自分にぴったりの「デンタルフロス」の選び方、使い方

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
自分にぴったりの「デンタルフロス」の選び方、使い方

歯と歯の間の歯垢は「デンタルフロス」におまかせ!

皆さんは、毎日、歯をみがいていると思いますが、それでも、むし歯や歯周病の罹患率は、依然として高い状態が続いています。それはなぜでしょう。写真は、模型を使って行った実験です。歯ブラシだけで歯を磨いたあと、チェックしてみると…歯の外側はキレイに磨けていますが、歯と歯の間には歯垢(写真で赤くなっている部分)が残っているのがわかります。
このように、歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくく、残ってしまった歯垢がむし歯や歯周病の原因になるからです。
そこでおすすめするのが「デンタルフロス」。歯と歯の間の歯垢を取り除き、お口の中をキレイにするために欠かせない、とても効果的なアイテムです。
ここでは、デンタルフロスの効果や種類、正しい使い方について詳しくご説明します。

「デンタルフロス」をおすすめする4つの理由

デンタルフロスは、細い繊維(フィラメント)を束ねて糸状にしたもの。歯と歯の間の狭い隙間に通して、歯ブラシでは落としきれない歯垢をかき出すことができます。
歯ブラシに加えてデンタルフロスを使うメリットは、以下の4つです。

1. 歯と歯の間の歯垢除去効果がアップ!

歯と歯の間はハブラシの毛先が届きにくいため歯垢が残りやすい場所です。しかし、ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯と歯の間の歯垢を落とす効果は大幅にアップします。ハブラシとデンタルフロスを併せて使うことで歯と歯の間の歯垢除去率が1.5倍にアップしたという報告があります。

  • ※出典:山本他、日本歯周病誌、1975

2. むし歯や歯周病の予防になる

歯垢はむし歯や歯周病の原因になります。その歯垢をよりキレイに落とせるということは、むし歯や歯周病の予防につながります。毎日のフロッシングでむし歯や歯周病を予防しましょう。

3. 口臭の予防や改善につながる

口臭も、食べかすや歯垢などの汚れが原因になります。口臭は自分では気付きにくいですが、もし使用したデンタルフロスのニオイを嗅いで「臭い」と感じたら、口臭がしているかもしれません。毎日のフロッシングで歯垢をしっかり取り除くことで、口臭を予防したり、改善したりできます。

4. むし歯や歯周病、詰めものなどの不具合を早期発見できる

デンタルフロスを使っていて、「いつも同じ場所で引っかかる」「フロスがばらけてしまう」「フロスが切れてしまう」などが気になる時は、むし歯ができている、もしくは詰めものや、かぶせものに不具合がある可能性があります。また、デンタルフロスを使うと「歯茎から血が出る」場合は、歯周病の疑いがあります。いずれの場合も、まずは歯科医院で診てもらうようにしましょう。

デンタルフロスの種類は主に2つ

デンタルフロスには、大きく分けて「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」の2種類があります。

1. 「ホルダータイプ」は初めての方におすすめ

「ホルダータイプ」はホルダーにフロスが取り付けてあり、手間がかからずにすぐ使えるので、デンタルフロスを初めて使う方におすすめです。ホルダータイプには、前歯に使いやすい「F字型」と、挿入しにくい奥歯にも、前歯にも使いやすい「Y字型」があります。

2. 「ロールタイプ」は慣れてしまえば簡単で、経済的

「ロールタイプ」は必要な長さのフロスを切り取り、指に巻きつけて使用します。初めは少し扱いにくいのですが、慣れてしまえば簡単で、しかも経済的です。
ロールタイプには、ワックスタイプとノンワックスタイプがあります。
ワックスタイプは、繊維がワックスでコーティングされているので、歯と歯の間に挿入しやすく、またフロスが切れたりバラバラになったりしにくいのが特徴です。初めての方や詰めものが多い方にはワックスタイプがおすすめです。
一方、ノンワックスタイプは、繊維がワックスで固められていないタイプです。繊維が広がって歯の表面にフィットするので、汚れ落としの効果が高いのが特徴です。ただ、引っかかると切れたりばらけたりしやすいため、歯の側面までかぶさっている大きな詰めものなどがない方におすすめです。

タイプ別に解説!デンタルフロスの使い方

デンタルフロスは、せっかく持っていても、うまく使えず習慣にならない方も多いようです。使い方のコツがわかれば、初めてでも簡単に使えるので、ここで確認してください。

「ホルダータイプ」デンタルフロス(Y字タイプ)の使い方

まず、ホルダータイプのデンタルフロス(Y字タイプ)の使い方を簡単にご紹介します。
詳しい使い方は、下記の記事をご覧ください。動画で使い方を説明しています。
「Y字型デンタルフロス」の使い方とポイント

1. デンタルフロスを歯にあてる

歯と歯の間にデンタルフロスをあてます。

2. 歯と歯の間に入れる

ゆっくり横に動かしながら、歯と歯の間に入れます。

3. 上下に動かす

中まで入ったら、上下に動かし、隣り合った歯の両方の面を磨きます。

4. 横に動かしながら取り出す

取り出す時も、ゆっくり横に動かしながら取り出します。

「ロールタイプ」デンタルフロスの使い方

次に、ロールタイプのデンタルフロスの使い方を簡単にご紹介します。
詳しい使い方は下記の記事をご覧ください。動画で使い方を説明しています。
「ロールタイプのデンタルフロス」の使い方とポイント

1. 1回の使用分のフロスを取り出し、指に巻きつける

1回の使用分のフロスをケースから取り出し、左右の中指に2〜3回巻きつけ、指と指の間を1~2cmの長さにします。1回の使用分は40cmくらい。指の先からひじまでの長さが目安です。

2. 歯と歯の間に入れる

歯と歯の間にデンタルフロスをあて、横に動かしながら、ゆっくり歯と歯の間に入れます。鏡を見て場所を確認しながら使用しましょう。

3. 上下に動かし、歯垢を落とす

歯の根元まで入ったら、歯に巻きつけるようにして上下に動かし、歯垢を落とします。隣り合った歯の両方の面を清掃します。

4. 横に動かしながら取り出す

取り出す時も、横に動かしながらゆっくり取り出します。

デンタルフロスを使う時の「注意点」

デンタルフロスを使う時には、以下の点に気を付けましょう。

1. 歯茎を傷付けないように

鏡を見て、場所を確認しながら、歯茎を傷付けないように使用しましょう。グイッと力を入れて差し込まずに、「ゆっくり」動かすのがポイントです。

2. 歯科医師や歯科衛生士から指導を受ける

使い方がわからない場合は、歯科医師や歯科衛生士から正しい使い方の指導を受けましょう。

3. 歯科医院で相談

使っている最中に、フロスが引っかかったりほつれたりする場合は、歯と歯の間にむし歯や歯石がある場合も。そんな時は、歯科医院で相談しましょう。

デンタルフロスの素朴な疑問に答えます!

初めて使う方は、いつもの歯磨きにデンタルフロスをどのようにプラスしたらいいのか、わからないことも多いと思います。皆さんからの疑問に、Q&A形式でお答えします。

Q. 「デンタルフロス」と「歯間ブラシ」の使い分け方は?

A. 隙間の狭い部分にはデンタルフロス、隙間の広い部分には歯間ブラシを
「デンタルフロス」は糸状なので、歯と歯の隙間が狭い部分の清掃に適しています。デンタルフロスは、子どもから大人まですべての方に使ってほしいアイテムです。一方、「歯間ブラシ」は、歯と歯の隙間が広い部分や、ブリッジをしている部分の清掃に適した小さなブラシです。使用する時には、ご自分の歯の隙間にあった大きさの歯間ブラシを選ぶことが大切です。歯の状況に合わせて、デンタルフロスと歯間ブラシの両方を使い分けるのも効果的です。

Q. デンタルフロスはいつ使うの?

A. 寝る前に、歯ブラシで磨いたあとがおすすめ
まず歯ブラシで取れる汚れは取ってしまい、そのあとに、歯ブラシでは取れなかった汚れをデンタルフロスで落とすほうが効率的です。また使用する時間帯は、特に寝る前がおすすめです。その理由は、就寝中は唾液の分泌が少なくなり、口の中の細菌が増殖しやすい環境になるためです。就寝中の口の中を清潔に保つには、寝る前に細菌のかたまりである歯垢をできるだけ取り除きましょう。

Q. デンタルフロスの使用頻度は?

A. 1日1回は使うのがおすすめ
取り残した歯垢は2~3日で石灰化が始まるといわれ、徐々に取りにくくなってしまいます。ですから、1日1回はフロスを使っていただくのがおすすめです。

Q. 出血するけど大丈夫?

A. 出血が続く時は歯科医院で相談を
歯茎に炎症がある場合など、デンタルフロスを使い始めた頃は出血する場合があります。出血が続いたり、痛みがあったりするような場合は歯科医院で相談してください。

Q.デンタルフロスは「子ども」に使ってもいいの?

A.もちろん!むし歯予防のためにぜひ使って
乳歯のエナメル質は弱く、むし歯になりやすいので、「子ども」のむし歯予防のためにもデンタルフロスは有効です。自分で上手にできない場合は、保護者の方が仕上げ磨きの時に使ってあげると良いでしょう。


Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳

教えて マイスター

デンタルフロスの糸は何からできている?

細い繊維がたくさん合わさってできているのです

デンタルフロスの拡大図

デンタルフロスは1本の糸に見えますが、実はナイロンやポリエステル等の弾力性のある細い繊維を数多く寄り合わせて作られています。それにより、歯と歯の間の落としにくい歯垢をからめとってくれるのです。

さらに高性能な製品も

使用している時に口の中で唾液に触れることで、糸が膨潤して歯と歯の間にピッタリ収まり、汚れを落とす効果をさらに高めた製品もあります。

LION おすすめの商品

Lidea会員になってクーポンを登録すればお店でお買い物するだけで電子マネー/ポイントカードのポイントが貯まります。

50P

クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ 18本入り1個で

このクーポンの詳細を見る

  • ※表示中のクーポンおよび商品はイメージです。
  • ※クーポンのご利用には、Lideaおよびカタリナへの会員登録が必要です。

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


注目の記事

Lidea 夏休み 自由研究コーナー
家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア