「歯みがきの基本」を覚えて快適ケア!

「歯みがきの基本」を覚えて快適ケア!

上手に歯垢を落として健康な歯を維持するには、「歯みがきの基本」を身につけることが大切です。基本は、毛先を歯面にきちんとあてる、毛先が広がらない程度の軽い力でみがく、5~10mmを目安に小刻みに動かして1~2歯ずつみがくことの3つ。一か所20回を目安にみがきましょう。ポイントを動画でチェックして下さい。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

知っておくべき「歯みがきの基本」

皆さんは、毎日どのように歯をみがいていますか?今回は、上手に歯垢を落とし健康な歯を維持するための「歯みがきの基本」をご紹介します。基本を身につけ、効果的な歯みがきをしましょう。

歯みがきには次の「3つの基本」があります。1カ所あたり20回程度を目安に、ていねいにみがきましょう。

歯みがきには次の「3つの基本」があります

1. 歯面にきちんとあてる

ハブラシの毛先を歯面にきちんとあてます。

2. 軽い力でみがく

毛先が広がらない程度の軽い力でみがきます。

3. 小刻みに動かす

5~10㎜を目安に小刻みに動かして1~2歯ずつみがきます

歯みがきの基本を動画でチェックしてみましょう。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

どうして「強く」みがくといけないの?

「強く」みがくと歯ぐきを傷つけるおそれも!

「力を入れてみがいた方が歯の汚れがよく落ちるのでは?」と思うかもしれませんが、それは誤りです。力が強すぎると、ハブラシの毛先が広がって歯面からそれてしまい、歯垢が上手に落とせません。また、歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。

歯垢は毛先が広がらない程度の「軽い力」で落とせる

ハブラシの毛先が広がらない程度の軽い力でみがくのが、適切なみがき方です。毛先が広がらない程度の「軽い力」で1か所あたり20回位、みがくようにしましょう。

歯垢は毛先が広がらない程度の「軽い力」で落とせる

この記事を作成・監修した
マイスター

平野 正徳

オーラルケアマイスター

平野 正徳

ひらの まさのり

オーラルケア関連の基礎研究ならびに開発研究に20年以上携わってきました。 これまで得た知識と経験を活かして、歯とお口の健康に関する情報をお伝えします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【夏の汗や黒ずみをらくちんお洗濯】 あきらめていた手ごわい汚れまでもっとキレイに!
NANOXから衣類洗剤と部分洗い用衣類洗剤をセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • トップスーパーNANOX 本体大
  • トップNANOX エリそで用 本体
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE