「花粉対策」バッチリのお掃除の基本

「花粉対策」バッチリのお掃除の基本

皆さんは、「花粉対策」をきちんとしていますか?花粉症の症状を和らげるには、室内に「花粉を入れない」「舞い上がらせない」のがポイント。今回は、花粉の季節に行いたいお掃除の基本をご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

ちょっとしたコツで「花粉対策」ができる

皆さんは、花粉症に悩まされていませんか?花粉症の症状を和らげるには、お掃除するにもちょっとしたコツがあります。今回は、花粉の季節のお掃除でぜひ実践してほしい基本5箇条をご紹介します。

花粉の季節のお掃除「基本5箇条」

室内での花粉対策の鉄則は「花粉を入れない」「舞い上がらせない」こと。そのために、次の5つのお掃除の基本を守って、快適な空間をつくりましょう。花粉症の方がご家族にいなくても、この時期、これはおすすめです。

1.「衣類」についた花粉は「玄関」でシャットアウト!

花粉が家の中へ侵入する経路のトップは、玄関。多くは外出時の「衣類」から持ち込まれます。この衣類についた花粉を、玄関から室内に持ち込まないことが重要なポイントです。

2.室内の「換気」は花粉の飛散量が少ない時間帯に

花粉まみれの外気は家の中に入れたくないけど、室内のカビやニオイを防ぐためにも、やはり「換気」はしておきたいもの。そこでポイントとなるのが、換気をする時間帯です。花粉の飛散量の少ない時間帯を選んで換気をしましょう。さらに、窓を開ける時はレースのカーテンを閉めれば、花粉の侵入を多少防ぐことができます。

<花粉の飛散量が少ない時間帯や天気>

・夜露などの湿気がある午前10時頃まで

・昼間の花粉が地面に舞い降りたあとの夜遅く

・雨上がりのすぐあと

3.「花粉のたまりやすい場所」はこまめにお掃除

室内で花粉がたまりやすい次のような場所は、特にこまめにお掃除することが大切です。

4.「積もった花粉」を舞い上げないにはふき掃除が一番

フローリングの床などに、ほうきや掃除機をかけると、空気の流れができて床に「積もった花粉」が空中に舞い上がってしまい、除去するのがむずかしくなります。まずは、かたく絞った雑巾やワイパーでふき掃除するのが一番です。

5.花粉の絡まりやすいものは念入りに「掃除機かけ」を!

カーペットやラグ、布製のソファなどは繊維に花粉が絡まりやすいので、「掃除機かけ」を念入りに行いましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

杉本 美穂

リビングケアマイスター

杉本 美穂

すぎもと みほ

家事関連の製品企画、マーケティングを約20年、生活者向け講習会などを約10年経験してきました。
毎日大変な料理や食事の後片付けなどを手早くラクにできるように、わかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE