スキーウェアやスノボウェア、自宅で洗濯して大丈夫?上手な洗い方を解説

スキーウェアやスノボウェア、自宅で洗濯して大丈夫?上手な洗い方を解説

一度の着用でも汚れが付くスキーやスノボのウェア。洗濯表示に「洗濯おけ」「手洗い」「洗濯機」マークがついていれば、家庭でも洗えます。部分汚れはおしゃれ着用洗剤で前処理をしてから洗濯ネットに入れ、「手洗いコース」「ドライコース」など弱水流でスイッチオン! 脱水後はすぐに形を整えて干せば型くずれしません♪

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「スキーウェア」「スノボウェア」は、お洗濯やお手入れは難しそう・・・と思っている方が多いのではないでしょうか。一度着用すると、泥や汗の汚れが付きますし、そのままにして時間が経つと落ちにくくなってしまいます。シーズン終わりだけでなく、こまめにお手入れをし、ウェアを清潔に保って気持ちの良いシーズンを過ごしましょう。今回は、キレイに落として、はっ水効果を保つ上手なお洗濯方法をご紹介します。

上手なお洗濯方法

洗う前の「準備」

次の手順で、お洗濯前の「準備」をしましょう。

1. 洗濯表示を確認する

洗う前に洗濯表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認しましょう(洗濯表示は2016年12月1日に改定されました)。

<家庭で洗える洗濯表示>

洗濯表示 旧絵表示
洗濯表示 旧絵表示

新しい洗濯表示の場合は「洗濯おけ」や「手洗い」マーク、旧絵表示の場合は「洗濯機」や「手洗い」マークがついている衣類は、家庭で洗えます。また、赤い四角で囲ってる洗濯表示の場合、洗濯機の「手洗い・ドライ対応・おしゃれ着コースなどの弱水流コース」を選んで洗うことをおすすめします。

手洗いマークはここに注意!

手洗いマークの衣類を洗濯機で洗う場合は、洗濯機で洗えるかどうか洗濯機メーカーの情報を確認しましょう。

要注意!

通水性のないビニールやゴム引き製品、透湿防水性素材などは脱水時の水抜けが悪く、洗濯機の故障につながるおそれがあるので、洗濯機の使用は避け、手洗いをおすすめします。

2. 洗剤を選ぶ

適切な洗剤を選びます。色あせや型くずれを防ぐ「おしゃれ着用洗剤(アクロン)」がおすすめです。

3. 気になる汚れ(油、皮脂、食べこぼし汚れなど)に前処理をする

「油汚れ、皮脂汚れ」など汚れが気になる部分に、「おしゃれ着用洗剤の原液」をつけてキャップの角で軽くたたきましょう。食べこぼし汚れには、「液体酸素系漂白剤」や「シミ用部分洗い剤」をつけておきます。外側の汚れだけでなく、エリや袖口部分も忘れずにチェックしましょう。なお、漂白剤を使用する場合は、必ず洗濯表示を確認してください。

おしゃれ着用洗剤の原液を塗布

頑固な汚れの場合は、洗面器などに水を入れ、おしゃれ着用洗剤(アクロン)を適量加えて洗剤液をつくります。(アクロンの場合、水4Lに対して10mLが目安)
やわらかいスポンジに洗剤液をつけて、汚れている部分を軽くたたきます。生地を傷めてしまうので、スポンジのかたい面でこすらないように注意してください。

要注意!

金属製のバックルやファスナー装飾などがある場合は、シミ用の部分洗い剤や酸素系漂白剤は使えません。

4. 洗濯ネットに入れる

洗濯じわや型くずれ、からまりを防ぐために、洗濯ネットを利用しましょう。ジャケットとパンツはそれぞれ別の洗濯ネットに入れます。また、あらかじめファスナーやボタンは閉じて、大型の洗濯ネットに2~3つ折りにたたんで入れましょう。

洗濯ネットに入れる

※1 ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用ください。

※2 通販限定販売品は、「取扱店舗を探す」ではご案内しておりませんのでご了承ください。

「洗う」時の手順

洗濯機による洗濯方法

洗濯機の「手洗いコース」「おしゃれ着コース」「ドライコース」など、弱水流のコースを選び、やさしく洗いましょう。

「おしゃれ着コース」や「ドライコース」で洗濯する

手洗いによる洗濯方法

洗濯槽の中で押し洗いをする

洗濯槽にスキーウェアが浸るくらいの量の水を張り、おしゃれ着用洗剤(アクロン)を適量入れて洗剤液をつくります(アクロンの場合は水30Lに対して40mL)。

洗濯槽の中で押し洗いをする

ウェアを浸して、全体を上下に40回程度押し洗いします。 この時、両手のひらでやさしくゆっくりと、洗剤液中に沈めたり浮かせたりを繰り返し、ウェアの中に洗剤液を通すようにして洗うのがポイントです。

すすぎと脱水を繰り返す

洗いが終わったら、洗濯機で1分程度脱水し、再び水をためます。

同じ要領で水の中でウェアを押し洗いし、再び1分程度、脱水します。この作業を2回繰り返します。

  • *柔軟剤を使用する時は、すすぎの2回目に入れましょう。

ウェアの表の布地は水を通しにくいため、脱水中に洗濯機が大きく揺れ、途中で止まることがあります。その場合には洗濯機での脱水は止め、ウェアを丸めてぎゅっと押し絞り、最後にタオルドライして、できるだけ水分を取り除くと良いでしょう。

要注意!

通水性のないビニールやゴム引き製品、透湿防水性素材などは脱水時の水抜けが悪く、洗濯機の故障につながるおそれがあるので、洗濯機での脱水は避け、バスタオルに挟んで上から押して水分を取り除くタオルドライをおすすめします。

「干す」時の手順

次に「干す」時の手順について解説します。

1. 形を整える

洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。ゴアテックス®素材、はっ水や防水加工の素材は水を通しにくく、洗濯機では上手に脱水できないことがあります。その場合は、「タオルドライ」するようにしましょう。その後、振りさばいて形を整えます。

  • ゴアテックス®は、W. L. Gore & Associates の商標です。

バスタオルなどを使って「タオルドライ」する

2. 乾燥させる

ジャケットは厚みのあるハンガーにかけて、パンツは着用時と同様の形になるように筒状につるして干します。内側が乾きにくい場合は裏返して、ファスナーなどは開けて干しましょう。

ジャケットは厚みのあるハンガーにかけて干す

パンツは筒状に干す

「保管」の方法

スキーウェアは、しっかり乾燥させてから、密閉性の高い収納ケースに「保管」します。クリーニングに出した場合は、ビニール袋を外してハンガーにかけ、 2~3日間つるして溶剤や湿気を取り除きます。特に、厚みがある衣類は溶剤や湿気が残りやすいので、十分に乾燥させましょう。

日ごろのお手入れ

すぐに洗えない時の部分的な汚れの落とし方

油、皮脂、食べこぼし汚れなどの、部分的なシミ汚れが付いてしまった時の落とし方を紹介します。

1. 固形物や水分をティッシュなどで取り除く

シミになっている部分に残っている食べこぼしの固形物を、ティッシュなどで取り除きます。

2.シミ汚れを落とす

タオルやハンカチに、水で薄めた洗剤液(4Lの水に、おしゃれ着用洗剤10mlを溶かしたもの)をつけて硬く絞り、シミの部分をつまむようにして取り除きます。

3.洗剤液を取り除く

汚れが落ちたら、ハンカチやタオルに水をつけて、硬く絞り、つまむようにして、洗剤液や漂白剤を落としましょう。

※1 ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用ください。

※2 通販限定販売品は、「取扱店舗を探す」ではご案内しておりませんのでご了承ください。

ストーブに当てて乾燥するのは厳禁

合成繊維を使用しているものは、熱で表面が傷んでしまうことがあります。また、燃焼によるガスで変色する場合があるので、ストーブに当てるのはやめましょう。

着用前には「はっ水スプレー」を噴霧

着用する前に、「はっ水スプレー」を噴霧しましょう。雪でスキーウェアが濡れてしまうと保温性が低下し、体も冷えてしまいます。着用する前に「はっ水スプレー」を噴霧して、雪で濡れないようにしましょう。表面がしっとり濡れる程度にはっ水スプレーを噴霧して、風通しの良いところで約30分乾かします。

ジャケットの肩部分、パンツのおしり・裾・ももの前部分、帽子など、濡れやすい部分は忘れずにスプレーしましょう。

<「はっ水スプレー」の注意点>

「はっ水スプレー」を使用する際は、製品の表示を確認したあと、あらかじめ目立たないところでシミや変色の確認をしてから使いましょう。また、安全にかつ効果的にはっ水剤を使うために、以下のことに注意しましょう。

1. 対象物から約20cm離す

対象物から約20cm離して、しっとり濡れる程度にまんべんなくスプレーしましょう。

2. 必ず風通しの良い屋外で使用

吸い込むと危険なので、必ず風通しの良い屋外で、風向きに注意して使用しましょう。

3. 完全に乾燥させる

スプレー後は、必ず風通しの良い屋外で完全に乾燥させましょう。

4. 一度に大量に使用しない

一度に大量に使用しないようにしましょう。

はっ水スプレーを噴霧

※1 ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用ください。

※2 通販限定販売品は、「取扱店舗を探す」ではご案内しておりませんのでご了承ください。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

お洗濯の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存