歯が白い人は何が違う?「歯の色」や「白さ」が人によって違う理由

歯が白い人は何が違う?「歯の色」や「白さ」が人によって違う理由

なぜ、「歯の色」は白かったり黄ばんでいたり、人によって違うのでしょうか?歯の色の違いを生む様々な原因を解明していきましょう。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

人それぞれ違う「歯の色」

人それぞれ違う「歯の色」

皆さんの歯はどんな色をしていますか?

真っ白ではなくやや黄色く見えるのではないでしょうか?それは、歯は黄色みを帯びた象牙質が半透明のエナメル質で覆われた構造をしているためです。

そして、この象牙質とエナメル質の色味には個人差があり、生まれつきの「歯の色」の違いとなってあらわれます。

さらに、このような各人固有の本来の歯の色に、様々な原因による着色が重なることで、見た目に違いが出るのです。

では、その着色の原因とはどのようなものなのでしょうか?

歯が「着色」する4つの原因

1. 色素沈着

タバコのヤニ(タール)が歯の表面に固着し、着色につながります

お茶やコーヒーに含まれる色素(主にタンニン)や、タバコのヤニ(タール)などが歯の表面に固着し、着色につながります。歯に着色しやすい飲食物は、「飲み物」ではコーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶・赤ワインなど、「食べ物」ではカレー・ぶどう・ミートソーススパゲッティなどです。

2. 抗生物質の副作用

テトラサイクリンという抗生物質を母親が妊娠中に服用していた場合、もしくは新生児・乳幼児期に投与された場合、副作用として、歯全体に変色があらわれる場合があります。

3. 歯髄内出血の影響

むし歯の治療などで神経を抜いたり、外傷によって歯髄内で出血したりした場合、血液成分により歯の内部が黒く変色する場合があります。

4. 加齢

歳を取るにつれてエナメル質が薄くなり、また象牙質自体も黄色みが増してくるので、全体的に歯が黄ばんで見えるようになります。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

「着色汚れ(ステイン)」って何?

「着色汚れ(ステイン)」の正体

「着色汚れ(ステイン)」の正体

通常、歯のエナメル質の表面は、唾液が付着してつくられるペリクルという薄い膜で覆われています。

コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるタンニンなどが、唾液中に含まれるカルシウムなどの金属イオンと結びついてペリクルに固着します。これが「着色汚れ(ステイン)」になるのです。

「歯磨き」で素早く除去

ステインは「歯磨き」で落とすことができますが、時間の経過とともに歯に強く固着して落ちにくくなります。毎食後すぐに歯磨きを行って、ステインの固着を防ぎましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

平野 正徳

オーラルケアマイスター

平野 正徳

ひらの まさのり

オーラルケア関連の基礎研究ならびに開発研究に20年以上携わってきました。 これまで得た知識と経験を活かして、歯とお口の健康に関する情報をお伝えします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE