「入れ歯(義歯)」や「ブリッジ」の適切なお手入れ方法

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
「入れ歯(義歯)」や「ブリッジ」の適切なお手入れ方法

「入れ歯」と「歯が抜けているところ」の両方をキレイに!

「入れ歯」を使用している人が、むし歯(虫歯)や歯周病を予防するためには、入れ歯と「歯が抜けているところ」の両方をお手入れすることが大切です。今回は、入れ歯の特徴や注意点から、お手入れ方法までご紹介します。

歯が抜けたら「入れ歯」を!

歯が抜けたままにしておくと、抜けた分だけ噛む力が低下するばかりでなく、抜けた歯のまわりの歯が移動して上下の噛みあわせが悪くなり、どんどん噛む力が弱まってしまいます。歯を抜いた、あるいは抜けた場合は、必ず「入れ歯」や「ブリッジ」などを入れるようにしましょう。

「入れ歯の材料」はおもにプラスチック

失った歯の機能(咀嚼・発音)を回復させるために、歯の欠損状態によって総入れ歯(総義歯)や部分入れ歯(局部義歯)を使用します。多くの場合、「入れ歯の材料」にはプラスチックが用いられています。

部分入れ歯(局部義歯)と総入れ歯(総義歯)

入れ歯の「注意点」

以下に、入れ歯の「注意点」をご紹介します。

1. 汚れや細菌が付きやすい

プラスチック製の入れ歯は吸水性があるため、汚れや細菌が付着しやすくなります。

2. ニオイも吸着されやすい

ニオイなども吸着されやすく、清掃を怠ると口臭発生の原因になることもあります。

3. 隙間に細菌が繁殖しやすい

装着中は、粘膜と入れ歯との隙間に細菌が繁殖しやすくなります。

4. 傷がつきやすい

プラスチックは傷がつきやすく、間違ったお手入れ方法で入れ歯の表面に傷をつけると、さらに細菌が付着しやすくなります。

5. 口の粘膜が傷つきやすい

噛むことで入れ歯が微妙に動いて、やわらかい粘膜面がこすられるため、粘膜が刺激されて傷つきやすくなります。

入れ歯の「清掃が不十分な時」に起こること

入れ歯の「清掃が不十分な時」には、以下のようなことが起きるおそれもあります。

1. 口内炎

義歯性口内炎の原因になります。

2. 口臭

口臭の原因になります。

3. 色素沈着や歯石沈着.

入れ歯に色素沈着や歯石沈着が起こります。

4. むし歯や歯周病

部分入れ歯の場合、維持装置(クラスプなど)のかかっている歯や残っている歯が、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

入れ歯の清掃は「優しくていねい」に!

部分入れ歯も総入れ歯も、必ず外してから清掃します。部分入れ歯の場合、クラスプなどの部分は小さい歯ブラシや歯間ブラシを使い、「やさしくていねい」に磨きましょう。

力を入れすぎるとクラスプなどを変形させ、傷の原因になるため、軽い力で磨きましょう。また、クラスプをかける歯も注意して磨くように。市販の「入れ歯洗浄剤」などを併用すると効果的に清掃できます。

「入れ歯洗浄剤」の使い方

以下に、「入れ歯洗浄剤」の使い方をご紹介します。

1. 歯ブラシで清掃する

歯ブラシを用いて入れ歯を流水下で清掃します。

2. 水、もしくは、ぬるま湯に入れる

水、もしくは、ぬるま湯に入れる

外した入れ歯は、「入れ歯洗浄剤」を溶かした水、もしくは、ぬるま湯に入れます。汚れがひどい場合には、一晩つけておくと良いでしょう。

3. 流水下で仕上げ洗いをする

浸漬・洗浄後、歯ブラシを使用して流水下で軽い力で仕上げ洗いをします。なお、落として破損させないよう、水を張った洗面器などの上で洗うようにしましょう。

入れ歯の「保管」方法

入れ歯は熱や乾燥に弱く、そのままにしておくと変形や変色、ひび割れの原因になるので、水を入れた容器に入れて「保管」しましょう。

「口のお手入れ」もお忘れなく!

残っている歯にも歯ブラシをきちんとあて、細かく動かして磨くようにしましょう。

入れ歯が合わなくなったら「歯科医院」に相談

口の中は常に変化しています。ピッタリ合った入れ歯も、長い間使用すると口の中との調和がとれなくなることがあります。手入れをするのはもちろんですが、下記のような症状が出た場合には、ガマンしたり自分で調節したりせず、「歯科医院」に相談しましょう。 

1. 歯茎部分にあたって痛い

2. 付けにくい、外しにくい

3. 会話がしづらい

4. グラついて安定しない

5. 壊れてしまった、ヒビが入った

6. 食事がしづらい

「ブリッジ」で気を付けたいこと

「ブリッジ」で気を付けたいこと

「ブリッジ」とは、失った歯の両隣を支えとした歯のことです。支えになっている歯やポンティック(歯のない所にある人工の歯)の下の清掃が不十分だと、歯茎の炎症やむし歯の原因になります。

ブリッジの「お手入れ法」

ブリッジの「お手入れ法」

ポンティック(歯のない所にある人工の歯)の下にたまった食べかすは、歯ブラシだけでは十分に清掃できません。歯間清掃用具(歯間ブラシ等)を使ってお手入れしましょう。


Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳

教えて マイスター

「デンチャープラーク」って何?

「入れ歯についた歯垢」のこと

入れ歯のことを「デンチャー」といいます。入れ歯もきちんとお手入れをしないと、歯と同じように歯垢(プラーク)が付着します。「入れ歯についた歯垢(プラーク)」を「デンチャープラーク」といいます。デンチャープラークもプラーク同様、細菌のかたまりです。

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア