「のど」の働きとしくみ

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

「のど」の働きとしくみ

病原体に感染しやすい「のど」

「のど」は、食べ物や水を飲み込む時の通り道であると同時に、呼吸する酸素の通り道でもあります。つまり、「のど」は空気に含まれている細菌やウイルスに常にさらされている状態であり、病原体に感染しやすい部位といえます。

こうした細菌やウイルスに対して、「のど」がどのように対応しているのか、その「しくみ」と「働き」についてご説明します。

のどの「しくみ」

のどは、医学用語で「咽喉(いんこう)」といい、鼻の奥から食道の入り口までを「咽頭(いんとう)」、気管の入り口の部分を「喉頭(こうとう)」と区別しています。

のどの「しくみ」

口や鼻は空気や食べ物、飲み物など、からだに必要なものを取り込む入口です。これらのうち、空気は「気管」へ、食べ物や水は「食道」へと送られます。図は、のどの「しくみ」をわかりやすく説明しています。

のどの「働き」

口や鼻は外界に接しているため、細菌やウイルスなど「外敵となる異物」の侵入口になります。

のどの「働き」

それらをブロックして体内への侵入を防ぐことも、のどの重要な「働き」です。主に、以下のような働きがあります。

1.「線毛」が細菌やウイルスをブロック

のどの粘膜の表面には、細菌やウイルスをブロックする「線毛」という毛のような組織があり、細菌やウイルスの体内への侵入を防いでいます。ただし、感染によってこの線毛細胞が破壊されると、線毛が抜け落ち、刺激を受けやすい知覚過敏の状態になります。その結果、乾燥や異物を感じやすくなるのです。

2.「扁桃」が細菌やウイルスを攻撃

のどの周囲は、侵入してきた細菌やウイルスを攻撃し、排除するリンパ組織の集合体「扁桃」がぐるりと取り巻いています。扁桃には、「咽頭扁桃(いんとうへんとう)」「耳管扁桃(じかんへんとう)」「口蓋扁桃(こうがいへんとう)」「舌扁桃(ぜつへんとう)」の4つがあり、一般的に「扁桃腺」と呼ぶ時は、「口蓋扁桃」のことを指しています。

「線毛運動」で異物を体外に排出

のど(咽喉)の粘膜には「線毛」という毛のような組織があり、活発に運動しています。

鼻や口から侵入したウイルスや細菌などが粘液部分に付着すると、「線毛運動」によって体外に排出することで、体内への侵入を防いでいます。

この線毛運動の働きが弱くなると、ウイルスや細菌が侵入しやすくなってしまいます。

「線毛運動」で異物を体外に排出

LION おすすめの商品

健康・美容

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



    みんなのハテナ

    掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

    これまでに寄せられた悩みを見る >

    質問するには
    ログインが必要です

    キーワードから探す


    あわせて読まれている記事

    人気のアイデア 急上昇ランキング


    Lideaからのお知らせ

    irodori - くらしを彩るウェブマガジン

    注目の記事

    夫婦円満都市推進プロジェクト
    災害時の清潔・健康ケア

    Lidea公式facebookページ 日々更新中!

    知っていると便利な情報や
    お得なキャンペーンをお知らせします♪