帰宅後「すぐ」に手洗いしないとどうなる?家でのウイルスの広がり方を検証

帰宅後「すぐ」に手洗いしないとどうなる?家でのウイルスの広がり方を検証

帰宅後、すぐに手を洗っていますか?手洗いをすぐにしなかった時とすぐにした時、それぞれの家の中でのウイルスの広がり方をシミュレーションした結果、手洗いを後回しにすると、気付かないうちに室内にウイルスを広げている可能性が高いことが判明!帰って「すぐ」の手洗いや手指消毒を習慣化する方法も紹介します。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

要注意!帰宅して、手を洗うまでの行動

「帰宅後はしっかり手を洗っています!」という方は多いのではないでしょうか。しかし、一般家庭の様子を観察※1してみると、手洗い前にリビングやキッチンなどに立ち寄り、子どもも大人もいろいろな場所に触れていることがわかりました。

帰宅後、手洗い前にキッチンカウンターに触ったり…

帰宅後、手洗い前にカウンターに触る家族

手洗い前にソファーに横たわったり

帰宅後、手洗い前にソファーに触る子ども

  • 1 ライオン調べ、自宅に帰宅してから手洗いするまでの行動をビデオ撮影、一般家庭3世帯、2021年8~10月

「うちもやってるかも…」とドキッとした方もいらっしゃるかもしれませんね。
ほかにも、手洗い前にこんな行動をしていませんか。

要注意!手洗い前の「ありがち」行動

□買い物から帰ってきて、食材を冷蔵庫に移す
□自室に荷物を置いて、着替える
□テレビやエアコンのリモコンを操作する
□子どもがおもちゃで遊び始める
□ペットに触る 

帰宅後のウイルスの広がりをシミュレーション!

ウイルスは目に見えないため、時には気が緩んでしまう日もありますね。
でも油断は禁物!帰宅してすぐに手を洗わないと、知らず知らずのうちにウイルスを家庭内に広げてしまう可能性があります。

帰宅後30分間で家庭内(2LDK)にウイルス※2がどの程度広がるのか、AIでシミュレーション※3してみました。
帰宅時に一定量のウイルスが手についていたと仮定して、帰宅後30分間において、「手を洗わなかった時」「早めの手洗い4をした時」「玄関で手指消毒をしたあと、早めの手洗いをした時」を比較しました。

  • 2 インフルエンザウイルス
  • 3 エージェントベースAIシミュレーションモデルで検証
  • 4 帰宅後モノに触る回数が15回以下で手を洗う

接触した場所ごとに付着したウイルス量を計算し、その結果を家の間取り図の中に示したのが、下記の「ヒートマップ」です。このヒートマップは、ウイルス付着量を可視化するためのイメージ図です。丸の色が濃いほど、ウイルス量が多いことを表しています。

<手を洗わなかった時>

家庭内のウイルス付着量ヒートマップ

手を洗わなかった時の、シミュレーションにおける家庭内のウイルス量(間取り図)

シミュレーションの結果から、帰宅後30分間「手を洗わなかった時」には、帰宅後に最初に行きがちなキッチンやリビングをはじめとして、洋室、寝室、トイレなど家中にたくさんのウイルスが付着していることがわかります。

では、帰宅後「早めの手洗いをした時」はどうでしょうか。

<早めの手洗いをした時>

家庭内のウイルス付着量ヒートマップ

早めの手洗いをした時の、シミュレーションにおける家庭内のウイルス量(間取り図)

「早めの手洗いをした時」は、「手を洗わなかった時」に比べてウイルスが付着する場所が減ることがわかりました。
そして、シミュレーションから計算された家庭内のウイルス量の合計をグラフにした結果を下記に示します。

家庭内のウイルス量の合計

早めの手洗いをした時の、シミュレーションにおける家庭内のウイルス量(グラフ)

早めに手洗いした時」には、「手を洗わなかった時」に比べて、ウイルス量も3割以下に抑えられることがわかりました。

これらの結果から、家庭内でのウイルスの広がりを抑えるためには、帰宅後は玄関から洗面台に直行して手を洗うことが大切であるとわかります。

さらに、帰宅後「玄関で手指消毒をしたあと、早めの手洗いをした時」はどうでしょうか。

<玄関で手指消毒→早めの手洗いをした時>

家庭内のウイルス付着量ヒートマップ

玄関で手指消毒→早めの手洗いをした時の、シミュレーションにおける家庭内のウイルス量(間取り図)

家庭内のウイルス量の合計

玄関で手指消毒→早めの手洗いをした時の、シミュレーションにおける家庭内のウイルス量(グラフ)

「玄関で手指消毒をした後、早めの手洗いをした時」には、ウイルスが付着する場所がさらに減り、ウイルス量は「手を洗わなかった時」の約1割に抑えられました。

この3つのシミュレーション結果を並べて見てみると、帰宅後すぐの手洗いや玄関での手指消毒の効果は一目瞭然です。

家庭内のウイルス付着量ヒートマップの比較

家庭内のウイルス量の合計の比較

家庭内のウイルス量の合計の比較

帰宅後は洗面台に直行して手洗いを!玄関での手指消毒も習慣に

家庭内でのウイルスの広がりを防ぐためには、帰宅後はリビングなどに立ち寄らず、洗面台に直行して手を洗うことが重要です。また、玄関での手指消毒を習慣化するとさらに効果的です。

しかし、「帰宅後すぐに手を洗った方がいいとわかっていても、なかなかできない」という声もあるようです。

帰宅後、すぐに手洗いや手指消毒をするにはどんな工夫をすればいいのでしょうか。いくつかご紹介します。

「手を洗う前に荷物を置きたい」「アウターや上着を脱ぎたい」という場合には、玄関や洗面所にハンガーやコートかけなどを用意してみましょう。部屋まで行かないので、ウイルスの広がりを防げます。

荷物や上着をかける図

コートハンガー

また、「帰宅後、玄関で手指消毒剤を使いたい」と思っているけれど、実際は使っていないという場合、手指消毒剤を「置く場所がない」ことがハードルとなっていることも多いようです。

そんな場合は、マグネット式の小物入れに手指消毒剤をセットして、扉に設置する方法もあります。

玄関扉に手指消毒剤をセットする

  • この方法をとる場合、プッシュしても小物入れが落ちないことを確認しましょう。また、手指消毒剤が床や扉、家具などに付着しないように注意して使用してください。

玄関のドアノブは、手指消毒や手洗いを行う前に触ってしまうことから、ウイルスが付きやすい場所です。気になる時は、ウイルス除去効果のあるスプレーやシートでふき掃除をすることもおすすめです。

小さなお子さんのいる家庭では、子どもと一緒に手洗いや手指消毒をして、うまくできたら褒めてあげると習慣化につながるかもしれません。
自分のため、そして家族のために、正しい手洗いや手指消毒の習慣を心がけたいですね。

この記事の詳細は、こちらをご覧ください

この記事を作成・監修した
マイスター

藤井 日和

衛生マイスター

藤井 日和

ふじい ひより

衛生・健康分野やお洗濯分野の製品開発や生活情報の開発に約25年携わってきました。
これらの経験を活かし、日々のくらしで感じる衛生への不安を解消する情報をお伝えしていきます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

健康・美容の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存