「花粉対策」バッチリのお掃除の基本

Meister5 face photo

LION リビングケアマイスター

杉本 美穂すぎもと みほ

「花粉対策」バッチリのお掃除の基本

ちょっとしたコツで「花粉対策」ができる

皆さんは、花粉症に悩まされていませんか?花粉症の症状を和らげるには、お掃除するにもちょっとしたコツがあります。今回は、花粉の季節のお掃除でぜひ実践してほしい基本5箇条をご紹介します。

花粉の季節のお掃除「基本5箇条」

室内での花粉対策の鉄則は「花粉を入れない」「舞い上がらせない」こと。そのために、次の5つのお掃除の基本を守って、快適な空間をつくりましょう。花粉症の方がご家族にいなくても、この時期、これはおすすめです。

1.「衣類」についた花粉は「玄関」でシャットアウト!

花粉が家の中へ侵入する経路のトップは、玄関。多くは外出時の「衣類」から持ち込まれます。この衣類についた花粉を、玄関から室内に持ち込まないことが重要なポイントです。

2.室内の「換気」は花粉の飛散量が少ない時間帯に

花粉まみれの外気は家の中に入れたくないけど、室内のカビやニオイを防ぐためにも、やはり「換気」はしておきたいもの。そこでポイントとなるのが、換気をする時間帯です。花粉の飛散量の少ない時間帯を選んで換気をしましょう。さらに、窓を開ける時はレースのカーテンを閉めれば、花粉の侵入を多少防ぐことができます。

<花粉の飛散量が少ない時間帯や天気>

・夜露などの湿気がある午前10時頃まで

・昼間の花粉が地面に舞い降りたあとの夜遅く

・雨上がりのすぐあと

3.「花粉のたまりやすい場所」はこまめにお掃除

室内で花粉がたまりやすい次のような場所は、特にこまめにお掃除することが大切です。

4.「積もった花粉」を舞い上げないにはふき掃除が一番

フローリングの床などに、ほうきや掃除機をかけると、空気の流れができて床に「積もった花粉」が空中に舞い上がってしまい、除去するのがむずかしくなります。まずは、かたく絞った雑巾やワイパーでふき掃除するのが一番です。

5.花粉の絡まりやすいものは念入りに「掃除機かけ」を!

カーペットやラグ、布製のソファなどは繊維に花粉が絡まりやすいので、「掃除機かけ」を念入りに行いましょう。

お掃除

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す

LION おすすめの情報

人気のアイデア 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪