「捻挫」になった時の対処法

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

山岸 理恵子やまぎし りえこ

健康・美容
「捻挫」になった時の対処法

大切なのは捻挫の程度に合わせた「応急処置」

「捻挫」の対処法は、捻挫の程度によって異なります。ただし、どの程度の症状であっても、「応急処置」が肝心です。

「軽度」の捻挫の対処法

「軽度」の捻挫の場合、応急処置をしっかり行うことで、症状の悪化を防ぐことができます。また、適切な処置が回復を早めることにもつながります。捻挫の応急処置の手順を「RICE」と覚えておきましょう。

捻挫の応急処置方法「RICE」

R(= REST):安静にする

R(= REST):安静にする

患部を動かさないよう安静にします。足を捻挫した場合には松葉杖、腕には三角巾を使うなどして、体重をかけないようにしましょう。

I(= ICE):冷却する

I(= ICE):冷却する

炎症をおさえて痛みを取ります。患部を中心に、広めの範囲で氷のうやバケツに入れた氷水などで冷やしましょう。

患部がしびれて感覚がなくなったらいったんやめ、また冷やす、を繰り返します。冷やす時間は、1回あたり15~20分が目安です。冷却は、帰宅後も続けてください。

C(= COMPRESSION):圧迫する

C(= COMPRESSION):圧迫する

内出血や腫れを防ぐために、患部を圧迫します。スポンジや弾力包帯、テーピングなどで患部を固定して、圧迫してください。

E(= ELEVATION):患部を高い位置に保つ

E(= ELEVATION):患部を高い位置に保つ

患部を心臓より高い位置に保つことで、内出血や腫れを防ぎます。

「中度」の捻挫の対処法

「中度」の捻挫の場合は、軽度の捻挫と同様の応急処置を行った上で、歩行用ギブスやキャストブーツなどで、3週間ほど固定しましょう。

「重度」の捻挫の対処法

「重度」の捻挫の場合は、軽度の捻挫と同様の応急処置を行った上で、痛みが引かない場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

捻挫を長期間放置すると、足首が不安定になり痛みが残ります。さらには、「変形性関節症」を引き起こし、治療が必要になる場合もあります。骨折している可能性もあるので、無理をせず、専門医に相談してください。

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア