歯とお口の健康チェック 〜歯茎(歯肉)編〜

歯とお口の健康チェック 〜歯茎(歯肉)編〜

歯肉炎は、歯周病の中でも炎症が歯肉に限られている状態です。歯ぐきが赤い、歯と歯の間が丸みを帯びてふくらんでいる、ブラッシング時に歯ぐきから出血するなどの症状を感じたら歯肉炎かもしれません。自分の歯ぐきを鏡でチェックする習慣をつけましょう。気になる症状があるときは早めに歯科医院を受診しましょう。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「歯肉炎」は歯垢や歯石を取り除けば改善できる

歯肉炎は、歯周病の中でも炎症が歯肉に限られている状態をいいます。ブラッシング時に、歯茎が赤くなる、歯茎から出血するなどの症状が見られますが、原因となっている歯垢(プラーク)や歯石を取り除くことで、もとの健康な状態にもどすことができます。

歯茎(歯肉)の状態をチェック

自分の歯茎の状態をチェックして、症状が当てはまる場合は正しく対処しましょう。

健康な歯茎

チェックをはじめる前に、健康な歯茎を見てみましょう。

[チェック1] 歯茎の「色」を見てみる

歯茎が赤くなっているところはありませんか?
下の写真の赤くなっている部分は歯肉炎の症状があります。

[チェック2] 歯茎の「かたち」を見てみる

歯と歯の間の歯茎は、腫れてふくらんだようになっていませんか?
下の写真の丸みをおびてふくらんでいる部分は歯肉炎の症状があります。

健康な歯茎を保つには

チェック1、2であてはまるところがあったら、それは歯肉炎の注意信号がでているところです。そのほかにも歯肉炎の症状には、歯を磨く時に血がでるなどがあります。しかし、歯肉炎はていねいに歯みがきをして歯垢(プラーク)を取り除くことで、もとの健康な歯茎にもどすことができます。

平野 正徳

オーラルケアマイスター

平野 正徳

ひらの まさのり

オーラルケア関連の基礎研究ならびに開発研究に20年以上携わってきました。 これまで得た知識と経験を活かして、歯とお口の健康に関する情報をお伝えします。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

歯とお口の健康の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存