もしもの時のために 普段から備えておきたいお口のケア用品

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
もしもの時のために 普段から備えておきたいお口のケア用品

避難袋に入れておきたいお口のケア用品

災害時には避難所生活を余儀なくされたり、断水で思うように水が使えなくなったりと、長期間にわたって普段とは違う環境で過ごさなければならない場合がありますが、そんな時でもお口のケアは大切です。
災害による食生活の偏りやストレスに加え、歯磨きができずに口の中が不衛生な状態が続くと、むし歯や歯周病だけでなく、特にご高齢の方は、口の中の細菌が誤って肺に入る誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)などのリスクが高まります。
こうしたトラブルを防ぐには、災害時でもできるだけこまめにお口のケアを行うことが大切です。ここでは、避難袋に備えておきたいお口のケア用品を紹介します。

歯ブラシ

お口の健康のために歯磨きは重要です。歯ブラシを使うと効果的に歯垢を除去できるので、水が不足していても歯ブラシで歯を磨くことが大切です。普段からお使いの歯ブラシと同じものを用意しておくといいでしょう。

水が不足しているときの歯の磨き方はこちら
災害時のための「手の清潔ケア」と「オーラルケア」

洗口剤

洗口剤は、水がなくても汚れを洗い流して口の中を清潔にしてくれます。殺菌成分が配合された製品なら、口の中をすみずみまで殺菌できるので、口の中が不衛生になりがちな状況で重宝します。避難袋用には、家族のみんなが使いやすい製品を選んで備えておきましょう。ノンアルコールタイプは刺激が少ないので、子どもからご高齢の方まで使いやすい製品です。

ハミガキ

水が使えるようになったら、普段どおりの歯磨きをするために、ハミガキも備えておくと良いでしょう。
普段は、各々が自分の好みの製品を使っているご家庭もあると思いますが、それらを全て、避難袋に入れておくのは大変です。避難袋に備える1本を、家族みんなで話し合って決めておくと良いでしょう。

入れ歯ケース

入れ歯をお使いの方は、保管用のケースを備えておきましょう。余震が続いている時は、入れ歯をはずす間もないと思われますが、状況が落ち着いたら、可能な限り入れ歯が触れる歯茎を休ませてあげましょう。

歯間清掃用具

歯間にたまった歯垢を取り除くのに、デンタルフロスや歯間ブラシが役に立ちます。小さくてかさばらないので、普段から歯間清掃を行っている人は、いつも使っている歯間清掃用具と同じものを用意しておくといいでしょう。

知っていると便利!紙コップの作り方

災害時に紙コップがあると、口をすすいだ水や洗口剤を吐き出すのに便利です。紙コップにはティッシュなどを詰めておくと、ティッシュが水分を吸収してくれるので、使用後はそのまま捨てられます。知っているといざという時に便利です。

<紙コップの作り方>

紙コップの作り方

いざという時に慌てない!「ローリングストック法」のすすめ

食料品のローリングストック法を聞いたことがありますか? ローリングストック法とは普段食べている食材や加工品を備蓄しておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量を家に備蓄しておく方法です。これは日用品にも活用できる方法です。なくなったら困るものを買い置きして古い順から使うようにすればいいだけ。常にある一定量がストックでき、いざというときにも慌てないというメリットがあります。何より普段から使い慣れている物なので安心できますよね。

避難袋に備えておきたいものチェックリスト

いざ災害が起きた時に携帯しておきたい、最低限必要なものをリストにしました。日頃から災害時に備え、自宅に保管しておくと、災害時にも役立つでしょう。避難袋の中身は定期的にチェックしましょう。

非常時持ち出し品

災害時に、歯が痛くなったりすると大変です。
何事も、備え有れば憂いなし。日頃から、歯科医院でお口の状態をチェックしてもらっておきましょう。
災害時のケア情報である、「災害時のための『手の清潔ケア』と『オーラルケア』」も併せてご覧ください。

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


注目の記事

Lidea 夏休み 自由研究コーナー
家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア