「かかとのガサガサ」はパンプスが原因!?予防と対策

「かかとのガサガサ」はパンプスが原因!?予防と対策

おろそかになりがちな「かかとのケア」。はじめはガサガサする程度でも、放置しているとひび割れてしまうことも。また、ヒールの高いパンプスなどを履き続けていることが、かかとのひび割れの原因になってしまうこともあるんです!今回は、適切なケアの方法をご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

かかとがガサガサになる原因は?

外気の乾燥とともに、肌の乾燥も進む冬。腕や脚は保湿しても、「かかとの乾燥」を放置していませんか?かかとが荒れ、がさがさになってストッキングが伝線してしまっては女子力が下がってしまいます。なぜ、かかとは荒れてガサガサになりやすいかご存知でしょうか?

「ターンオーバーの遅れ」が原因!

かかとの皮膚は、乾燥や加齢によってターンオーバー(代謝)が低下することで角質が厚くなり、うるおいがいきわたらずガサガサになってしまいます。さらに、かかとには皮膚を乾燥から守る皮脂を分泌する皮脂腺がないことと、体重がかかることによって、ひび割れてしまうことも。特に、働く女性が気をつけたいのがヒールの高いパンプスやサイズの合わない靴を履き続けること。これらにより、過度の圧力がかかり続けると「かかとのひび割れ」を引き起こしやすくなる可能性があります。

<かかとがガサガサになる原因>

ガサガサかかとの「ケアの方法」

では、荒れてしまったかかとにはどのようなケアをすればよいのでしょうか?

余分な角質を取り除く

厚く硬くなってしまったかかとの角質は、専用のケア用品で取り除くと良いでしょう。お風呂に漬かって肌をやわらかくしてから、スクラブ剤などを使って古い角質を落とします。製品の使用方法をよく読んでから使いましょう。
ただし、かかとは全体重を支える大切な部位なので、角質の取りすぎには注意しましょう。

角質を取り除いた後はしっかり保湿する

角質を取り除いたあとの肌は乾燥しやすいので、クリームなどでしっかりと水分と油分を与えることが必要です。かかとにクリームなどを塗るとベタベタが気になる、という方は、貼るタイプの保湿シートならべたつかず、手軽に使えてしっかり保湿できるのでおすすめです。

セルフケアをしてもかかとが硬くなったりカサつきが起こる場合は角化症や水虫が発生している可能性があります。そうした場合には、皮膚科などで医師の診察を受けて適切な処置を行ってください。

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

世界にひとつだけの「キレイキレイ」が作れるセットを30名様にプレゼント!

プレゼント詳細
・キレイキレイ薬用泡ハンドソープ本体 2本
 (シトラスフルーティ/フローラルソープの香りをそれぞれ1本ずつ)
・シールにお絵描きしてキレイキレイのボトルに貼れば
 世界にひとつだけのマイボトルが作れる「マイボトルシール」

  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE