すすぎは少ない水で1回!「フッ素」配合ハミガキの上手な使い方

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
すすぎは少ない水で1回!「フッ素」配合ハミガキの上手な使い方

すすぎで「フッ素」の量が減少

ハミガキに配合されている「フッ素」は、歯磨きをしている時に作用するだけでなく、歯磨きをしたあとも歯や粘膜などに残り、少しずつ唾液と混ざり合って効果を発揮します。

ところが、ハミガキを吐き出したあと何度も口の中をすすいでしまうと、口の中に残るフッ素の量が少なくなってしまいます。

今回は、むし歯予防に大切な役割を果たすフッ素の効果を高めるための、上手な歯磨きの方法についてご紹介します。

フッ素の効果を高める「上手な歯磨き」の手順

歯磨きをする時には、ハミガキの使用量や歯磨きをする時間、すすぎの回数などに気を配ることで、フッ素の効果を高めることができます。「上手な歯磨き」の手順は以下になります。

1. ハミガキを適量つける

年齢に応じた適切なハミガキの量

年齢に応じて適切な量のハミガキを歯ブラシにつけます。3~5歳は5mm以下、6~14歳は1cm程度、大人は1~2cmが目安です。

2. 歯を3分間磨く

ハミガキを歯の表面全体に広げ、3分間磨きます。

3. ハミガキを吐き出す

ハミガキをできるだけ吐き出します。これにより、あとのすすぎが少ない水で行えます。

4. ブクブクと口の中をすすぐ

あとのすすぎの水の量

年齢に応じて5~15mlの水を口に含み、5秒間程度ブクブクとすすぎます。すすぎは1回程度がおすすめです。歯磨き後は1~2時間程度、飲食を控えるとさらに効果的です。

オーラルケアマイスター平野正徳登場のCMはこちら


Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳

教えて マイスター

「フッ素配合ハミガキシェア」と「むし歯」の関係は?

フッ素配合ハミガキが増えて「むし歯」は減少

フッ素配合ハミガキが増えて「むし歯」は減少

日本で売られているハミガキのうち、フッ素が配合されている割合は、1985年では10%台でしたが、2012年には90%にまで増えました。それにともない、12歳児の平均「むし歯」本数(治療済み含む)は減少し、2012年には1.10本と、平均4.63本だった1985年の4分の1以下にまで減っています。このようなデータからもフッ素の効果が見えてきます。

LION おすすめの商品

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

GReeeeNオリジナルキャンペーンソングプレゼント!
「あなたの家事フェスソング教えて♪」Twitterキャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時のための「手の清潔ケア」と「オーラルケア」