歯科医院での「歯のクリーニング」ってどんなことするの?

歯科医院での「歯のクリーニング」ってどんなことするの?

歯科医院ではむし歯などのチェックのほか、「歯のクリーニング」もしてもらえます。プロが専用器材で歯の汚れを1本1本取り除き、表面をなめらかにクリーニングした歯は、ツヤッとして歯垢もつきにくくなります。「歯を白くキレイにしたいから」くらいの軽い気持ちで定期的に歯科医院に行って、お口の美と健康を同時にかなえましょう!

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「歯のクリーニングを受けに」くらい気軽に歯科医院に行ってみよう!

歯科医院に行くのは治療のため、健診や予防のためというと、「仕方ない」「億劫だ」などと感じてしまう人もいるかもしれません。でも歯科医院に行くと、治療や健診に加え、歯垢や歯石の除去など、歯のクリーニングをしてもらえて、歯がキレイになって帰ってきた、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
歯垢や歯石を取り除いてもらうのは、お口のトラブルの予防になると同時に、蓄積した着色汚れも落としてもらえば見た目もキレイになり一石二鳥ですね。
ちょっと考え方を変えて、「歯のクリーニングを受けて歯をキレイにしてもらうついでに健診も受ける」くらいの軽い気持ちで、歯科医院に定期的に通院してはいかがですか。

セルフケアとプロならではのクリーニングで、お口のキレイと健康をキープ!

セルフケア(自分で行うケア)として、ハブラシでの歯みがきは誰でもしているものと思いますが、歯と歯の間などは、ハブラシの毛先が届きにくく、また、歯みがきのクセや歯並びなどが原因で、よくみがけていない場所も出てきます。このような場所は、デンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシも併用してきちんとセルフケアをしましょう。

とはいえ、毎日丁寧にセルフケアをしていても、落としきれない歯の汚れはどうしても出てしまうもの。また、きちんとケアできているかは自分ではわかりにくいものですよね。歯科医院で受ける「歯のクリーニング」では、特別な技術を持ったプロ、歯科衛生士が専用の器材を使い分け、歯科医院用のクリーニングペーストを用いて自分では見づらい部分まで目で見ながら日常の歯みがきでは取り切れない歯垢や着色汚れ(ステイン)を取り除いてくれます。さらに歯石の除去 (スケーリング)もしてもらいましょう。

プロのクリーニングを受けた後は、このとおり歯が白くピカピカに!

プロが使う歯科医院専用の器具とはどんなもの?

歯科医院での歯のクリーニングには、どんな器具が使われるのでしょうか。
歯科医院専用の器具は、電動の回転式で歯を1本ずつ清掃するタイプが多いのが特徴です。1本1本、丁寧に汚れを取り除いてもらえますよ。

ポリッシングブラシ

ポリッシングブラシは、いわば歯科医院専用の歯ブラシ。形状により、クリーニングする部位や歯並びなどに合わせて使い分けられます。毛束が平たいブラシは歯の表や裏など平らな面を、円錐状のブラシは奥歯の溝や狭い部分などをみがく時に使用します。

ラバーカップ

ラバーカップ

元の形のラバーカップ

ラバーカップ 回転させながら押しあてると、へりがたわんで歯と歯ぐきの隙間などの清掃ができる

回転させながら押しあてると、へりがたわんで歯と歯ぐきの隙間などの清掃ができる

やわらかいゴム製の器具も使われます。
ラバーカップは、歯と歯ぐきの境目などを清掃するときに活躍します。歯に押しあてるとカップのへりがたわんで広がり、歯と歯ぐきの隙間など狭い溝に入り込んだ汚れも取り除けます

スケーラー

歯石の除去(スケーリング)に用いる器具はスケーラーといいます。歯石をかき取り除去する単純な手持ち器具のほか、先端部を超音波で振動させて歯石を崩しながらはがしていく超音波スケーラーや、空気圧の振動を利用して歯石を除去するエアスケーラーなどがあります。先端部もいくつかの形状があり、歯石の付着部位によって取り換える場合もあります。

プロのケアを受けに、歯科医院に通院しよう

このように、歯科医院でクリーニングしてもらうと、自分では取り切れない歯垢や着色汚れ、さらに歯石を取り除いてもらえます。歯垢は口臭の原因にもなりますから、口臭予防にもプラスとなることでしょう。
また、歯のクリーニングでは、汚れによる歯の表面のわずかな段差やざらつきを、なめらかにみがき上げます。それによりツヤと輝きのある歯に!これには、歯がキレイになるだけでなく、歯の表面をツルッとした状態に整えることで歯垢がつきにくくなる効果もあるのです。お口の美と健康はつながっているんですね。
クリーニング後に歯を舌で触ってみると、ツルツルして気持ちいいですよ。ここまでのケアは自分ではなかなかできませんね。

歯科医院で、むし歯や歯周病などのトラブルがないか健診してもらうことももちろん大事ですが、このようなクリーニングも含め、定期的に歯をメンテナンスすることは、歯の健康を守るためにはとても重要です。
かかりつけの歯科医院を見つけて、「髪が伸びたから美容院に行く」くらいの気軽さで、歯のクリーニングを受けてみてはいかがでしょうか。

この記事を作成・監修した
マイスター

太田 博崇

オーラルケアマイスター

太田 博崇

おおた ひろたか

オーラルケアの基礎研究・製品開発に30年以上携わり、その間、国立研究所や歯科大学との共同で疾患予防研究もしてきました。
これらの経験を活かし、オーラルケアと健康生活に関わる有用な情報をお届けしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【すきま時間にカンタンお掃除!】新方式のお掃除でがんばらなくてもキレイを実現!
ルックプラスからトイレとお風呂の洗剤をセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • バスタブクレンジング銀イオン+
  • まめピカ トイレのふき取りクリーナー
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE