プロ野球選手のユニフォームの洗濯に学ぶ!「泥汚れ落とし」の方法

プロ野球選手のユニフォームの洗濯に学ぶ!「泥汚れ落とし」の方法

プロ野球選手のユニフォームのお洗濯を手がけている方は、ガンコな「泥汚れ」をどうやってキレイに落としているのか、お洗濯方法をお聞きしました。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

プロ野球選手の「ユニフォーム」が真っ白な理由

プロ野球の選手が着ている「ユニフォーム」は、いつも真っ白でキレイですよね。スライディングしたりして、ユニフォームは泥だらけになる選手も見受けられますが、翌日はキレイになっています。一体どうやってお洗濯しているのでしょうか?

「ユニフォームのお洗濯方法」を聞きました!

今回、北海道日本ハムファイターズのファーム施設である鎌ヶ谷スタジアムに行って、選手のユニフォームをお洗濯されている職員の方に「お洗濯の仕方」をお聞きしてきました。

プロの「お洗濯」の手順

プロの「お洗濯」の手順

訪問した施設の洗濯場は、独身寮である勇翔寮内にあり、そこには衣類が1回20kgも洗える業務用の大型洗濯機が2台、二槽式の洗濯機が2台設置されていました。

職員の方が、どのようにして落としにくい泥汚れをキレイにしているのか、「お洗濯」の手順をみせてもらいました。

1. 汚れの種類や程度によって仕分ける

汚れの種類や程度によって仕分ける

まずは、選手のユニフォームの仕分けから。アンダーシャツやストッキングなど汚れの種類や程度に応じて仕分けをします。

2. 汚れがひどい場合は予備洗い

汚れがひどい場合は予備洗い

汚れのひどい衣類は、二槽式の洗濯機で予備洗濯します。そのあとで、大型洗濯機に。洗剤も液体洗剤や固形石けん、そのほかに液体の漂白剤など、一般家庭とほとんど変わりません。泥汚れや汗・皮脂汚れなど、汚れの種類に応じて洗剤を使い分けたり、場合によっては、数種類の洗剤を併用しているそうです。

3. 落とし切れなかった汚れは手洗い

どうしても落とし切れなかった汚れは、手洗いで落とすそうです。朝6時から10時までの4時間で選手が着用したすべてのユニフォームを洗濯して、乾燥させて仕上げます。まさに、時間との勝負です。

POINT

プロ野球選手のユニフォームのお洗濯から学ぶ!「泥汚れ」を落とすポイント

プロ野球選手のユニフォームの「泥汚れ」を落とすポイント」は、以下の2つです。汚れものをキレイにするポイントは、一般家庭と変わらないようです。しっかり把握して、より満足のいく仕上がりにしましょう。

1. 泥で汚れた衣類は前処理する

2. 泥汚れのひどいものは、手でもみ洗いする

片木 徹也

お洗濯マイスター

片木 徹也

かたぎ てつや

洗濯用洗剤などの製品開発に約15年携わってきました。
日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

世界にひとつだけの「キレイキレイ」が作れるセットを30名様にプレゼント!

プレゼント詳細
・キレイキレイ薬用泡ハンドソープ本体 2本
 (シトラスフルーティ/フローラルソープの香りをそれぞれ1本ずつ)
・シールにお絵描きしてキレイキレイのボトルに貼れば
 世界にひとつだけのマイボトルが作れる「マイボトルシール」

  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE