「健康・美容」の記事一覧

全165件
  • 日常生活でできる「疲れ目」の簡単セルフケア

    疲れ目に悩まされていませんか?目が疲れたと感じたら、目を休ませる、目を冷やしたり温めたりする、目の周囲をマッサージする、市販の目薬を使うなどのセルフケアがおすすめ。疲れ目になる前に、目への負担を軽くする工夫も大切です。OA機器や照明器具の配置調整、目の乾燥を防ぐなど、日常生活の環境を整えてみましょう。

  • 「薄毛」の原因と兆候

    薄毛の原因と兆候をご存じですか?薄毛の原因には、血行不良による毛根の栄養不足やストレス、男性ホルモンによる影響などがあります。薄毛の進行はなかなか気付きにくいものですが、抜け毛が多くなったり、抜け毛のなかに短い毛が多かったりすることなどが薄毛が始まるサイン。早めに気付くと対処しやすくなりますね。

  • 「男性型脱毛症」の原因と特徴

    局所的に毛髪が薄くなり、次第に薄毛が広がっていく「男性型脱毛症」。頭頂部を中心に薄くなるO型、前側頭部の生え際から薄くなるM型のほか、O型とM型の混合型も。原因としては、男性ホルモン説があります。男性ホルモンが毛根に作用すると、毛根の機能が低下して、髪の毛の成長が阻害され、脱毛が起こるのです。

  • 「女性型脱毛症」の特徴と原因

    女性にも"脱毛"や"薄毛"の悩みが増えています。女性型脱毛症の特徴は、男性の「薄毛パターン」とは異なり、全体的に薄くなり、ボリュームが減ったり、地肌が透けてきたりするのが一般的。原因は、加齢による毛根の細胞の老化や、女性ホルモンの減少、ストレス、過度なダイエット、栄養障害などが関係しているといわれます。

  • 「肌あれ」の原因と症状

    肌のカサつき、ザラつき、ニキビ、吹き出物などの「肌あれ」は、皮膚組織のもっとも外側にある角層がダメージを受けることで起こります。乾燥や寒冷、紫外線など外部からのダメージのほか、加齢による角層の機能低下、過度の洗浄、生理周期によるホルモンバランスの崩れ、栄養不足や睡眠不足、喫煙、ストレスなども原因になります。

  • 肌タイプ別「肌あれ」の対処法

    肌あれの原因は様々ですが、肌のタイプによりケアのしかたが異なるので、まずは自分の肌タイプを知りましょう。普段からカサつきがちな「乾燥肌」、皮脂が少なめで水分が多い「普通肌」、ベタつき・テカリが見られる「脂性肌」、皮脂が多いのに水分が不足する「乾燥型脂性肌」の4つに大別。肌のタイプに合わせたケアを行いましょう。

  • 「肌あれ」の正しい予防法

    私たちの肌は、毎日の生活のなかで知らず知らずのうちにダメージを受けていますが、肌あれは予防することができます。肌あれを防ぐには、乾燥や紫外線などから肌を守ることに加え、常に肌を清潔な状態に保つことが必要です。また、健康な肌のためには、毎日の食事も重要。栄養バランスの摂れた食事を摂りましょう。

  • 深刻化する「疲れ目」の原因

    近年デジタル機器の使用時間が増大したことで目を酷使する機会が増え、「目の疲れ」を訴える人が急増しています。特に40〜50代では、年齢に加えて、このようなライフスタイルの変化から「目の疲れ」「目のかすみ」が深刻化していることが明らかに。目の疲れを感じたら、眼精疲労につながる前に早めのケアでいたわりましょう。

  • 運動会や修学旅行と生理が重なっても慌てずに!小中学生の「生理痛対策」

    「生理痛」で悩む小中学生は、意外と多いようです。小中学生の生理痛は、なぜ重くなりがちなのでしょうか?生理を迎えてから数年間は子宮が未成熟なため、10代特有の生理痛を感じるようです。生理痛を和らげるためには、腰とお腹を温め、血行を良くしましょう。バランスの良い食事と軽い運動も大切です。

  • 小中学生の受験シーズンの「生理対策」

    小中学生にとって大切な受験シーズン。試験当日までに、ナプキンや替えの下着、カイロ、いつも飲んでいる生理痛薬などを準備しておくと安心です。試験日と生理が重なってしまったら、長時間用や夜用ナプキンを。トイレは行ける時に必ず行きましょう。万一のために、ボトムスは黒や濃い色のものがおすすめです。

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE メールマガジンの登録

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。