冬でも「浴室」にカビは潜んでいる!?

冬でも「浴室」にカビは潜んでいる!?

浴室のカビに注意するのは、梅雨時だけだと思っていませんか?1年中過ごしやすい「浴室」にするためにも、姿を隠して潜んでいる冬のカビにも気を付けましょう。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

見えにくい「冬のカビ」に要注意!

皆さんは、浴室のカビを不快に感じたことはありますか?「浴室のカビ」について聞いたところ、95%の人が「見た目の汚さ」などに嫌悪感を抱いており、88%は「健康への影響」を不安に感じていました(ライオン調べ)。

1日の疲れを癒し、ゆったり気持ち良く過ごしたいバスタイム。そんな至福の時間の妨げになるカビですが、梅雨時にはよく見かけるけれど冬にはカビと出会うことも少なく、安心している方も多いのではないでしょうか?しかし、家庭の浴室にどのくらいカビがあるのかをライオンで調査した結果、冬でも浴室にはカビが潜んでいることがわかりました。

<梅雨時と冬季の浴室のカビの状態>

<梅雨時と冬季の浴室のカビの状態>

※ライオン調べ

冬でもカビは検出されたものの、カビだと認知されていないという結果に。冬のカビは気付きにくい状態のものが多いようですが、それはなぜなのでしょうか?

<梅雨時と冬季のカビの培養結果>

<梅雨時と冬季のカビの培養結果>

実際に、梅雨時(25℃)と冬(16℃)の温度条件でカビを培養してみると、カビの広がり方やボリュームに大きな差はないのですが、冬のカビは梅雨時のカビよりも色が薄いから気付きにくいのです。

浴室は冬でも「ジメジメ」している

梅雨時と冬の浴室の温度変化をみると、使用するたびに温度は25℃くらいまで上昇し、ぬくぬくした環境になりますが、1日を通して冬の浴室は温度が低くなっています。しかし、低いといってもクロカビが生育する温度(約5~35℃)にはなっているのです。一方、湿度は、梅雨時も冬も入浴時には飽和状態の99%にまで達して「ジメジメ」した状態になります。どちらの季節も、クロカビの生えやすい条件である85%以上になる時間の長さにあまり差はないのです。

<浴室の1日の温度変化(イメージ図※)>

<浴室の1日の温度変化(イメージ図※)>

※梅雨時と冬季、各々28日間の実測値(ライオン調べ)に基づき作図

<浴室の1日の湿度変化(イメージ図※)>

<浴室の1日の湿度変化(イメージ図※)>

※梅雨時と冬季、各々28日間の実測値(ライオン調べ)に基づき作図

見えないカビは、銀イオンの煙を使って浴室まるごと「除菌」

カビのない清潔な浴室にしておきたいと思っても、見えない冬のカビを掃除するのはむずかしいものです。塩素系のカビ取り剤を使うにも、目に見えなければどこを狙ってかけてよいのかわからないからです。そこで、冬カビ対策には「防カビくん煙剤」がおすすめです。除菌成分の銀イオンの煙が浴室中に広がっていくので、普段気付かないカビも、手の届かない天井や換気扇の裏側も、浴室まるごとしっかり除菌することができます。これなら、清潔で快適な浴室をキープすることができ、安心ですね。

この記事を作成・監修した
マイスター

杉本 美穂

リビングケアマイスター

杉本 美穂

すぎもと みほ

家事関連の製品企画、マーケティングを約20年、生活者向け講習会などを約10年経験してきました。
毎日大変な料理や食事の後片付けなどを手早くラクにできるように、わかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
豪華商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

豪華賞品が抽選で当たるキャンペーン実施中!

A賞

「ほどよいミニマリスト」
香村薫さん&ライオンちゃんが
あなたのキッチンのお悩み解決!&
リード プチ圧力調理バック(1か月分)

1名

B賞

"チョイ手間"で更に美味しく
お好きなお肉で「味しみ」体験
お肉ギフト券(15万円分)&
リードクッキングペーパー

3名

C賞

ガンコ汚れ対策・
しっかりオーラルケア清潔&
健康な暮らしアイテム
スーパーNANOX&クリニカ
アドバンテージネクストステージ

100名

  • facebook
  • Twitter
  • LINE