「奥歯」の寿命と役割

「奥歯」の寿命と役割

歯の中で一番寿命が短いのは「奥歯」といわれています。発音、瞬発力、記憶力にまで影響する「奥歯」の大切な役割についてご説明します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

からだの寿命より短い!? 歯の「寿命」

皆さんは、歯の平均「寿命」がどのくらいか知っていますか?
歯は、大切にケアすれば一生使い続けることができますが、残念ながらからだの寿命より早く抜けてしまう場合が多いのです。

1番短い「奥歯」の寿命

厚生労働省の調査によると、歯の平均寿命は約50~65年。その中でも「奥歯の寿命」が最も短く、前歯よりも10年以上も早く抜けてしまいます。日本人の平均寿命(2013年)は男性が約80歳、女性が約86歳なので、1番寿命が短い第二大臼歯の場合、10歳で生えたとすると、体の寿命とは20年以上の差があることになります。

歯の平均寿命

歯の平均寿命

※満5歳で歯が生えそろうとして計算。ただし犬歯と第二大臼歯は満10歳。 平成11年歯科疾患実態調査

奥歯が早く抜けてしまう「原因」

歯を失う「原因」の7割以上が「むし歯」と「歯周病」です。
奥歯は歯ブラシが届きにくく、歯垢が残ってしまいがちです。そのため、むし歯や歯周病になりやすく、どうしても寿命が短くなってしまうのです。

永久歯の抜歯原因

永久歯の抜歯原因

奥歯の大切な「役割」

奥歯の大切な機能といえば、ものを「噛む」こと。ものを噛む時、奥歯には、なんと自分の体重とほぼ同じ位の力がかかります。そんな奥歯を1本失うと、ものを噛む力は30~40%も低下するといわれており、その分食べ物の消化・吸収も悪くなってしまうことになります。
奥歯はものを噛む以外にも様々な大切な機能をもつため、奥歯を失うといろいろな不都合が生じます。

以下に、奥歯と関係があるといわれている4点をご紹介します。

1. 発音

歯を失うとそこから息が漏れてしまうので「発音」が不明瞭になります。特に奥歯を失うと「ラ行」の発音が悪くなるといわれています。

2. 歯並びや顔の輪郭形成

失った奥歯をそのままにしておくと、噛みあわせが悪くなり、やがて「歯並びや顔の輪郭形成」にも影響が出てきます。

3. 瞬発力

奥歯でしっかりと噛みしめることができないと、「瞬発力」が出ず、十分な力が発揮できないことが知られています。重たいものを持つ時やスポーツをする時、奥歯は特に重要となります。

4. 記憶力

「記憶力」とも関係があるといわれており、奥歯がないと記憶にも影響が出る可能性を示す研究もあります。

奥歯をしっかり「ケア」しよう

歯はしっかりと「ケア」すれば、一生使える大切な体の組織です。
むし歯や歯周病から大切な歯を守るために、まず、奥歯を意識した歯磨きの習慣をつけましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

平野 正徳

オーラルケアマイスター

平野 正徳

ひらの まさのり

オーラルケア関連の基礎研究ならびに開発研究に20年以上携わってきました。 これまで得た知識と経験を活かして、歯とお口の健康に関する情報をお伝えします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

システマハグキプラス 電動歯ブラシとハミガキのセットを30名様にプレゼント。

・[医薬部外品]システマ ハグキプラス プレミアム ハミガキ 95g
・システマハグキプラス音波アシストブラシやわらかめ(本体)

※ハミガキの香味は選べません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE