歯に

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯医者さんに「初期むし歯」と言われたら!「初期むし歯」を毎日のケアで健康な歯に

あまり知られていない…「初期むし歯」は毎日の歯磨きで修復可能!

歯科医院で「初期むし歯」と言われたことはありませんか? ライオンの調査で「初期むし歯を知っていますか」と質問したところ、「初期むし歯を知っている」と答えた方は7%、「なんとなく知っている」と答えた方は33%で、「なんとなく」を含め、「知っている」と答えた方は40%でした。

次にこの「初期むし歯を知っている」と答えた40%の人に、「初期むし歯が毎日の歯磨きで元の状態に戻ることを知っていますか」と質問したところ、46%の人は「知らないと」回答しました。「初期むし歯」という言葉は聞いたことはあっても、実際はどのようなものなのか理解している人は少ないようです。

<初期むし歯の理解度>

  • ※ライオン調べ、n=336、20~40代男女、2015年

意外に多い初期むし歯保有者

では、実際に初期むし歯を持っている人はどのくらいいるのでしょう。歯磨きに自信があると自己申告した男女100名の口の中を歯科医師がチェックしたところ、初期むし歯があった人は4割以上、20〜30代では半数以上の人に初期むし歯があることがわかりました。歯磨きに自信があると答えた人であっても多くの人が初期むし歯を持っていたということです。初期むし歯があるかどうかは歯科医院で診てもらわないと分からないので定期的な歯科健診はとても大切です。

<初期むし歯を持つ人の割合>

  • ※ライオン調べ、n=100、20〜70代男女(歯磨きに自信があると答えた人)、2014年

「初期むし歯」とは?

油断は禁物!初期むし歯は「穴の空いたむし歯の一歩手前」

むし歯は、むし歯の原因菌が出す酸によって歯が溶かされ、歯に穴が開いてしまう病気ですが、初期むしは穴の空いたむし歯になる一歩手前の状態です。学校歯科健診では「要観察歯:CO(シーオー)」と呼ばれることもあります。

穴の空いたむし歯は治療が必要ですが、初期むし歯の段階であれば適切な毎日のケアにより再石灰化し、もとの健康な状態に戻る可能性があります。

※再石灰化:唾液中に含まれるカルシウムやリンが、溶けてしまった歯の内側に取り込まれ、歯を修復する働きを「再石灰化」といいます。

<むし歯の進行と対処法>

むし歯の進行と対処法

では、初期むし歯はどのような状態なのでしょうか? 初期むし歯の特徴を紹介します。

初期虫歯の特徴

初期むし歯を健康な歯に戻すための3つのポイント

「初期むし歯」は、そのまま放置していると、治療が必要な穴の空いたむし歯になってしまいます。初期むし歯の段階できちんとケアができるかどうかが、むし歯になってしまうのか、歯を健康な状態に戻せるかの分かれ道です。

初期むし歯を健康な状態に戻すには、毎日の適切なセルフケアが大切です。

ハミガキに配合されているフッ素には歯の再石灰化を促進する働きがあります。初期むし歯を健康な状態に戻すにはフッ素を効果的に活用することが大切です。次の3つのポイントをおさえて、むし歯予防を意識しましょう。

1.フッ素を口の中に残す

歯磨き後に口の中に残ったフッ素は唾液で洗い流されてしまいます。従って、フッ素を効果的に活用するには、フッ素を口の中にできるだけ残しておくことが大切です。フッ素が配合されたハミガキは数多くありますが、フッ素を口の中に残す工夫がされたハミガキを選ぶことがポイントです。

1回に使用するハミガキの量は成人では1~2cmが適量です。また、水ですすぎすぎないこともポイントです。10~15ml程度の少量の水で1回にしておきましょう。

2.歯垢を残さず落とす

歯の表面に歯垢が残っていると、初期むし歯が進行してしまうだけではなく、フッ素が歯に作用するのを邪魔してしまうので、歯垢は残さず落とすことが大切です。毎日歯を磨いているから大丈夫と思っていても、意外と歯垢は落とせていません。以下を参考にして、口の中の隅々までていねいに磨くようにしてください。また、歯ブラシの毛先が届きにくいところには、他の清掃用具も併せて使うようにしましょう。

1)歯を磨く時は、どの歯を磨いているのかを意識しながら、一本一本、丁寧に磨きましょう。基本は3つ。

 ・ハブラシの毛先を歯面にきちんと当てる

 ・軽い力で磨く

 ・小刻みに動かして磨く

1か所あたり20回以上を目安に磨きましょう。

2)歯並びの悪い所、奥歯の奥、矯正装置の周りなど、歯ブラシの毛先が届きにくいところには「タフトブラシ」を使いましょう。

3)歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシなど「歯間清掃用具」を使いましょう。歯と歯の隙間が狭い場所にはデンタルフロス、隙間の広い場所には歯間ブラシが適しています。

3.菌の増殖をおさえる

<就寝中の細菌数の増加>

歯垢ができる原因は細菌なので、せっかく歯垢をキレイに落としても細菌が増えるとまた歯垢が出来てしまいます。就寝中は唾液の分泌が減少し細菌が増えやすくなるので就寝前のケアが効果的です。就寝前には「殺菌剤配合のデンタルリンス」を使いましょう。

「初期むし歯」から「健康な歯」に戻るには、毎日のケアを続けることが大切

初期むし歯は、適切なケアを続けていたらどれくらいの期間で健康な歯に戻るのでしょうか。下の写真は実際に初期むし歯が6ヶ月で健康な歯に戻った事例です。初期むし歯が健康な歯に戻る期間は、初期むし歯の状態やケアの方法などによってさまざまです。しかし、1日や2日で健康な歯に戻るわけではなく、長期間の適切なケアをすることで元に戻ることが期待できます。歯科医師の指導に基づき、自分に合った適切なケアを毎日きちんと続けることが大切です。

<初期むし歯と診断されてから適切なケア※1を行った6ヶ月後の歯の状態>

初期むし歯と診断されてから適切なケアを行った6ヶ月後の歯の状態
  • 画像提供:ライオン歯科材(株)
  • ※1 適切なケア:歯科医師の指導に基づいたプロケア・セルフケア

LION おすすめの商品

歯とお口の健康

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読まれている記事

人気のアイデア 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン
ライオン製品に関するアンケートに答えて★Amazonギフト券1,000円分が当たる!
「#my_irodori」プレゼントキャンペーン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪