「子ども用の歯ブラシ選び」のポイント

「子ども用の歯ブラシ選び」のポイント

皆さんは、「子ども用の歯ブラシ選び」に迷ったことはありませんか?今回は、成長に合わせた子ども用の歯ブラシ選びのポイントをご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

乳歯が生えたら「歯ブラシ」を準備

子どもの乳歯が生え始めたら、歯磨きをスタートしましょう。まず準備するものは「歯ブラシ」です。今回は、子ども用の歯ブラシ選びのポイントをご紹介します。

子どもの成長に合った「歯ブラシ選び」を!

子ども用の「歯ブラシ選び」は、子どもの成長に合わせたものにしましょう。歯ブラシのパッケージに「○~○歳用」「仕上げみがき用」「乳歯期用」「生えかわり期用」などと記載されているので、以下の歯ブラシの特徴を参考にしながら選びましょう。

1.「仕上げみがき用」は親が持ちやすいカタチ

仕上げみがき用

「仕上げみがき用」は、乳歯の生え始めに保護者が磨いてあげるための歯ブラシです。乳歯のデリケートな歯茎を傷つけない「やわらかめの毛のかたさ」で、保護者が「ペングリップで持ちやすい形」になっています。

2. 「乳歯期用」は子どもが使う初めての歯ブラシ

乳歯期用

「乳歯期用」は、乳歯期の自分磨き用の歯ブラシです。歯の大きさ、子どもが持ちやすい太さの柄に設計されています。

3. 「生えかわり期用」は凹凸のある歯並びに対応

生えかわり期用

「生えかわり期用」は、永久歯に生えかわる最中の「凸凹のある歯並び用」の歯ブラシです。第一大臼歯にも届きやすい「ネックの長さ」になっています。

小さな子どもの歯磨きは「目を離さない」こと!

仕上げ磨き用の歯ブラシは保護者の方が使うためのもので、「ハンドル部分が長い」のが特徴です。子どもが使う歯ブラシとは分けて使用します。

また、子どもが歯磨きをする際には、怪我をしないように「目を離さない」ことが大切です。

この記事を作成・監修した
マイスター

平野 正徳

オーラルケアマイスター

平野 正徳

ひらの まさのり

オーラルケア関連の基礎研究ならびに開発研究に20年以上携わってきました。 これまで得た知識と経験を活かして、歯とお口の健康に関する情報をお伝えします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

トップHYGIA(ハイジア)から生まれ変わったスーパーNANOX ニオイ専用とトップNANOX スプレーをセットにして30名様にプレゼント!

  • トップ スーパーNANOX ニオイ専用 400g
  • トップNANOX 衣類・布製品の除菌・消臭スプレー 350ml
  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE