「薬」の記事一覧

全21件
  • 旅行中の「下痢」対策

    旅行中の体調不良で最も多いのは「下痢」。食あたり・水あたりや食べ過ぎ・飲み過ぎのほか、環境変化や精神的な緊張感などが原因です。もし下痢になってしまったら、水分補給をしっかりと。また、食事は刺激の強いものは避け、消化の良いものを食べましょう。水なしで飲める下痢止め薬などを携帯するのもよいでしょう。

  • 運動会や修学旅行と生理が重なっても慌てずに!小中学生の「生理痛対策」

    「生理痛」で悩む小中学生は、意外と多いようです。小中学生の生理痛は、なぜ重くなりがちなのでしょうか?生理を迎えてから数年間は子宮が未成熟なため、10代特有の生理痛を感じるようです。生理痛を和らげるためには、腰とお腹を温め、血行を良くしましょう。バランスの良い食事と軽い運動も大切です。

  • 小中学生の受験シーズンの「生理対策」

    小中学生にとって大切な受験シーズン。試験当日までに、ナプキンや替えの下着、カイロ、いつも飲んでいる生理痛薬などを準備しておくと安心です。試験日と生理が重なってしまったら、長時間用や夜用ナプキンを。トイレは行ける時に必ず行きましょう。万一のために、ボトムスは黒や濃い色のものがおすすめです。

  • 受験シーズンの心配事!「急な下痢」の予防法

    「急な下痢」の原因は色々ありますが、受験などの時の原因の多くは「精神的ストレス」による下痢です。勉強の合間には、ストレッチや好きな音楽などを聴いて気分転換を。嗜好品や刺激物を控えたり、からだを冷やさないことも大切です。受験当日は「水なしで飲める下痢止め薬」を準備しておきましょう。

  • 忙しい年末の胃痛対策に!「胃痛」の原因と対処のポイント

    忙しい年末は「胃の痛み」に悩む人も多いのでは?胃痛の原因は、食生活の乱れだけではなく、睡眠不足や過労、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れやすくなることも一因となります。日頃からの規則正しい生活が大切です。気を付けていたけれど、胃が痛い......という時は、「市販の胃腸薬」を使うのも1つの方法ですよ。

  • 「眠気」の対処法

    仕事中や車の運転中に襲ってくる眠気、何とかしたいですね。眠気を覚ますには、からだに軽い刺激を与えて気分転換をはかることが効果的。たとえば、顔を洗う、歯をみがくなどがおすすめです。カフェインが含まれる飲料やカフェイン配合の医薬品を利用するのもいいでしょう。自分に合った眠気対処法を見つけておきましょう。

  • 「血流促進」で肩こりと痛みを改善

    つらい肩こりを和らげたいなら、肩こりの主な原因である血行不良を改善することが大切です。改善するポイントは4つ。1つ目は「患部を温める」。2つ目は「お風呂に浸かってからだを温める」。3つ目は「マッサージやストレッチをする」。4つ目は鎮痛消炎成分や血流促進成分を配合した「市販の塗り薬や貼り薬を使う」ことです。

  • 女性は肩がこりやすい!?女性の「肩こり」原因とは?

    肩こりは特に女性に多く見られますが、なぜなのでしょうか?女性の肩こりの悩みが、男性よりも圧倒的に多いのは、「首や肩の筋肉量の少なさ」「冷え性による血流の悪さ」が主な原因です。またバストの重みを支えているため、肩の負担が大きいことも理由の一つです。「肩関節」を正しい位置にして肩こりを予防しましょう。

  • 「頭痛」の対処法

    頭痛には、片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛など、様々なタイプがあるとご存じですか?タイプによって対処法や治療法が異なるので、まずは自分の頭痛のタイプを知って、正しく対処することが大切です。片頭痛ならまずは、暗い部屋で安静にする、患部を冷やしたり圧迫したりする、睡眠をとるなどの対処をしてみてください。

  • 捻挫(ねんざ)の原因と症状、その対処法

    捻挫(ねんざ)は、関節に大きな力が加わることにより、関節を包んでいる組織や靱帯(じんたい)が損傷を受けた状態をいい、からだの全体重を支える足首によく起こります。「安静にする」「冷却する」「圧迫する」「患部を高い位置に保つ」の4つの応急処置をしっかり行い、痛みが引かない場合は医師の診察を受けましょう。

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE メールマガジンの登録

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。