磨き残しをしない「歯磨きのコツ」

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
磨き残しをしない「歯磨きのコツ」

「キレイに歯を磨く」には

毎日している歯磨きですが、「ちゃんと磨けているかちょっと不安」という方に、磨き残しがないように「キレイに歯を磨く」ためのコツをご紹介します。

「歯垢の付きやすい場所」を念入りにみがく

以下のような「歯垢の付きやすい場所」を知っておくと、効率的に歯磨きができます。

1. 歯と歯の間・歯と歯茎の境目・かみ合わせ

歯と歯の間・歯と歯茎の境目・かみ合わせ

2.利き腕側の磨き残しの多い場所(犬歯から小臼歯のあたり)

利き腕側の磨き残しの多い場所(犬歯から小臼歯のあたり)

右利きの人は右側に、左利きの人は左側に磨き残しの多い場所があります。犬歯から小臼歯のあたりです。それは、歯ブラシのヘッドの向きを変えてみがく部分で、一度歯ブラシが歯から離れてしまうことが多いため、磨き残しやすくなります。これらの場所は特に意識して念入りに磨くようにしましょう。

「歯面」は分けて磨く

磨き残しをなくすためには、「歯の裏側、表側、かみ合わせ面」を分けて、1本1本の歯を意識して磨くことが大切です。

「歯面」は分けて磨く
  • ※公益財団法人ライオン歯科衛生研究所

「磨く順番」を決めておく

歯磨きは、もちろんどの歯から磨き始めてもかまわないのですが、自分で起点を決めて、そこから順番に磨いていくと、磨き残しが防げます。
また、磨き残しをしやすい歯の裏側は、意識が集中しやすい初めのうちに磨いておくなど、自分なりに「磨く順番」やルールを決めておくと良いでしょう。

定期的に「磨き残しのチェック」

歯磨きは毎日行うため、自然とクセがついてしまい、常に同じ場所を磨き残してしまいます。磨き残しのクセを知るため、歯垢が赤く染まる「染め出し剤」を使って「磨き残しのチェック」をしてみましょう。歯科医院のほかドラッグストアやネットでも購入できます。このチェックは定期的にするのがおすすめです。なお、染め出し剤を使う時には衣服についてシミにならないよう、エプロンをするなど注意しましょう。


教えて マイスター

「ブリッジ」の下はどうやって磨くの?

「歯間ブラシ」でいつもキレイに!

「ブリッジ」は抜けた歯の両隣の歯を土台にして、橋を渡すようにして抜けた部分に人工の歯を補う治療法です。人工の歯の下にたまった食べかすは、歯ブラシだけでは十分にキレイにできません。

人工の歯の下の汚れを放置し両隣の土台の歯がむし歯(虫歯)や歯周病になってしまうと、土台としての役目を果たせなくなってしまいます。サイズの合った歯間ブラシなどを使ってキレイにしましょう。

「歯間ブラシ」でいつもキレイに

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

Lidea コメント投稿キャンペーン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
家事フェス
災害時の清潔・健康ケア