「胃液」の働きとは?食べ物を消化する胃液の作用と成分について

「胃液」の働きとは?食べ物を消化する胃液の作用と成分について

食べ物を消化したり、食べ物と同時に入ってきたウイルスや細菌の増殖をおさえたり、殺菌する働きがある「胃液」。その消化力は金属さえ溶かすほど強いといわれています。非常に強い酸性であるにもかかわらず胃粘膜が傷つかないのは、胃液に含まれる粘液が胃粘膜の表面に粘液層というベールのような保護膜をつくるからです。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

食べ物を消化する「胃液」の力

食べた物の消化に大きく貢献するのが「胃液」。その消化力は、金属さえ溶かすほど強いといわれています。そこで今回は、胃液の成分や働きについてご紹介します。

胃液の「働き」

胃液には、食べ物を消化したり、食べ物と同時に入ってきたウイルスや細菌の増殖をおさえたり、殺菌する「働き」があり、1回の食事で約0.5L、1日平均2Lも分泌されます。

胃液の機能を支える3つの「成分」

胃液の主な「成分」は、「塩酸(胃酸)」「ペプシノーゲン」「粘液」の3つです。胃壁の粘膜にあいている小さな穴「胃腺」から分泌され、消化と殺菌のために重要な働きをしています。

1.塩酸(胃酸)

胃腺の中央部に位置する「壁細胞(へきさいぼう)」から分泌され、食べ物の消化を助けたり、食べ物と一緒に入ってきたウイルスや細菌の増殖をおさえたり、殺菌する働きがあります。

2.ペプシノーゲン

胃腺の深部に位置する「主細胞」から分泌され、塩酸と混ざることで「ペプシン」という消化酵素に変わり、たんぱく質を消化する働きがあります。

3.粘液

胃腺の上部に位置する「表層粘液細胞」や「副細胞」から分泌され胃粘膜表面を覆い、胃壁が塩酸に荒らされるのを防ぎます。

粘液

胃液が胃の粘膜を傷つけないのは「粘液」のおかげ

胃液は、非常に強い酸性であるにもかかわらず、胃粘膜が傷つかないのはなぜでしょうか?

それは、胃液に含まれる「粘液」というねばねばした物質のおかげです。胃腺から分泌された粘液は、胃粘膜の表面に「粘液層」という1mmにも満たないベールのような保護膜をつくります。

この粘液層にはアルカリ性の成分が含まれていて、胃液の塩酸を中和させます。そのため、胃粘膜の表面付近の胃液は中性を保ち、自ら胃粘膜を傷つけることはありません。

胃液が胃の粘膜を傷つけないのは「粘液」のおかげ

この記事を作成・監修した
マイスター

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

健康・美容の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存