スポーツウェアのニオイ対策!「つけおき洗い」の手順

スポーツウェアのニオイ対策!「つけおき洗い」の手順

スポーツウェアや夏の肌着など、たっぷりの汗で汚れた衣類は、ニオイが 気になります。そんな「ニオイ汚れ」を解消する「つけおき洗い」の手順をご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

しみついたニオイ汚れには「つけおき洗い」が有効

スポーツウェアや夏の肌着は、汗による汚れが特に気になります。

使い込んでいくうちに普段のお洗濯では落ちない「ニオイ」が残ってしまうこともあり、困っている方も多いのでは?そんな汗汚れによるしつこいニオイには、「つけおき洗い」を試してみましょう。しみついたニオイを解消する救世主になってくれるかもしれません。

まずはニオイを「防ぐ」ことから

「つけおき洗い」の前に、まずは衣類にニオイがしみつかないよう「防ぐ」ことから始めましょう。スポーツウェアや夏場の衣類は、特に汗や皮脂で汚れています。通常以上に菌が増殖し、ニオイが発生しやすい状態になっているため、ため込まず「こまめにお洗濯すること」が重要です。さらに、ニオイ汚れに対する効果が高い洗剤を使用するのも、気持ちよく使い続けるためのポイントです。

ニオイ汚れを解消するつけおき洗いの「手順」

使い込んだスポーツウェアや肌着に洗濯後も残るニオイの原因は、落としきれずに蓄積した「皮脂汚れ」や「たんぱく質汚れ」。そんな「ニオイ汚れ」を解消するには、「つけおき洗い」でニオイの原因となっている汚れをしっかりと落とすことが重要です。つけおき洗いの「手順」は、次のとおりです。

1. 濃い目の洗剤液をつくる

洗濯桶などに衣類の浸る程度(5L程度)のぬるま湯(40℃)を入れ、洗濯機で洗濯する時の1回分の洗剤を入れます。洗剤はニオイ汚れに効果の高い液体洗剤か、酵素入りの粉末洗剤を使用しましょう。

2. 衣類を入れて、30分~2時間つけおきする

衣類を入れて、30分~2時間つけおきする

洗剤液に衣類を浸し、汚れやニオイの程度に応じて30分から2時間、つけおきします。濃色の衣類は色落ちすることもあるので、目立たない場所で確認してから行いましょう。

色落ちの確認は、液体洗剤を別の白い布につけ、衣類の縫い目などの目立たない部分をたたいて、布に色が移らないかどうかを調べます。

3. 洗剤液ごと洗濯機で洗う

洗剤液ごと洗濯機で洗う

つけおきした衣類と洗剤液をそのまま洗濯機に入れ、ほかの衣類も一緒に普段通りにお洗濯します。

ウールや絹などの素材はつけおき洗いはしないでください。

この記事を作成・監修した
マイスター

片木 徹也

お洗濯マイスター

片木 徹也

かたぎ てつや

洗濯用洗剤などの製品開発に約15年携わってきました。
日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

システマハグキプラス 電動歯ブラシとハミガキのセットを30名様にプレゼント。

・[医薬部外品]システマ ハグキプラス プレミアム ハミガキ 95g
・システマハグキプラス音波アシストブラシやわらかめ(本体)

※ハミガキの香味は選べません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE