「歯茎」が下がる思わぬ原因!歯茎にハリを保つためのセルフケア

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
「歯茎」が下がる思わぬ原因!歯茎にハリを保つためのセルフケア

実はお肌と似ている!「歯茎」の成分と衰えるメカニズム

肌にハリがなくなった、化粧のりが悪いなど、年齢とともにお肌に関する悩みは増えていくもの。お肌の主成分であるコラーゲンが、弾力やハリに影響を与えていることは広く知られています……が、実はそのコラーゲンが「歯茎」でも重要な成分であることをご存知ですか?

もし、最近なんだか“歯茎が下がってきた”と感じている人がいたら、それはコラーゲンが関わっているかもしれません。今回ご紹介するのは、そうした歯茎下がりのメカニズムと、歯茎の衰えを防いで健康な歯茎を保つためのセルフケアです。

多くの人が感じている?“歯茎の衰え”

気持ちの上ではまだまだ若い!と思っている方でも、年齢を重ねるにつれて少しずつ体力や気力は衰え始めます。実はこれ、歯茎についても同じことが言えるのです。ライオンが行った調査※1では、歯周病予防を意識している30代~60代の女性の約60%は歯茎の状態を気にしており、その中で最も多いのが「歯茎が下がってきた」でした。

  • ※1 ライオン調べ n=2000、30~69歳女性、2014年

歯茎は、実はコラーゲンが主成分って本当?

私たちの身体の約60%は水分ですが、それを除いた残りの半分は肌、筋肉、血液などを構成するタンパク質でできています。肌の主要な成分としてコラーゲンというタンパク質は有名ですが、このコラーゲンは肌にハリや弾力を与える役目を果たしています。

実は、歯茎に弾力を与えているのもこのコラーゲンが関係しています。歯茎が下がる主原因は炎症による歯槽骨の吸収ですが、コラーゲンの減少も歯茎下がりの原因になります。

歯茎細胞の活性化が大切

歯茎の組織は外界に接している上皮組織と、その下の真皮組織の2層構造になっています。コラーゲンは真皮組織に存在する歯茎細胞の1つである線維芽細胞(真皮の歯茎細胞)によって作り出されます。

しかし、この真皮の歯茎細胞が、加齢により衰えたり、歯周病原因菌が出す毒素などで傷つけられると、コラーゲンの再生にダメージが生じてしまいます。そこで重要なのが、真皮の歯茎細胞を活性化させることです。

歯茎の衰えが気になる人へ。歯茎ケアをLet’sトライ

セルフケアで取り入れたい真皮の歯茎細胞を活性化させる成分って?

真皮の歯茎細胞を活性化させる成分に「アラントイン」があります。アラントインは、ハンドクリームやアトピー性皮膚炎向けの塗布剤などに配合されていますが、歯茎においても真皮の歯茎細胞を活性化して、コラーゲンを作り出す手助けをし、歯茎組織を修復する作用があります。歯茎の衰えが気になる方は、アラントインが配合されたハミガキを使うといいでしょう。

セルフケアで取り入れたい「歯茎マッサージ」

左・歯茎にも毛先が当たっている様子 / 右・凸型設計の歯ブラシ

歯茎のおとろえが気になる方は、歯茎をマッサージするのもよいでしょう。

歯茎マッサージは、歯周ポケットをケアするブラッシングで行うことができます。歯周ポケットをケアするブラッシングは、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に45度の角度であて、小刻みに磨くのがポイントですが、そうすることで、同時に毛先が歯周ポケット周辺の歯茎にあたり、マッサージされるのです。

歯ブラシは歯周ポケットと周辺の歯茎に毛先がフィットしやすいよう、ブラシ面が凸型に設計されたものがおすすめです。中央の毛が歯周ポケットの奥まで入って汚れをかき出し、外側の毛が歯茎に同時にあたってマッサージできます。磨き方は動画をご覧下さい。

歯周ポケットのケアに適した磨き方

毎日のケアにプラスしたいナイトケア

普段の歯磨き習慣にプラスできる就寝前のナイトケアを紹介します。

真皮の歯茎細胞を歯周病の炎症などから守るため、歯茎の上皮組織のケアにも気を配りましょう。

健康な歯茎は、上皮の歯茎細胞同士がしっかり結合していて、歯周病原因子が内部に侵入しにくい抵抗力の高い状態にあるのに対して、衰えてきた歯茎では、上皮の歯茎細胞同士の結合がゆるみ、歯周病への抵抗力が低い状態になってしまっています。真皮の歯茎細胞を歯周病の炎症などから守るため、歯茎のケアにも気を配りましょう。

<健康な歯茎>

<衰えてきた歯茎>

最新のライオンの研究※2で、ビタミンEに上皮の歯茎細胞の結合を強化し、病原因子の侵入を阻害する効果があることがわかりました。就寝中は唾液の分泌量が減少しているため、歯周病菌が繁殖しやすい環境になります。寝ている間中ビタミンEが歯茎にとどまりやすいように設計されたハミガキを就寝前にご使用いただくと、細胞の結合を強めて歯茎の抵抗力を高め、歯周病の予防に効果的です。

  • ※2 Journal of Periodontal Research 2016 doi:10.1111/jre.12367

いかがでしたか?歯茎も肌と同様に衰えていくもので、その原因はコラーゲンが関係していることがわかりました。歯茎がなぜ衰えるのかということを知り、日頃からきちんとしたケアを行うことが大切です。毎日の歯茎ケアで、歯茎を若々しく健康に保つようにしましょう。

LION おすすめの商品

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア