「胸やけ」の正体

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

「胸やけ」の正体

日常的に見られる「胸やけ」

「胸やけ」は、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしたあとに、日常的によく見られる症状です。今回は、そんな胸やけの発生メカニズムや原因、症状についてご紹介します。

胸やけ発生の「メカニズム」

胸やけ発生の「メカニズム」

食道と胃のつながる部分には、「下部食道括約筋」という筋肉があり、胃の内容物が食道に逆流しないよう「胃の入り口(噴門)」を、きゅっと締めています。さらに、「食道括約筋」の付近にある「横隔膜」が胃を上から押さえているため、通常は、たとえ逆立ちしても胃の内容物は食道へ逆流しないしくみになっています。しかし、食事の内容、肥満、加齢などにより、下部食道括約筋の機能が低下したり、胃酸が増えすぎたりすると、胃液を含む胃の内容物が食道に逆流することがあります。その結果、胃液などの消化液に強くない食道の粘膜が刺激されて胸やけが発生するという「メカニズム」です。

胸やけの「原因」

胸やけの「原因」としては、次のようなものがあります。

1.暴飲暴食

暴飲暴食後は、胃の内容物が多く、胃酸もたくさん出て酸性度が高いため、胃の内容物の逆流を起こしやすくします。立っている時や座っている時は、重力が働きます。しかし、横になると逆流しやすくなり、これが胸やけの原因となります。

2.胃に刺激を与えるものの摂取

喫煙やチョコレートなど特定の食べ物は、「下部食道括約筋」の働きを低下させます。また、アルコールやコーヒーなどは胃酸の分泌を促進させるため、逆流しやすくなります。

3.消化しにくい食べ物の摂取

脂肪やタンパク質を多く含む食事は、消化に時間がかかるため、胃の内容物が逆流しやすくなります。

4.腹圧の上昇

肥満や妊娠により腹圧が上昇すると、胃の一部が横隔膜からはみ出すため、胃の内容物が逆流することがあります。

5.過度のストレス

過度の精神的ストレスは、胸やけの原因となる胃酸の過剰な分泌を引き起こします。

6.病気の可能性

何らかの病気が潜んでいる可能性もあります。胸やけの原因となる病気には、次のようなものがあります。

逆流性食道炎、胃食道逆流症

胸やけの原因として、もっとも多い病気です。胃液が食道に逆流して、胸やけ、胸のつかえ感、胸の痛みを感じます。食道に炎症がある場合は「逆流性食道炎」、炎症が見られない場合は「胃食道逆流症」と診断されると考えられます。食生活の欧米化と高齢化にともない、日本人にも多く見られるようになってきました。

食道裂孔ヘルニア

下部食道括約筋が老化などによってゆるみ、胃液が逆流、胸やけを引き起こします。高齢化社会の現代において、増えている病気です。

食道がん

胸やけは、「食道がん」の代表的な初期症状の1つです。特に、熱いものを食べた時に「胸(食道)」のあたりがしみるようなら注意が必要です。

気になる症状がある時は「医師の診察」を!

胸やけの症状としては、胃からのどへ突き上げるような焼ける感じ、食道のチリチリ感、胃の内容物の逆流感などがあります。胸やけ自体は一過性の症状ですが、ほかの病気が潜んでいる可能性もあります。胸やけの原因となる病気には、逆流性食道炎、胃食道逆流症、食道裂孔ヘルニア、食道ガンなどがあるため、気になる症状がある場合は、早めに「医師の診察」を受けてください。

健康・美容

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読まれている記事

人気のアイデア 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

夏休みの自由研究応援キャンペーン2018
irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪