洗濯物を「花粉から守るため」の鉄則

洗濯物を「花粉から守るため」の鉄則

花粉シーズンでも洗濯物を気持ち良く「外干し」するには、花粉からできるだけ避けて干すことが重要。洗濯物を花粉から守るための鉄則を確認しましょう。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

花粉シーズンでも「外干し」したい!

家族に花粉症の人がいる場合、花粉シーズンのお洗濯は部屋干しや乾燥機を使用して乾かすのがベスト。しかし、衣類の生乾きのニオイが気になる時などは、どうしても「外干し」したくなりますよね。

そこで今回は、花粉シーズンでも安心して洗濯物を外干しするためのポイントについてご紹介します。花粉の付着を防ぎながら外干しするためには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

外干しでも花粉をつけないための「3つの鉄則」

花粉シーズンの外干しは、次の「3つの鉄則」を守ることで、洗濯物への花粉の付着や室内への持ち込みを減らすことができます。

1. 夜~早朝にかけて干す

花粉の飛散量は1日の中でも時間によって変化します。都市部では11~14時、17~19時がピークとの調査結果※があるため、これらの時間は避けた方が良いでしょう。干し始める時間帯は、夜から早朝をねらうのがポイント。花粉の飛散がピークを迎える頃には、ある程度、洗濯物が乾いているため、大量の花粉が付着する前に取り込むことができます。

  • ※環境省花粉情報サイト
  • http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/index.html

2. 乾いたらすぐに取り込む

外干しの時間が長くなるほど、花粉の付着する量も多くなります。洗濯物は長時間干したままにせず、乾いたらすぐに取り込むようにしましょう。

3. 花粉をよく振りはらってから取り込む

洗濯物を取り込む時には、付着した花粉を十分に振りはらってから取り込みます。これだけでも室内に持ち込まれる花粉の量をかなり減らすことができます。

布団の場合は、表面をはらうだけでなく、掃除機をかけて花粉を吸い取ると一層効果的です。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

「濡れたシーツ」につく花粉の量はどれくらい?

乾いた衣類の「2倍」の花粉がつく

乾いた衣類の「2倍」の花粉がつく

花粉は乾いた衣類よりも湿っている衣類に多くつきます。

ライオンが行った実験では、脱水直後の湿ったシーツと乾いたシーツを外に干して、花粉の付着量を比較したところ、5時間後、濡れたシーツには乾いたシーツの2倍もの花粉が付着していました。

つまり、洗濯物が濡れている干し始めは、花粉の飛散量が少ない時間帯をねらった方がいいということになります。

この記事を作成・監修した
マイスター

片木 徹也

お洗濯マイスター

片木 徹也

かたぎ てつや

洗濯用洗剤などの製品開発に約15年携わってきました。
日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
豪華商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

豪華賞品が抽選で当たるキャンペーン実施中!

A賞

「ほどよいミニマリスト」
香村薫さん&ライオンちゃんが
あなたのキッチンのお悩み解決!&
リード プチ圧力調理バック(1か月分)

1名

B賞

"チョイ手間"で更に美味しく
お好きなお肉で「味しみ」体験
お肉ギフト券(15万円分)&
リードクッキングペーパー

3名

C賞

ガンコ汚れ対策・
しっかりオーラルケア清潔&
健康な暮らしアイテム
スーパーNANOX&クリニカ
アドバンテージネクストステージ

100名

  • facebook
  • Twitter
  • LINE