歯磨きに自信があっても約8割の人にみがき残しあり

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
歯磨きに自信があっても約8割の人にみがき残しあり

歯を磨く回数は増えているけど、きちんと磨けているの?

皆さんは1日何回、歯を磨きますか? 厚生労働省の調査※1によると、1日の歯磨き回数は年々増加し、現在では約75%の人が1日2回以上(1日2回と3回以上を合算)歯を磨いています。また、ライオンの調査※2でも、約9割の人が普段から「お口の健康」を意識していると答えるなど、歯磨きへの意識は高いことがわかります。

<1日の歯磨き回数>

しかしながら、同じく厚生労働省の調査※1によると、今でも成人のほぼ100%がむし歯を経験し、35歳以上の約8割が歯周病に罹患しています。
そこでライオンは、本当に歯がきちんときれいに磨けているのかを調べるために歯磨き意識と口腔内の実態に関する臨床研究を実施しました。
今回は、この最新の臨床研究結果と歯の上手な磨き方について紹介します。

  • ※1 厚生労働省:平成23年歯科疾患実態調査 ※2 ライオン調べ、n=1600、2014年

歯磨きに自信があっても約8割の人にみがき残しあり

「自分の歯磨きに自信がある」と自己申告した20~70代の男女100名について、実際に口の中を見せて頂き歯垢の付着状態を調べました。歯垢の付着状態を示す割合を「歯垢付着スコアー」として表し、「0%=全ての対象部位に歯垢が付着していない状態」~「100%=全ての対象部位に歯垢が残っている状態」で示しました。なお歯垢付着スコアー20%以下が「みがけている」レベルとされています。

その結果、「歯磨きに自信がある」と答えた人のみを対象にしたにも関わらず、「みがけている」と認められる状態の人は、1人もいませんでした。また、「歯磨きには自信がない」と自己申告した20~70代の男女20名との比較でも、歯垢付着スコアーの平均はそれぞれ、「歯磨きに自信がある」=71.3%、「歯磨きに自信がない」=73.8%と、ほぼ同等でした。さらに「ややみがけていない」「みがけていない」に該当する人の合計はともに約80%で、大きな差はありませんでした。

以上の結果から、「自分の歯磨きに自信がある」と答えた人でも、実は歯垢はきちんと除去できておらず、しかも「自分の歯磨きには自信がない」と答えた人と歯垢の磨き残し状態はほぼ同等という結果となり、歯磨きに対する意識と実態にはギャップがあることが示されました。

<歯磨きの意識と歯垢付着の状態>

※ライオン調べ、n=120、2014年

磨けていない人の80%は「歯磨きの方法」に問題がある!

では、なぜきちんと歯が磨けていないのでしょうか?「みがけていない」に該当する人の歯の磨き方を観察・評価した結果、約8割が「歯磨き圧が強い」「歯ブラシのストロークが大きい」など、「歯磨きの方法」に問題がること、また、約3割が「毛の開いた歯ブラシの使用」など、用具にも問題があることがわかりました。

<磨けていない場所>

磨けていない場所は「歯と歯の間」「奥歯の奥」「歯並びの悪いところ」などです。これらの場所は歯ブラシの毛先が届きにくいので、自己流の磨き方では、きちんと歯垢を落とすことができません。では、どうすれば上手に歯垢を落とせるのでしょうか?

歯の磨き方の基本

ここでは、上手に歯垢を落とすための「歯の磨き方」の基本を紹介します。

1.歯ブラシの毛先を歯面にきちんとあてる

歯は立体的で複雑な形をしているため、あらゆる面に毛先がきちんとあたるよう、歯ブラシをあてる角度を工夫しましょう。

2.毛先が広がらない程度の軽い力で磨く

磨く力が強すぎると、歯ブラシの毛先が広がりきちんと磨けないだけでなく、歯茎を傷つける場合があります。

3.5~10㎜を目安に小刻みに動かして1~2本ずつ磨く

歯ブラシを大きく動かすと、毛先が歯と歯の間に届かず、歯垢を上手に落とせません。5〜10mmを目安に小刻みに動かし、1〜2歯ずつていねいに磨きましょう。

人によって口の中の状態や歯磨きのクセが違うため、歯垢を磨き残ししやすい場所も違います。歯科医院で、自分の口の状態にあった歯磨き方法を指導してもらうとよいでしょう。
歯磨きは、毎日のオーラルケアの基本で、歯垢を残さず落とすことが大切です。自分に合った磨き方を覚え、「食べたら磨く」を習慣にして、健康な歯を保ちましょう。

<臨床研究の概要>
調査主体:ライオン株式会社 快適生活研究所
実施施設:グラントウキョウオーラルヘルスケアステーションhttp://ohcstation.oralcom.net/
実施期間:2014年9月~10月
なお、本研究は日本口腔衛生学会倫理委員会承認(第26-1号)に基づき実施し、第64回日本口腔衛生学会(2015年5月28日、演題名:口腔清掃意識と口腔清掃状態に関する調査研究)にて発表した。


教えて マイスター

歯垢を残さず落とすには歯ブラシだけで十分ですか?

歯間清掃用具やデンタルリンスを活用しよう

歯と歯の間など、歯ブラシの毛先が届きにくい場所の歯垢を落とすには、歯ブラシだけでは不十分です。オーラルケア先進国であるスウェーデンと日本で「口腔内のセルフケアに関する意識と行動」を調査した結果では、日本は「セルフケアはブラッシングだけで十分」が約半数であったのに対し、スウェーデンでは「デンタルフロスやデンタルリンスを使うのが当たり前」が約7割でした。また、デンタルフロスの使用率は、スウェーデンは52%、日本は22%と、2倍以上の差があります。デンタルリンスの使用率もスウェーデンは40%、日本は24%と、スウェーデンの方が高くなっています。

<スウェーデンと日本の歯のセルフケアに関する意識と行動>

※ライオン調べ、n=1200(日本)n=1200(スウェーデン)、2013年

ライオンの臨床研究※3でも、「ややみがけている」に該当する人は「みがけていない」に該当する人と比較して、デンタルフロスやデンタルリンスの使用頻度が高い結果となりました。このことから、歯と歯の間には歯間清掃用具などの使用をおすすめします。また、歯垢をつくる細菌を増やさないよう、デンタルリンスも上手に活用しましょう。

  • ※3 ライオン調べ、n=120、2014年

LION おすすめの商品

Lidea会員になってクーポンを登録すればお店でお買い物するだけで電子マネー/ポイントカードのポイントが貯まります。

20P

クリニカアドバンテージ ハミガキ 各種 いずれか1個で

このクーポンの詳細を見る

50P

クリニカアドバンテージ デンタルリンス 450ml/900ml 各種 いずれか1個で

このクーポンの詳細を見る

20P

クリニカアドバンテージ ハブラシ 各種 いずれか1個で

このクーポンの詳細を見る

50P

クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ 18本入り1個で

このクーポンの詳細を見る

  • ※表示中のクーポンおよび商品はイメージです。
  • ※クーポンのご利用には、Lideaおよびカタリナへの会員登録が必要です。

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

Lidea コメント投稿キャンペーン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
家事フェス
災害時の清潔・健康ケア