歯とお口の健康の記事一覧

「歯とお口の健康」に戻る

「歯とお口の役割」の記事一覧
全6件
  • おいしく食べるためには歯は何本あればいい?歯の本数と食事の関係

    食事をおいしく食べるためには「歯」が大切な役割を担っています。大人の歯は、親知らずを除いて28本。20本以上の歯があれば、ほとんどの食べ物がおいしく食べられることから、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という8020運動が展開されています。おいしく楽しく食事をするために、歯はしっかりケアしましょう。

  • あなたの健康を守る!「唾液」の重要な働き

    唾液には、「消化吸収を助ける」サラサラ唾液と、「からだを守る」ネバネバ唾液があり、どちらも健康に深く関わっています。唾液の分泌が減ると、会話がしづらかったり、食べ物が飲み込みにくいなど日常生活にも影響します。普段から食材をよく噛み、唾液腺マッサージや舌の運動を行うことで唾液の分泌を促しましょう。

  • 唾液検査で何がわかるの?

    きちんとセルフケアをしていても、むし歯や歯周病になることもあります。そこで注目なのが「唾液検査」。唾液に含まれる成分や菌の数を調べることで、歯と歯ぐきの健康や口内の清潔度まで調べることができます。主に歯科医院で受けるのが一般的ですが、検査内容によってはネットで販売されている郵送検査キットなどでも受けられます。

  • 正しいケアの第一歩「歯の役割と構造」を知ろう

    歯には「食べ物を咀嚼する」「発音を助ける」「顔の形を整える」という3つの働きがあり、エナメル質、象牙質、セメント質、歯髄という4つの組織からできています。乳歯から生えかわったあとの永久歯は一生もので、おいしく食事をするためには20本以上の歯が必要。歳をとっても健康な歯でいるために大切にケアしましょう!

  • 「奥歯」の寿命と役割

    歯の中で一番寿命が短いのは「奥歯」といわれています。奥歯はハブラシが届きにくく、歯垢が残りがち。そのため、むし歯や歯周病になりやすいからです。奥歯は「噛む」以外にも、発音や瞬発力、記憶力などにも関係しているため、奥歯を失うといろいろな不都合が生じます。奥歯を意識した歯みがき習慣を身に付けましょう。

  • 「よく噛むこと」と「噛みあわせ」の大切さ

    よく噛んで食べることの効用は、「ヒミコノハガイーゼ」という標語で表されます。「ヒ」は肥満の防止、「ミ」は味覚の発達、「コ」は言葉の発達、「ノ」は脳の発達など、よく噛むことは健康や生活の質を良くすることにつながります。食事の時は食べ物を飲み物で流し込まないようにして、よく噛んで食べるようにしましょう。

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE メールマガジンの登録

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。