「F字型のデンタルフロス」の使い方とポイント

「F字型のデンタルフロス」の使い方とポイント

むし歯や歯周病、口臭の原因となる歯垢は、ハブラシだけでは落としきれません。F字型のデンタルフロスは、初めてでも使いやすくておすすめ。歯と歯の間にデンタルフロスを当てたら、ゆっくり横に動かしながら隙間に入れ、上下に動かして歯垢を落とします。フロスについた汚れはその都度とって、次の歯を清掃しましょう。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

歯みがきに「デンタルフロス」をプラス

むし歯や歯周病、口臭の原因となる歯垢は、ハブラシだけではなかなか落としきれません。そのため、デンタルフロスを使うようにしましょう。今回は、初めての方にも使いやすい「F字型のデンタルフロス」の使い方をご紹介します。

F字型のデンタルフロスの「使い方」を動画で確認!

デンタルフロスの上手な「使い方」をマスターして、歯と歯の間の歯垢をキレイに清掃しましょう。

<F字型のデンタルフロスの使い方>

1.歯に当てる

歯と歯の間にデンタルフロスを当てます。

歯に当てる

2.歯と歯の間に入れる

ゆっくり横に動かしながら、歯と歯の間に入れます。

歯と歯の間に入れる

3.上下に動かし歯垢を落とす

歯の根元まで入ったら、上下に動かし、歯垢を落とします。隣り合った歯の両方の面を清掃します。

上下に動かし歯垢を落とす

4.横に動かしながら取り出す

取り出す時は、横に動かしながらゆっくり取り出します。

横に動かしながら取り出す
POINT

デンタルフロスを使用する際の「ポイント」

以下の「ポイント」に気を付けて、デンタルフロスを上手に使いましょう。

1.力まかせに挿入しない

歯と歯の接している部分(コンタクトポイント)をとおす時は、少しきつく感じる場合があります。
しかし、力まかせに挿入すると歯ぐきを傷つけるので注意しましょう。

力まかせに挿入しない

2.デンタルフロスについた汚れはその都度とりながら次の歯を清掃

使用後のデンタルフロスを拡大してみるとこんなに歯垢がついています。

デンタルフロスについた汚れはその都度とりながら次の歯を清掃

デンタルフロスを取り出し、次の歯と歯の間を掃除する前には、「その都度」ついた汚れを洗い流すか、ふき取りましょう。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

〜初めて「デンタルフロス」を使うなら何がいいですか?〜

ホルダータイプのデンタルフロスがおすすめ!

「ホルダータイプのデンタルフロス」は、操作が簡単なのでおすすめです。デンタルフロスは毎日使用するのがおすすめですが、むずかしいようであれば最初のうちは、時間のある週末に使ってみましょう。はじめは、鏡で確認しやすい前歯や、ハブラシが当りにくい所だけでも使ってみるなどして、徐々に慣れていくようにすると良いですね。歯垢がとれてスッキリすると、毎日のケアに手放せないアイテムになると思います。

平野 正徳

オーラルケアマイスター

平野 正徳

ひらの まさのり

オーラルケア関連の基礎研究ならびに開発研究に20年以上携わってきました。 これまで得た知識と経験を活かして、歯とお口の健康に関する情報をお伝えします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【すきま時間にカンタンお掃除!】新方式のお掃除でがんばらなくてもキレイを実現!
ルックプラスからトイレとお風呂の洗剤をセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • バスタブクレンジング銀イオン+
  • まめピカ トイレのふき取りクリーナー
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE