「眠気」の対処法

「眠気」の対処法

仕事中やクルマの運転中に襲ってくる「眠気」は、何とかして解消したいもの。そこで今回は、そんな時にも役立つ眠気の対処法をご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「気分転換」や「カフェイン」で眠気解消

眠気解消には、からだに軽い刺激を与えて、気分転換をはかることなどが効果的です。

以下に、そうした眠気解消法をご紹介します。

1.「気分転換」をはかって眠気を覚ます

軽い眠気の場合は、「気分転換」をはかって、眠気を覚ますのが良いでしょう。

「顔を洗う」「歯を磨く」「ストレッチをする」「ガムを噛む」など、からだに軽い刺激を与えてあげることが効果的です。

2.コーヒーやお茶などの「カフェイン」で眠気を抑制

コーヒーやお茶に含まれる「カフェイン」にも、眠気を覚ます効果があります。カフェインには、脳を刺激する「中枢興奮作用」があり、これが眠気を抑制します。

3.カフェイン配合の「医薬品」を利用する

カフェインを配合した「眠気止め」の一般用医薬品もあります。これらの「医薬品」には、眠気を取り除くと考えられている量のカフェインが配合されており、その配合量が明示されています。医薬品ですので、使用上の注意を守って、正しくお使いください。

4.自分にあった「眠気解消法」を見つける

「アロマテラピー」や「ツボ押し」なども、眠気覚ましに効果があるといわれています。普段から、自分にあった「眠気解消法」を見つけておくと良いでしょう。

短時間の「仮眠」で眠気解消

昼間、眠気に襲われた時に効果的なのは、短時間の「仮眠」を取ることです。長時間の昼寝は、目覚めたあとにかえってぼんやりするため、20分間程度を目安にしましょう。

1.仮眠を取るなら「午後3時前」に

仮眠を取る時間帯ですが、午後3時以降の昼寝は夜間の眠りに影響する可能性があるため、午後3時より前が望ましいといわれています。

また、コーヒーなどのカフェイン飲料を飲んでから昼寝をすると、目覚める頃にカフェインの刺激作用の効果があらわれ、20分後の目覚めがすっきりします。

2.運転中に眠気を感じたらすぐ仮眠を!

仮眠は、もっとも望ましい眠気の対処法といわれていますが、仕事中に仮眠を取ることはなかなかむずかしいかもしれません。ただし、運転時に強い眠気に襲われるような場合は、すぐに仮眠をとるようにしてください。

この記事を作成・監修した
マイスター

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

LION おすすめの商品

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE