「胃もたれ」の原因と症状

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

健康・美容
「胃もたれ」の原因と症状

不快な感じを覚える「胃もたれ」

胃もたれとは、食べ物がいつまでも胃の中にたまった状態で、不快な感じを覚えることをいいます。胃には、食べ物を消化して、十二指腸へと送り出す働きがあります。胃もたれは、この胃の働きが弱っていたり、胃の働き自体は正常でも、消化が追いつかないくらい多くのものを食べ過ぎたりした時に起こります。今回は、そんな胃もたれを引き起こす原因と症状についてご紹介します。

胃もたれの「原因」

胃もたれの「原因」としては、次のようなものがあります。

1.胃の働きの低下

慢性的なストレスや加齢など、様々な要因により胃の働きが低下することで、胃もたれは起こります。そもそも、胃には伸縮性があり、空腹時には縮んでいても満腹時には1.5L程度にふくらみます。胃の収縮運動によって、食べ物が胃液と混ざり消化されながら、次に十二指腸へと送られていきます。しかし、胃の運動機能が低下すると、食べ物はうまく消化されず、胃の中に長くとどまった状態になります。

2.消化の悪い食べ物

脂っこい食べ物は消化が悪く、胃もたれを引き起こす原因になります。また、香辛料やカフェインを多く含む食べ物や飲み物は、胃酸の分泌を促します。これらを摂りすぎると、胃酸過多の状態になります。

また、一般的に、喫煙は血流を悪くするといわれています。これは、胃にとっても同じで、胃に張りめぐらされた毛細血管の血流量が減ることで、胃の働きが低下したり胃粘膜が荒れたりすることにつながります。

3.胃に負担をかける食べ方

一度に大量に食べたり、よく噛まずに食べたりすると、胃の消化機能が追いつかず、胃に負担をかけることになります。

胃もたれの「症状」

胃もたれの「症状」としては、食欲不振や膨満感を感じることがあり、時には消化不良で発生するガスによって息が臭くなることがあります。これらは、一時的な症状であることが多く、適度な食事や、規則正しい生活を心がけることで治ります。

胃もたれの症状が長く続く場合は「医師の診察」を!

慢性的に胃もたれの症状が続く場合は、注意が必要です。「慢性胃炎」「胃アトニー」「神経性胃炎」などの病気が潜んでいる可能性があるので、早めに医師の診察を受けてください。

LION おすすめの商品

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン
ライオン製品に関するアンケートに答えて★Amazonギフト券1,000円分が当たる!

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア