「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」の原因の違い

「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」の原因の違い

「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」では、原因が違うのをご存知ですか?思春期ニキビでは、過剰に分泌された皮脂が原因なのに対して、大人ニキビではターンオーバーのリズムの乱れが原因。ホルモンバランスの乱れも関係しています。ニキビのできやすい場所も違います。適切なケアを行うために、原因をよく知っておきましょう。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「毛穴が詰まってしまう原因」が違う

「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」は、原因が違うことを知っていますか?

「思春期ニキビ」は、過剰に分泌された皮脂の排出が追いつかず毛穴を詰まらせ、そこにニキビの原因菌であるアクネ菌が作用して炎症を起こすニキビです。

一方、「大人ニキビ」は、表皮のターンオーバーのリズムが崩れて角層が厚く硬くなった結果、角層がはがれず、毛穴を詰まらせてできるニキビです。つまり、「毛穴が詰まってしまう原因」が違うのです。

毛穴が詰まってしまう原因

「ホルモンバランス」の乱れも関係

「大人ニキビ」に悩む多くの方は、「女性ホルモン」の分泌量が減っていたり、卵巣の働きが落ちていたりすることがあります。こういう時には、逆に「大人ニキビ」に関係するといわれる「アンドロジェン」という男性ホルモンが活発になり、結果として皮脂の分泌が異常に増えてしまうことがあります。「生理前2週間あたりからニキビが悪化する」という話をよく聞きますが、これは、生理前に増える黄体ホルモンの働きが、この男性ホルモンによく似ているためといわれています。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

「大人ニキビ」ができやすい「場所」って?

「思春期ニキビ」は「Tゾーン」

「思春期ニキビ」は「Tゾーン」

皮脂が出やすい「Tゾーン」にできやすい

「思春期ニキビ」は、皮脂の分泌が多い額から頬にかけての「Tゾーン」に多く見られます。

「大人ニキビ」は「Uゾーン」

「大人ニキビ」は「Uゾーン」

古い角質が残りやすいフェイスライン「Uゾーン」にできやすい

「大人ニキビ」は、ホルモンバランスの崩れが要因の1つであるため、男性でいうとひげが生える部位、つまり比較的顔の下であごの線に沿ったあたりや、口まわりなどの「Uゾーン」にできるのが特徴です。

特にあごの裏側は、衣服とのこすれなどで炎症が深くなり、一度できると治りにくく、症状も繰り返してしまうので、できた時だけでなくできる前の予防にも十分注意しましょう。

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【こんな時こそ、毎日のケアが大事】歯ぐき活性化で歯周病を防ぐハミガキと、超極細毛の音波アシストブラシをセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • システマハグキプラスプレミアムハミガキ エレガントフルーティミント
  • システマハグキプラス音波アシストブラシ
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE