「乾燥肌」を防ぐために日常生活で気を付けること

「乾燥肌」を防ぐために日常生活で気を付けること

乾燥肌を予防するために気を付けていることはありますか?普段の生活をちょっと見直すだけで、肌を乾燥から守ることができます。今回は、そのポイントをいくつかご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

日頃から気を付けたい「乾燥肌」対策

乾燥肌の予防やケアとして、気を付けていることはありますか?今回は、日常生活のなかで入浴以外に注意した方が良いポイントをご紹介します。

POINT

「日常生活」で注意したいポイント

「日常生活」で注意したいポイントは、次のとおりです。

1.エアコンによる乾燥

肌は外気の影響を受けやすく、冬場は外の乾燥した空気に加え、室内のエアコンによる乾燥も肌にとっては大敵です。必要に応じて、加湿器などを使った保湿を心がけましょう。

2.過労やストレス

過労やストレスで自律神経が不安定になると、血行が悪くなったり、腸の働きが低下したりして、肌のトラブルを招きやすくなります。

また、ホルモンのバランスが崩れることで、新陳代謝が悪くなり、ターンオーバー(肌の代謝サイクル)にも影響をおよぼします。休日はゆっくり休み、ストレスを上手に発散して、乾燥肌を予防しましょう。

3.肌に良い食事を摂る

乾燥で肌がカサカサしている場合に摂取したい栄養素としては、「必須脂肪酸」や「カロテン(ビタミンA前駆体)」がおすすめです。

必須脂肪酸は、からだの主要構成成分の1つで、これが不足すると肌がカサカサの状態になります。必須脂肪酸は、サバやイワシなど背の青い魚に多く含まれています。

カロテンは、からだの中でビタミンAにかわり、皮膚や粘膜の細胞やその細胞周期(ターンオーバー)を正常に保つ作用を示します。カロテンは、かぼちゃやにんじん、緑黄色野菜などに含まれます。

4.衣類による擦れ

外からの刺激に敏感になっている乾燥肌にとっては、衣類による擦れがチクチク感、ムズムズ感の原因となることも。肌に直接触れる肌着やタオルなどは、やわらかい素材を選び、柔軟剤を使うなどして、肌への負担を減らしましょう。

健康的な生活で「うるおいボディ」に

お肌の乾燥は、日々の入浴ケアや生活習慣でだいぶ和らげることができます。健康的な生活で「うるおいボディ」を目指しましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

トップHYGIA(ハイジア)から生まれ変わったスーパーNANOX ニオイ専用とトップNANOX スプレーをセットにして30名様にプレゼント!

  • トップ スーパーNANOX ニオイ専用 400g
  • トップNANOX 衣類・布製品の除菌・消臭スプレー 350ml
  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE