「のどの痛み」の原因・症状と対処法

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

山岸 理恵子やまぎし りえこ

健康・美容
「のどの痛み」の原因・症状と対処法

のどの痛みが起こる「原因」

のどの痛みが起こる「原因」は、かぜやインフルエンザなどの「細菌やウイルス」によって炎症を起こしている場合と、のどを酷使したことによって炎症を起こしている場合の2つが考えられます。
どちらも炎症ですが、炎症を起こす場所や炎症の種類が異なるため、それぞれに合った対処が必要となります。

「細菌」や「ウイルス」による炎症

空気中には、目には見えない「細菌」や「ウイルス」がただよっています。こうした細菌やウイルスがのどに入ると、リンパ組織の集合体「扁桃」が細菌やウイルスを捕まえては殺すという作業を行います。
そのため、いつも小さな「炎症」が起きているのですが、そのほとんどは、免疫の力によって自覚症状もないまま自然に治ります。

しかし、免疫力が低下していたり、強い細菌やウイルスが侵入したりすると、自己治癒力では炎症をおさえることができないため、炎症がひどくなり、扁桃やリンパ節が赤く腫れてきて、のどの痛みが起こります。
かぜをひくと、のどがイガイガします。これは、のどのうち鼻の奥から食道の入り口までにあたる咽頭(いんとう)や扁桃(へんとう)に、細菌やウイルスが感染して増殖を始めたサインです。

1. 急性扁桃炎

「急性扁桃炎」は、主に扁桃に炎症が生じます。

<急性扁桃炎の進行段階>

初期段階は、「口蓋扁桃(こうがいへんとう)」が赤くなって腫れる程度ですが、症状が進むと扁桃が真っ赤になり腫れて肥大化するとともに、扁桃のくぼみに白い斑点状に膿がたまります。さらに症状が悪化すると、膿が扁桃をおおい、白苔が生えたように見えます。

急性扁桃炎は、のどの痛み以外に、悪寒をともなう高熱や食欲不振、全身倦怠感、頭痛、関節痛などが初期段階から起こるのが特徴です。

2. 急性咽頭炎

「急性咽頭炎」は、鼻の奥から食道の入り口部分にあたる咽頭に炎症が生じます。

 <急性咽頭炎の進行段階>

急性咽頭炎になると、「咽頭後壁」という口を開けた時に見える、のどの突き当たりが炎症を起こして赤くなります。この段階では、のどに異物や乾燥を感じる程度で、痛みはさほどありません。

しかし、症状が悪化すると、炎症を起こした部分に赤い粒状の発疹ができ、さらには、「口蓋扁桃」のすぐ内側にある「咽頭側索(いんとうそくさく)」という部分が腫れたり、白い膿がついたりします。この状態になると、のどに強い痛みを感じ、ものを飲み込む時に痛みをともないます。

3. 慢性咽頭炎や慢性扁桃炎

「急性咽頭炎」や「急性扁桃炎」が治りきらずに慢性化すると、「慢性咽頭炎」や「慢性扁桃炎」になります。急性と比べて症状は軽く、日常生活に支障をきたすことはまれですが、かぜ、ストレス、疲労、睡眠不足、喫煙、気温の変化などにより免疫力が低下すると、急激に悪化し、急性と同じような重い症状になります。

4. 頸部リンパ節炎

さらに症状が重くなると、「頸部リンパ節炎」という、細菌やウイルスがリンパ節にまで入りこんで炎症を起こします。

5. 扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍

口蓋扁桃の炎症が周囲の組織にまで広がることで「扁桃周囲炎」や「扁桃周囲膿瘍」になることもあります。たかが風邪によるのどの痛みと軽く考えず、痛みが長引く場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

のどの「酷使」による炎症

大声を出したり、長時間しゃべり続けたり、カラオケで歌い続けるなど、のどの「酷使」が痛みの原因となることもあります。また、タバコの吸い過ぎやお酒の飲み過ぎも、のどに負担を与えます。

1. 喉頭炎

声は気管の入口にある声帯(声門部)を使って出しています。この声帯を中心とした上下3~4cmの器官のことを喉頭(こうとう)と呼び、この部分に炎症ができた状態を「喉頭炎(こうとうえん)」といいます。

喉頭炎

2. 急性声帯炎

カラオケやスポーツ観戦などで大声を出したあとに起こるのどの痛みは、声帯部分が炎症を起こしたためで、「急性声帯炎」と呼ばれています。

急性声帯炎は、タバコの吸い過ぎやお酒の飲み過ぎなどで声帯に負担をかけた場合にも発症します。ほかにも、汚れた空気を吸ったり、風邪などのウイルスに感染したりすることでも発症します。さらに、風邪気味の時にタバコを吸った、お酒を飲みながらカラオケで歌ったなど原因が複数になると、発症する可能性はより高くなります。

のどの痛みの対処法

のどが細菌やウイルス、または酷使したことによって炎症を起こしている場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

1. のどに負担をかけない

のどが痛い時に、さらにのどに負担をかけると、より痛みが増します。無理に声を出したり、大声を出したり、長時間しゃべり続けるなど、のどを酷使することは避けましょう。また、タバコやお酒は、のどに負担をかけるので控えてください。

2. 殺菌性のある「うがい薬」を使う

「うがい」には、のどの粘膜についた細菌やウイルスを洗い流す効果が期待でき、のどの粘膜にうるおいを与えます。うがいは、殺菌作用のある「うがい薬」を使うと効果的です。うがい薬は、説明書の用法・用量を守って使用してください。

3. 「マスク」などで乾燥を防ぐ

のどのうるおいを保つには、「マスク」の着用が効果的です。また、室内が乾燥している場合は、加湿器などを利用して、のどの乾燥を防ぎましょう。

4. 「市販薬」を服用する

のどの痛みに有効な薬には、痛みの原因となっている細菌を「消毒・殺菌する成分」や、痛みを和らげる「鎮痛成分」、炎症をおさえる「抗炎症成分」「抗ヒスタミン成分」などが配合されています。

「市販薬」の剤形としては、錠剤、顆粒剤のほか、トローチ、ドロップ、スプレー、液剤(うがい薬)などがあります。トローチやドロップ状の薬は、口の中で溶けることで効果を発揮するため、口の中でゆっくり溶かすようにして服用しましょう。噛み砕いたり、飲み込んだりしないでください。

LION おすすめの商品

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

着たい服を着ようキャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア