「紫外線対策」と「メラニン抑制」でシミを防ぐ美白ケア!

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

「紫外線対策」と「メラニン抑制」でシミを防ぐ美白ケア!

そもそも「美白ケア」とは?

皆さんは日頃から「美白ケア」をしていますか?
暑さがひと段落する頃は、「こんなところにシミ、あったかしら?」と鏡に映る自分の顔を見て愕然としがちな季節でもあります。
そもそも「美白ケア」とは、「シミ・そばかすを防ぐためのケア」のこと。「美白ケア」の効果的な方法や肌のメカニズムについて正しく理解し、美肌を目指しましょう。

知っておきたい、シミができるまでのメカニズム

「メラニン」は、皮膚の表皮の一番深いところ、基底層にある「メラノサイト」で生成されます。
紫外線を浴びたり、ホルモンバランスが乱れたり……など、さまざまな要因によってメラノサイトが刺激されるとメラニンが生成されます。 生成されたメラニンは、肌を紫外線から守りながら、肌の「ターンオーバー(皮膚の代謝サイクル)」で表皮の一番表面の部分へと移ります。

表面へ移動したメラニンは、通常は肌のターンオーバーによってそのまま外に排出されるものですが、メラニンが過剰に作られたり、ターンオーバーが停滞して正常に排出されない部分があると、肌の中に蓄積されてシミになってしまいます。

「シミの元はメラニン」と聞くとメラニンは悪者のように思われがちですが、通常は紫外線を吸収して、紫外線から肌を守る働きをしているのです。

ですから、シミの予防には「メラニンの過剰な生成を抑制する対策」、「ターンオーバーを正常に保つ対策」が必要です。そして、紫外線はメラノサイトを刺激してメラニンを過剰に生成させたり、肌荒れの原因になって正常なターンオーバーに悪影響を与えるので、美白ケアには「紫外線対策」が欠かせないのです。

メラニン生成を抑制する対策

日々使用するスキンケア製品には、以下の働きのある成分が配合されたものを選びましょう。

メラニンの生成を引き起こす「酵素」の働きを抑える

メラニンを生成する際に働く、「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑える成分が配合されたものを使用しましょう。チロシナーゼの働きを抑制する美白成分には、「エラグ酸」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「コウジ酸」などがあります。

メラニンを作る「細胞」の働きを抑える

メラニンを生成する場であるメラノサイトの活動を抑制する成分「トラネキサム酸」などが配合されたものを使用しましょう。

美白ケアのためには、上記のスキンケア製品を使用するほか、メラノサイトを刺激してメラニンを生成させる紫外線自体をブロックする対策も重要です。美白ケアで、シミのない美肌づくりを目指しましょう!

今さら聞けない!シミと美白に関する素朴な疑問

ここでは、今さら人には聞けない、美白ケアの素朴な疑問についてお答えします。

●美白クリームは、たくさん塗れば塗るほど効くのですか?

たくさんの分量を使えば、高い効果があらわれるというものではありません。
商品の説明書に記載のある1回あたりの使用量を目安にして下さい。

●美白クリームは気になるシミだけに塗ればいいですか?

美白ケアのためには、「適量を顔全体に均一に使用する」ことをおすすめします。今は見えていなくても、肌の奥ではメラニンが大量に生成されている可能性もあります。シミを予防するためには、顔全体へのケアをしましょう。

●朝と夜、美白クリームを塗るならどちらが効果的ですか?

基本的には朝と夜で効果が異なることはありませんが、ナイト用など夜の使用を推奨している商品もあるため、使用方法は必ず商品の説明書をご確認ください。朝は、その後外出して紫外線を浴びることが多いことから、紫外線をブロックする対策もしっかり行うことをおすすめします。

●美白ケアの商品は化粧水のあとに使用するのがいいですか?

美白ケアの商品は、一般的には化粧水で肌を整えた後に顔全体に塗りますが、商品によっておすすめの使用順は異なりますので、必ず事前に商品の説明書を確認しましょう。

●美白ケアは夏だけ行えばいいですか?

夏だけではなく1年中紫外線を浴びているので、美白ケアは1年を通して実施することをおすすめします。

大人ニキビのケアに重要な「紫外線対策」

●美白ケアにおすすめの食材はありますか?

シミの原因となるメラニンの生成をおさえたり、紫外線によって発生する活性酸素に対抗するために、抗酸化作用のある「ビタミンC」を含む食材を摂るのがおすすめです。ビタミンCは以下のような食材に含まれています。

ブロッコリー、赤・黄ピーマン、パセリ、モロヘイヤなどの野菜
かんきつ類、イチゴ、アセロラ、グァバ、キウイなどの果物
ハイビスカスティー、ローズヒップティーなどのハーブティー

また、最近注目されているのは「リコピン」。強い抗酸化作用を持つ栄養素です。リコピンは以下のような食材に含まれています。

トマト(特にミニトマト)、にんじんなどの野菜
スイカ、ピンクグレープフルーツ、柿などの果物

さらに、「カロテン」は、からだの中でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の細胞やその細胞周期(ターンオーバー)を正常に保つ作用を示すので、積極的に摂りましょう。カロテンは、かぼちゃやにんじん、緑黄色野菜などに含まれます。

「保湿ケア」もお忘れなく!

シミ対策には、「メラニンの過剰な生成を抑制する対策」、「ターンオーバーを正常に保つ対策」が必要であり、さらに、それらには「紫外線対策」が欠かせないことがおわかりいただけたと思います。
そして、実は、基本的な毎日の保湿ケアも大切なのです。

肌が乾燥するとバリア機能が衰えて、外部からの刺激を受けやすい状態になります。その状態で紫外線を浴びると、細胞の増殖スピードが通常より速くなり、角層が不完全なまま形成されてしまいます。
すると、ますます紫外線の影響を受けやすくなってしまい、悪循環に。すなわち、ターンオーバーを正常に保てない状態に陥ってしまい、美白ケアには悪影響なのです。

「肌が乾燥している」という自覚が希薄な春から秋にかけても「保湿ケア」は大切です。 「美白ケア」を習慣化すると共に、肌にはいつもたっぷりの潤いを与え、乾燥させないように整えることで、健やかな肌の状態をキープしましょう。

できてしまったシミは、医療機関でケアをすることによって薄くすることはできますが、自宅でのケアだけでは消し去ることはできないといわれています。シミのできるメカニズムを知り、シミができる前に早めに美白ケアを始めるのがキレイな肌を守るカギなのです。

LION おすすめの商品

健康・美容

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



    みんなのハテナ

    掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

    これまでに寄せられた悩みを見る >

    質問するには
    ログインが必要です

    キーワードから探す


    あわせて読まれている記事

    人気のアイデア 急上昇ランキング


    Lideaからのお知らせ

    irodori - くらしを彩るウェブマガジン
    「#my_irodori」プレゼントキャンペーン

    注目の記事

    夫婦円満都市推進プロジェクト
    災害時の清潔・健康ケア

    Lidea公式facebookページ 日々更新中!

    知っていると便利な情報や
    お得なキャンペーンをお知らせします♪