知らなかった!「ミュータンス菌」を、むし歯菌と呼ぶのはどうして?

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
知らなかった!「ミュータンス菌」を、むし歯菌と呼ぶのはどうして?

むし歯に大きく関与する「ミュータンス菌」

「むし歯菌」とも呼ばれる「ミュータンス菌」という言葉を、耳にしたことはありますか?

ミュータンス菌
(各々が1個の菌です)

むし歯菌の正式名称は、「ストレプトコッカス・ミュータンス(Streptococcus mutans)」といい、大きさは約1μm (マイクロメートル、 1/1000mm)の球状のとても小さな菌です。口の中にいる口腔連鎖球菌の一種で、写真のようにつながって増えていきます。

むし歯は「歯垢(プラーク)」の中の菌がつくる“酸”によって歯が溶ける病気です。口の中にはいろいろな種類の菌がいて、歯を溶かしてしまう酸を出す菌もたくさんいます。

その菌の中で、なぜ「ミュータンス菌」は「むし歯菌」と呼ばれているのでしょうか。その理由をご紹介しましょう。

理由①「歯面に強く付着して、歯垢を作りやすいから」

ミュータンス菌は、水に溶けない「グルカン」というネバネバ物質を作り、歯に強くくっつく性質があります。ミュータンス菌がグルカンをつくると、菌が洗い流されず歯の表面にとどまりやすくなります。そこに細菌の塊ともいえる歯垢が形成されます。

理由②「酸を作る能力が高いから」

ミュータンス菌は砂糖やブドウ糖から酸を作ります。特に周りに砂糖が沢山あると、体の中に多糖として糖を蓄え、周りに糖がなくなると、体の中の糖を分解して酸を作ります。

理由③「酸性の環境に強いから」

酸を作ると周りの環境が酸性に傾きますが、ミュータンス菌は酸性の環境でも弱ることなく、酸を出し続けます。

ネバネバ物質「グルカン」の正体は?

ミュータンス菌がつくるネバネバ物質の「グルカン」は、ブドウ糖が長く結合(α1-6結合とα1-3結合)した多糖です。このうち、α1-6結合を分解する酵素を「デキストラナーゼ」、α1-3結合を分解する酵素を「ムタナーゼ」といいます。

「デキストラナーゼ」は一部のハミガキや洗口液にも配合されていて、歯垢を分解・除去する働きを発揮します。


教えて マイスター

気をつけたい!実は赤ちゃんにも「うつる」ミュータンス菌!

ミュータンス菌は親から子へとうつります。そもそも生まれたばかりの赤ちゃんの口にはミュータンス菌は存在しません。 

では、なぜこの菌が子どもにうつるかというと、親の唾液が原因です。同じスプーンを使うなどすると、ミュータンス菌がうつる機会となります。ミュータンス菌は硬い組織(歯)がないと、生育できないので、特に歯が生えてきた、生後約1歳半から2歳半頃までの期間は注意が必要です。

まわりの大人もしっかりと口の中をキレイにして、スキンシップをするようにしましょう。

LION おすすめの商品

Lidea会員になってクーポンを登録すればお店でお買い物するだけで電子マネー/ポイントカードのポイントが貯まります。

20P

クリニカアドバンテージ ハミガキ 各種 いずれか1個で

このクーポンの詳細を見る

  • ※表示中のクーポンおよび商品はイメージです。
  • ※クーポンのご利用には、Lideaおよびカタリナへの会員登録が必要です。

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
災害時の清潔・健康ケア