みがき残しをしない「歯みがきのコツ」

みがき残しをしない「歯みがきのコツ」

ちゃんとみがいているはずなのに、いつもみがき残しができてしまう。そんな人のために、「キレイに歯をみがく」コツをお教えします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「キレイに歯をみがく」には

毎日している歯みがきですが、「ちゃんとみがけているかちょっと不安」という方に、みがき残しがないように「キレイに歯をみがく」ためのコツをご紹介します。

「歯垢の付きやすい場所」を念入りにみがく

以下のような「歯垢の付きやすい場所」を知っておくと、効率的に歯みがきができます。

1. 歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目・かみ合わせ

歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目・かみ合わせ

2.利き腕側のみがき残しの多い場所(犬歯から小臼歯のあたり)

利き腕側のみがき残しの多い場所(犬歯から小臼歯のあたり)

右利きの人は右側に、左利きの人は左側にみがき残しの多い場所があります。犬歯から小臼歯のあたりです。それは、ハブラシのヘッドの向きを変えてみがく部分で、一度ハブラシが歯から離れてしまうことが多いため、みがき残しやすくなります。これらの場所は特に意識して念入りにみがくようにしましょう。

「歯面」は分けてみがく

みがき残しをなくすためには、「歯の裏側、表側、かみ合わせ面」を分けて、1本1本の歯を意識してみがくことが大切です。

「歯面」は分けてみがく

  • ※公益財団法人ライオン歯科衛生研究所

「みがく順番」を決めておく

歯みがきは、もちろんどの歯からみがき始めてもかまわないのですが、自分で起点を決めて、そこから順番にみがいていくと、みがき残しが防げます。
また、みがき残しをしやすい歯の裏側は、意識が集中しやすい初めのうちにみがいておくなど、自分なりに「みがく順番」やルールを決めておくと良いでしょう。

定期的に「みがき残しのチェック」

歯みがきは毎日行うため、自然とクセがついてしまい、常に同じ場所をみがき残してしまいます。みがき残しのクセを知るため、歯垢が赤く染まる「染め出し剤」を使って「みがき残しのチェック」をしてみましょう。歯科医院のほかドラッグストアやネットでも購入できます。このチェックは定期的にするのがおすすめです。なお、染め出し剤を使う時には衣服についてシミにならないよう、エプロンをするなど注意しましょう。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

「ブリッジ」の下はどうやってみがくの?

「歯間ブラシ」でいつもキレイに!

「ブリッジ」は抜けた歯の両隣の歯を土台にして、橋を渡すようにして抜けた部分に人工の歯を補う治療法です。人工の歯の下にたまった食べかすは、歯ブラシだけでは十分にキレイにできません。

人工の歯の下の汚れを放置し両隣の土台の歯がむし歯や歯周病になってしまうと、土台としての役目を果たせなくなってしまいます。サイズの合った歯間ブラシなどを使ってキレイにしましょう。

「歯間ブラシ」でいつもキレイに

この記事を作成・監修した
マイスター

平野 正徳

オーラルケアマイスター

平野 正徳

ひらの まさのり

オーラルケア関連の基礎研究ならびに開発研究に20年以上携わってきました。 これまで得た知識と経験を活かして、歯とお口の健康に関する情報をお伝えします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE