「胸やけ」の対処法

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

健康・美容
「胸やけ」の対処法

「胸やけ」を緩和するポイントとは?

皆さんは、「胸やけ」になった時にどのように対処していますか?胸やけを起こした場合は、さらに胃に負担をかけないよう食事に注意することが大切です。夜更かしや睡眠不足も胃を荒らす原因となるため、規則正しい生活を心がけてください。また、姿勢や身につけるものにも気を配り、胃を圧迫しないよう注意しましょう。次に紹介する胸やけの対処法を覚えて、今後の生活にぜひ活用してください。

「消化に良い栄養素」を摂る

「チョコレート」「コーヒー」「揚げ物」など、脂質分が多く消化の悪い食品の摂取は控えましょう。また、「繊維質が多い食材」も避けた方が良いでしょう。逆に、「炭水化物」や「良質のたんぱく質」など、「消化に良い栄養素」を摂るようにしてください。なかでも、「うどん」や「おかゆ」がおすすめです。「たんぱく質」は、「白身魚」、「卵」、「豆腐」などの脂肪分の少ないものが良いでしょう。

「ニンニク」や「香辛料」などの刺激物、「カフェインが多く入った飲み物」などは、胃粘膜を荒らすだけでなく、胃酸の分泌を促進させます。極端に熱いものや冷たいものも胃の負担になるため、なるべく控えましょう。

「規則正しい生活」を心がける

夜更かしや睡眠不足、過労は胃を荒らす原因となるため、早寝早起きの「規則正しい生活」を心がけましょう。また、夜食は控え、夕飯は就寝の2時間前までにはすませましょう。

「姿勢」や「身につけるもの」に注意する

胃を圧迫するような「姿勢」をとったり、コルセットなど胃を圧迫するようなものを着用したりするのは、胸やけの原因となるのでなるべく避けましょう。

「市販の胃腸薬」を服用する

「市販の胃腸薬」には、様々な種類の薬が配合されていますが、なかでも「胃酸を抑制する成分」や「胃酸を中和する成分」に着目して、薬を選びましょう。

症状が長引く場合は「医師の診断」を!

胸やけは、それ自体は一過性の症状ですが、原因として「十二指腸潰瘍」や「胃がん」などの病気が潜んでいる可能性もあります。症状が長引く場合は、すぐに「医師の診察」を受けてください。

LION おすすめの商品

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読まれている記事

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

パートナーの家事にちょっと一言キャンペーン
irodori THERMOS & Magica プレゼントキャンペーン
irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア