歯ブラシの正しい「持ち方」

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯ブラシの正しい「持ち方」

意識したい歯ブラシの「持ち方」

皆さんは、毎日の歯磨きで歯ブラシの「持ち方」を意識したことはありますか?
今回は、歯ブラシの正しい持ち方についてご紹介します。

2つの「基本的な持ち方」をマスターする

歯ブラシの「基本的な持ち方」は大きく分けて、鉛筆を持つように握って持つ「ペングリップ」と、手のひらで握るように持つ「パームグリップ」の2つがあります。磨く部位に合わせて、磨きやすい方法で持つと良いでしょう。ただ、どちらの持ち方でも、歯ブラシをギュっと強く握らないようにしましょう。歯磨きの基本である「軽い力で磨く」「小刻みに動かして磨く」ためには、歯ブラシは軽く持つことが大切です。

ペングリップ  パームグリップ

力が入り過ぎてしまう人には「ペングリップ」

「1~2週間で歯ブラシの毛先が開いてしまう」「歯科医院で歯磨きに力が入りすぎていると言われる」という方には「ペングリップ」がおすすめです。余計な力が入らず、小刻みに動かしやすいので、すみずみまでていねいに磨くことができます。ペングリップで磨く時のコツは、「ワキを締める」ことです。こうすることで、歯ブラシを持つ手が安定して磨きやすくなります。また、歯ブラシのハンドルにはいろいろな形のものがあるのですが、ペングリップで磨くには、鉛筆のように丸みを帯びた形のものが適しています。ぜひ、選ぶ際の参考にしてみてください。

LION おすすめの商品

歯とお口の健康

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



    みんなのハテナ

    掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

    これまでに寄せられた悩みを見る >

    質問するには
    ログインが必要です

    キーワードから探す


    あわせて読まれている記事

    人気のアイデア 急上昇ランキング


    Lideaからのお知らせ

    irodori - くらしを彩るウェブマガジン

    注目の記事

    夫婦円満都市推進プロジェクト
    災害時の清潔・健康ケア

    Lidea公式facebookページ 日々更新中!

    知っていると便利な情報や
    お得なキャンペーンをお知らせします♪