寝苦しい夜対策!安眠・快眠のコツ

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

寝苦しい夜対策!安眠・快眠のコツ

「寝苦しい夜」でも安眠・快眠したい!

「昼間のうだるような暑さにもうクタクタ」「夜も寝苦しくて疲れが取れにくい」という方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、「寝苦しい夜」でも「快適な眠り」につくためのコツをご紹介します。

暑くて眠れない夜には、次のような方法を試してみてください。

「体温の差」を利用して寝つきやすく

「体温の差」を利用して寝つきやすく

寝苦しい暑い夜にお試しいただきたいのが、布団に入る1~2時間前に、40℃以下のぬるめのお湯に10〜15分つかってみること。夏はシャワーだけという方も多いと思いますが、ぬるめのお風呂には、副交感神経を優位にし、気分を落ち着かせて心地よい眠りに誘ってくれる作用があります。

また、人間はからだの芯の体温(深部体温)が下がる時に、眠りに入りやすくなるので、お風呂に入ったあとの「体温の差」を利用しましょう。就寝の1~2時間前にお風呂につかっておけば、寝る頃にはちょうど良い体温まで下がり、心地よい眠りが期待できます。

熱が逃げにくい時は「冷却」すると効果的

一方、熱帯夜で室温が28℃以上あるような時は、からだから熱が逃げにくくなります。暑さがおさまらないという時は、お風呂からあがってからだの水分をタオルでふき取ったあとに、「脇の下」「首すじ」「足のつけ根」を冷やしてみましょう。この3点は、動脈が皮膚のすぐ下にあるため、循環する血液を効果的に「冷却」できるからです。ボディ用の冷却シートなら、伸縮性が高いので、動きのある脇の下や、足のつけ根などにもピタッと貼れてはがれにくくおすすめです。

布団に入る前に「脳の緊張」を解きほぐす

布団に入る前に「脳の緊張」を解きほぐす

寝る直前まで仕事をしていたり、考え事をしていたりすると、脳の興奮が冷めず、寝付きが悪くなります。寝付きをよくするには精神的な緊張を和らげて、副交感神経の活動を優位にすることが大切。寝る前には、「照明の明るさを落とす」「深い呼吸をする」「リラックスできるドリンクを飲む」「リラックスできるアロマを使う」などして、「脳の緊張」を解きほぐすようにしましょう。

 

暑い夏を元気に乗り切るために、睡眠はしっかり取りたいもの。まずは スムーズに眠りに入ることを目指しましょう。


教えて マイスター

「質のよい眠り」って?

睡眠は「90分間の周期」

私たちは眠っている時、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」の1セットを、およそ「90分間の周期」で繰り返しています。このリズムの最初の2周期、入眠してから3時間ほどの間に「深睡眠」という深い睡眠が多くあらわれるといわれています。

睡眠の「リズム」が大切

この「リズム」が乱れて、深睡眠が減ったり、睡眠中の覚醒が増えたりすると、睡眠に対する満足感が低下することがわかっています。

睡眠の「リズム」が大切

LION おすすめの商品

健康・美容

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す

人気のアイデア 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン
ライオン製品に関するアンケートに答えて★Amazonギフト券1,000円分が当たる!
「#my_irodori」プレゼントキャンペーン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪