発熱時の「対処法」

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

山岸 理恵子やまぎし りえこ

健康・美容
発熱時の「対処法」

発熱時「無理に下げる」のは逆効果

皆さんは、発熱時にどのような対処をしていますか?無理して体温を下げようとしていませんか?発熱したからといって体温を「無理に下げる」と、免疫力の活性化をさまたげ、逆効果になってしまいます。日頃から自分の平熱を把握して、発熱時には、熱の出方をよく観察・コントロールすることが大切です。今回は、発熱時の対処法についてご紹介します。

発熱時の「注意点」

発熱時の「注意点」は以下になります。

1.入浴

微熱(37.5℃以下)なら、疲れない程度の短めの入浴は問題ありません。ただし、悪寒や倦怠感がある時は避けてください。また、「熱を下げるためには、熱めのお風呂に入って汗をかくといい」という説もありますが、体力を消耗させるだけで逆効果です。

2.飲酒

お酒は体力を消耗させます。また、ほとんどのかぜ薬に入っている抗ヒスタミン剤とアルコールが一緒になると、それぞれの作用が強く出て、副作用が出たり、薬の効果を弱めたりすることがあります。少なくとも、薬を服用している間はお酒を避けましょう。

3.食事

発熱時や発熱後は胃の機能が低下しています。そんな時にスタミナをつけようと、無理に食事をすると消化不良を起こします。特に、脂肪分の多いものは消化しにくいので、避けた方が良いでしょう。

4.運動

発熱時は、からだを休ませることが大切です。無理にからだを動かすと、体力をさらに消耗して症状の悪化につながります。発熱時はもちろん、熱が引いても数日は安静を心がけましょう。

5.鎮痛薬の服用

鎮痛薬の多くは、熱を下げる効果があるため「解熱鎮痛薬」と呼ばれています。発熱をおさえるには、鎮痛薬を服用するのも1つの方法です。ただし、発熱はからだの防御反応のあらわれであるため、無理におさえようとせず、なるべくからだを休めることで回復するようにしてください。

感染による発熱の対処法

感染による「発熱」の場合も、即座に熱を下げればいいというものではありません。感染による発熱では、熱の出方を観察することが大切です。発熱の前兆期から、上昇期・ピーク期、下降期まで、「段階」に合わせて、適切に対処しましょう。

1.「前兆期」は体温を逃がさない

「前兆期」は、「悪寒」や「ふるえ」によって、からだが体温を上げようとしている時です。体温を逃がさないよう保温性の高いウール素材の寝巻を着たり、寝具をしっかりかけたりして、室温も高めにして休みましょう。

2.「上昇期・ピーク期」はビタミンCを摂取

「上昇期・ピーク期」は、発熱によって免疫細胞の働きが活発になっています。免疫細胞が働くとビタミンCが通常の5倍近く失われるため、ホットレモンなどの温かい飲み物で、ビタミンCを補給してください。

3.「下降期」は熱を逃がして水分補給

「下降期」は、以下の対処をしましょう。

<汗をふき取りこまめに着替える>
大量に汗をかくので、タオルなどで汗をふき取り、こまめに着替えをしましょう。衣料やシーツは汗を吸いやすいコットンなどの素材を使うと良いでしょう。この時、汗で濡れた衣料を長時間身に付けていると、からだが冷えて、新たなウイルスや細菌の侵入につながります。

<水分を補給する>
汗でからだの水分が奪われるので、こまめに補給しましょう。汗をかくだけなら水でも十分ですが、おう吐や下痢をともなう時はミネラルも流出するので、積極的にミネラルドリンクを飲みましょう。その際、子どもに大人用のスポーツドリンク類を飲ませると濃度が濃すぎて、かえって脱水症状を起こすことがあるので注意してください。子ども専用のものを飲ませましょう。
なお、大人の場合でも、利尿効果のあるカフェインは避けた方が良いでしょう。

<からだを冷やして解熱を補助>
早く体温調節中枢が設定した平熱に戻るように、からだを冷やしましょう。頭を冷やすよりも動脈の通っている脇や首すじ、足への血管が通っている太もものつけ根を冷やすと効果的です。

<解熱薬を服用する>
早く平熱に戻すために、解熱薬を使うのも1つの方法です。この段階なら、体温調節中枢の設定温度も平熱になっていますし、熱を下げることで免疫細胞の活動を阻止する恐れもありません。

4.「解熱後」は安静にして食事は消化の良いものを!

「解熱後」は、細菌やウイルスとの戦いによって体力が消耗している時なので、できるだけゆっくり休養しましょう。また、胃の機能が低下しているため、食事は消化の良いものを選んでください。
熱が下がってから最低3日は、体育や部活動などのスポーツや体力を使う仕事、無理な残業、飲酒は避けましょう

5.「微熱が続く」場合は要注意

37℃台の「微熱が続く」場合は、肺炎・肺結核、白血病、ガンなど重大な疾患が隠れている可能性もあります。微熱だからとあなどらず、すぐに医師の診察を受けてください。


教えて マイスター

「解熱薬」の服用で気を付ける点は?

体温を下げてからだをラクにしてくれる「解熱薬」

「解熱薬」は体温調節中枢に働きかけて、設定温度を下げる効果があります。設定温度が下がれば、確実に体温が下がり、からだもラクになります。

「完治」まで時間がかかることも

しかし、そのために免疫細胞の活動に必要な温度が提供できず、ウイルスや細菌退治が中途半端になり、「完治」まで時間がかかったり、ぶり返したりするケースがあります。できるだけ、発熱の「上昇期・ピーク期」での解熱薬の服用は避けましょう。

「高熱」時や「仕事などで休めない」場合は服用しても

39℃以上の「高熱」が続く場合や体力の消耗が激しい時は、用法・用量を守って服用しても良いでしょう。「仕事などで休めない」場合は、早めに解熱薬を使って熱を下げ、体力を保つのも1つの方法ですが、その分、治るのに時間がかかるので長期戦の構えが必要です。

「乳幼児」には飲ませず医師の診察を!

乳幼児の場合は、自己判断で解熱薬を飲ませたりせず、医師の診察を受けてください。

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

人気のアイデア 週間ランキング


注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
家事フェス
災害時の清潔・健康ケア