歯を失うおそれも!「大人のむし歯」に注意したい理由

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯を失うおそれも!「大人のむし歯」に注意したい理由

「大人のむし歯」とは

「むし歯」というと、子どもの歯にばかり注意が向きがちですが、大人ならではのむし歯の特徴があります。中でも、「最近、歯茎が下がってきた」「以前に治した歯のケアがおろそかになっている」などと思う方は「大人のむし歯」に注意が必要です。

「根面(こんめん)むし歯」と「二次むし歯」

大人のむし歯には、次のようなものがあります。

1.根面むし歯

画像提供:ライオン歯科材(株)

人の歯は、エナメル質で覆われた歯冠部(しかんぶ)と、エナメル質で覆われていない歯根部(しこんぶ:歯の根の部分)に分けられます。

この、歯の根の部分にできるむし歯を「根面むし歯(根面う蝕※1)」といいます。加齢や歯周病などの影響で歯茎が下がり、歯の根の部分が露出すると、そこにむし歯ができやすくなります。「根面むし歯」は、エナメル質のむし歯と比較し、以下のような特徴があります。

  • ※1 「う蝕(うしょく)」とはむし歯の専門的な言い方です。

<根面むし歯の特徴>

・歯の根の部分の象牙質(ぞうげしつ)は、酸に対する抵抗力が弱いため、むし歯になりやすい
・エナメル質のむし歯と比べて痛みを感じにくい
・治療がやりにくい

<歯の構造>

2.二次むし歯

画像提供:ライオン歯科材(株)

治療で詰めたものや被せたもののまわりにできるむし歯を「二次むし歯(二次う蝕)」といいます。

「治療したからもうむし歯にならない」という誤った安心感からケアを怠り、詰めたものや被せたもののまわりに歯垢がたまって、ふたたびむし歯になってしまうことがしばしばあります。

このような「二次むし歯」の特徴は以下になります。

<二次むし歯の特徴>

・治療のためにすでに削られた歯がまたむし歯になるためダメージが大きい
・神経を抜いた歯の場合は痛みが分からず、発見が遅れることが多く、歯を抜く原因の1つになりやすい

予防には「ていねいな歯磨き」を欠かさずに

「根面むし歯」や「二次むし歯」を予防するためには「ていねいな歯磨き」が重要です。露出した歯の根の部分や、治療で詰めたり被せたりしたもののまわりは特に気を付けて、ていねいに磨くよう心がけましょう。


教えて マイスター

歯を1本でも「失う」とどうなるの?

歯を失うことで こんな「影響」が出ることも

歯を失うことによる「影響」

歯を失うと、見た目が悪くなるのはもちろん、嚙む力が低下したり、発音に障害が出たりします。また、失った歯と向かい合った歯が伸びてくる(抜ける)、あるいは隣の歯が倒れてくるなど周囲の歯にも影響が及びます。

健康な歯までぐらぐらしたり、かみ合わせが悪くなり顎関節症になる場合もあります。もし歯が抜けてしまったら、1本くらいなんて思わないで、すぐに歯科医院へ行きましょう。

LION おすすめの商品

歯とお口の健康

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



    みんなのハテナ

    掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

    これまでに寄せられた悩みを見る >

    質問するには
    ログインが必要です

    キーワードから探す


    あわせて読まれている記事

    人気のアイデア 急上昇ランキング


    Lideaからのお知らせ

    irodori - くらしを彩るウェブマガジン

    注目の記事

    夫婦円満都市推進プロジェクト
    災害時の清潔・健康ケア

    Lidea公式facebookページ 日々更新中!

    知っていると便利な情報や
    お得なキャンペーンをお知らせします♪