白ソックス(白い靴下)の洗濯方法〜汚れや黄ばみをキレイに落とす洗い方〜

白ソックス(白い靴下)の洗濯方法〜汚れや黄ばみをキレイに落とす洗い方〜

白ソックスを洗濯する時は、洗う前に目立つ汚れに「部分洗い剤」を塗布して軽くもみ洗いし、全体的な黄ばみやニオイには「つけおき洗い」を。洗濯する時は色や素材に適した洗剤を選び、デリケートなものは洗濯ネットに入れてやさしく洗いましょう。干すときはゴムの劣化を防ぐため、「ゴムの部分を上」にするのが基本ですよ。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

白ソックスをキレイに仕上げるお洗濯の「ポイント」

以下に、白ソックスをキレイに仕上げるお洗濯の「ポイント」をご紹介します。

POINT

<洗濯する前>

1.目立つ汚れは「部分洗い剤」で前処理

素材が綿や化繊の白ソックスの場合、目立つ汚れがあれば、汚れの種類に適した「部分洗い剤」を塗布し、軽くもみ洗いしましょう。どんな部分洗い剤を使えば良いか、以下の表を参考にしてください。

ソックスの裏側の汗や皮脂汚れには、「エリそで用」の部分洗い剤を塗布する

ソックスの裏側の汗や皮脂汚れには、 「エリそで用」の部分洗い剤を塗布する

部分洗い剤がない場合は、それに代わる洗剤を使用してもOKです。水洗い可能なシルクなどのデリケートな素材、生成りや色柄模様のついたソックスの前処理には、おしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。

目立つ汚れは「部分洗い剤」で前処理

2.全体が黄ばんだり、嫌なニオイがしたりする時は「つけおき洗い」

ソックス全体が黄ばんだり、嫌なニオイがしたりする時には、洗面器などに酵素入りの洗剤の1回分使用量と液体酸素系漂白剤をぬるま湯に入れて、濃い目の洗剤液をつくり、30分~2時間「つけおき洗い」をしましょう。シルクやウールなどのデリケートな素材のソックスの場合は、長時間洗剤液の中につけおくと傷むことがあるので、つけおき洗いは避けましょう。

POINT

<洗濯する時>

1.色や素材に適した「洗剤」を選ぶ

ソックスの色や素材、飾りの有無を考慮して、適した「洗剤」を使用しましょう。

色や素材に適した「洗剤」を選ぶ

※蛍光増白剤:光を吸収して青色の光を反射する染料の一種で、 繊維加工段階で使用されています。 蛍光増白剤配合の有無は、洗剤パッケージの正面や成分欄に記載されています。

粉末洗剤の蛍光増白剤配合の表示 おしゃれ着用洗剤(アクロン)の蛍光増白剤無配合の表示

2.飾りがついたりからまりやすかったりするものは、「洗濯ネット」に入れてやさしく洗う

デリケートな素材や飾りのついたものは、「洗濯ネット」に入れて、洗濯機の手洗いコースやドライコースなどのやさしいコースで洗いましょう。長めのソックスも洗濯ネットに入れて、ほかの衣類とからんで伸びるのを防止しましょう。

透け感などのデリケートな素材のソックスは、洗濯ネットに入れる

透け感などのデリケートな素材のソックスは、洗濯ネットに入れる

POINT

<干す時>

1.ゴムの劣化を防ぐため「ゴムの部分」を上にして干す

ソックスは、ゴムの劣化を防ぐため「ゴムの部分」を上にして干すのが基本です。つま先部分が厚いものやピンチのアトが気になるものは、つま先を上にして干しましょう。

また、レースやフリルの箇所は、カタチを整えて干すと、仕上がりがキレイになります。

白ソックスは「白さ」が命!

白ソックスは「白さ」が命です。いつも清潔感のある白さを保って、流行の白ソックスを履きこなしましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

お洗濯の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存