「胃」の仕組みと働き

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

健康・美容
「胃」の仕組みと働き

食べ物が「胃」で処理される仕組みとは?

食事をしたあと、食道を通って「胃」に達した食べ物は、そこでどのように処理されるのでしょうか?今回は、胃の主な働きと、そのしくみについてご紹介します。

胃の「働き」

胃は、筋肉でできた袋状の器官で、主な「働き」は、大きく分けると2つあります。

1.消化

胃は、食道から運ばれてきた食べ物を消化します。胃には伸縮性があり、満腹時には1.5L程度に膨らみます。食道から運ばれた食べ物は、胃独特のくねるような蠕動(ぜんどう)運動によってくだかれ、胃液と混ざり合い粥状になるまで消化したあと、十二指腸へと送り出されます。胃では、消化は行なわれるものの、栄養の吸収はほとんど行なわれません。ただし、水や糖分、アルコールなどのごく一部のものは吸収されます。

2.殺菌

胃液の性質は、ほとんどのたんぱく質を変性させるほどの強い酸性です。この胃液が、食べ物と一緒に入ってきたウイルスや細菌の増殖をおさえたり、殺菌したりする効果があります。

胃の「仕組み」

胃の「仕組み」

では、胃の「仕組み」を詳しく見てみましょう。

1.噴門と幽門

胃の入口を「噴門(ふんもん)」、出口を「幽門(ゆうもん)」といいます。噴門は、胃液や胃の内容物が食道へ逆流しないように、栓のような役割をしています。幽門は、普段は閉まっており、食べ物が消化されて十二指腸へ送られる時に開きます。

2.胃壁

胃の表面である「胃壁(いへき)」は、粘膜で覆われています。この粘膜には、「胃腺(いせん)」という3,000~4,000万個の小さな穴があいていて、そこから多量の「胃液」が絶えず分泌されています。

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読まれている記事

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

パートナーの家事にちょっと一言キャンペーン
irodori THERMOS & Magica プレゼントキャンペーン
irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア