リネン(麻)のお洗濯テク!しわになりにくい洗い方と、アイロンのかけ方

リネン(麻)のお洗濯テク!しわになりにくい洗い方と、アイロンのかけ方

しわになりやすいリネン素材の服を美しく保つには、「洗濯ネットに入れる」「やさしく洗う」「脱水時間は最短にする」のがコツ。日光で色あせないよう、形を整えて陰干しすること。しわが気になる時は、アイロンがけや、しわ取り消臭スプレーの使用がおすすめです。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「リネン」は、しわやヨレが気になる

リネン(麻)素材の衣服はさらりと着心地いい一方で、一日着用するとしわやヨレが気になりますよね。しわになりやすく、しわが残りやすい素材だから、お手入れは丁寧にしたいもの。

そこで、リネン素材の衣服を美しく保つための「洗い方」「干し方」「お手入れ方法」のポイントを紹介します。

リネンパンツ 洗い方 お手入れ方法

リネンシャツ 洗い方 お手入れ方法

「リネン」素材の洗い方の手順とポイント

リネンは、洗濯時の強い摩擦により毛羽立ったり、白っぽくなることがあります。しわやヨレを防ぐには、やさしく洗って、脱水時のしわをなるべく軽減し、形を整えて干すことがポイントです。

標準コースで洗濯

標準コースで洗濯

ドライコースで洗濯(脱水1分に設定)

ドライコースで洗濯(脱水1分に設定)

POINT

1.洗濯表示を確認しよう

洗い始める前に、必ず洋服のタグにかかれている「洗濯表示」をチェックします。
以下の表にあるマークがついていたら、自宅で手洗い、または洗濯機で洗うことができます。

  • ※2016年12月から洗濯表示が新しくなりました。
洗濯表示 旧絵表示
洗濯機で洗える 洗濯表示 旧絵表示
手洗いできる 洗濯表示 旧絵表示

手洗いマークの衣類を洗濯機で洗う場合は、洗濯機で洗えるかどうか、洗濯機メーカーの情報を確認してくださいね。

洗濯表示だけでなく、タグの注意書きも確認しておきましょう。

2.適切な洗剤を選ぶ

無蛍光で、洗濯時の色あせや型くずれを防止する、おしゃれ着用洗剤「アクロン」がおすすめです。さらに柔らかく仕上げたい場合は、柔軟剤を併用しましょう。

3.気になる汚れがあれば前処理をする

エリや裾、ポケット口などの汚れが気になる時は、おしゃれ着用洗剤「アクロン」の原液をつけ、キャップで軽くたたいておきます。

4.裏返して洗濯ネットに入れる

リネンシャツは、洗濯ネット(30×33cm程度)のものにたたんで入れると、しわが少なく仕上がります。また、毛羽や糸くずの付着が目立ちやすい濃色の衣料は、細かい目の洗濯ネットを使用しましょう。

裏返して洗濯ネットに入れる リネンシャツ

パンツの場合は、ファスナー、ボタン、ホックなどは、あらかじめ閉めておきます。洗濯時の摩擦による毛羽立ち防止のために、裏返しにして洗濯ネットの大きさに合わせて、2~3つにたたんで洗濯ネットに入れます。

裏返して洗濯ネットに入れる リネンパンツ

5.「手洗い」か「ドライマーク対応コース」でやさしく洗う。脱水時間は短めに

手洗いで押し洗いするか、洗濯機の「手洗いコース」や「ドライマークコース」でやさしく洗います。脱水じわを軽減するために、脱水時間は、最短時間で設定しましょう。脱水じわを軽減することで、仕上がりが美しくなります。

濃色のものは単独で!

濃色のものは色落ちする可能性があるので、単独で洗いましょう。

6.形を整え、裏返しのまま陰干しする

脱水後はすぐに取り出します。軽くたたいてしわをのばし、全体の形を整えましょう。

リネンシャツは、乾いた時に縫い目部分がしわになりやすいので、袖や身頃を縦・横・斜め方向にピッピッと引っ張って整えます。日光による色あせや変色を防ぐため、日陰に平干しに。

パンツの場合は、日光による色あせや変色を防ぐために、裏返しにしたまま日陰に筒干しします。重し代わりのタオルを裾の部分に詰めて干すと、しわが伸びてキレイに仕上がりますよ。

しわが気になる時のお手入れ方法

しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取りましょう

着用後や洗濯をして乾いた後にしわが気になる場合は、しわの気になる部分に、しわ取り消臭スプレーをしっとりする程度にスプレーしましょう。その後、全体を軽く引っ張りながらしわをのばして、形を整えます。

しわ取り消臭スプレーをした前後では、仕上がりに以下のような違いが出ます。

しわ取り消臭スプレー リネン

<しわ取り消臭スプレー後の仕上がり>

左・スプレーする前 / 右・スプレーして乾燥させた後

しわを取るためのもう一つの工夫

紳士用の麻のパンツの例。ベルトの重さで、しわ取りも効果的に。

紳士用の麻のパンツの例。ベルトの重さで、しわ取りも効果的に。

スプレーをしたあと、ウエスト部分にベルトを通したまま下向きに吊るすと、しわ取り効果が向上します。乾燥すればニオイもしわも取れて、気持ちよく着用できます。

リネン素材のアイロンのかけ方

リネン素材にアイロンをかけるイメージはあまりないかもしれませんが、アイロンをかけると、しわを伸ばして風合いよく仕上げることができます。
手順を覚えて、上手にアイロンがけをしましょう。

リネンパンツのアイロンがけのポイント

リネンパンツのアイロンがけのポイントは、スチームアイロンでしわが取れない場合は、縫い目やラインは霧吹きをかけて、直接水をしみこませるのがポイントです。

<温度を設定>
洗濯表示を確認し、素材に合わせて温度を設定します。

POINT

アイロンがけのポイント

1.腰まわり

裏返して腰まわりをかけます。ポケットの下側をきちんとかけてから、ポケットのしわを伸ばしましょう。
そのままアイロンを中に入れて、後ろの腰まわりにかけます。脇のポケット口や前タックもかけます。

2. パンツの折り目

裏返して脇の縫い目にアイロンをかけ、表に返して脚の部分をかけます。脇の縫い目同士を合わせ、パンツの折り目を決めます。

3. 脚のセンターライン

片方ずつ、脚のセンターラインにかけます。

リネンシャツのアイロンがけのポイント

リネンシャツのアイロンがけのポイントは、人目につく「3箇所」をキレイにすることです。また、こちらも霧吹きで十分に水分を与えると、しわが取りやすくなります。

<温度を設定>
洗濯表示を確認し、素材に合わせて温度を設定します。

POINT

アイロンがけのポイント

1.エリ

片手で縫い目を引っ張りながら、「端から内側に」向かってかけるとエリ先にしわが寄りません。

2.ポケット

端にしわが寄らないように、「外側から内側に」向かってかけます。

3.カフス(袖口)

片手で縫い目を引っ張りながら、裏はサッと、表はしわが寄らないよう「外側から内側に」向かってしっかりとかけます。

濡れたままアイロンをかけるのはNG

芯など布が重なった部位が濡れたままアイロンをかけると、表面だけが乾燥して、内側には湿気が残り、しわになってしまいます。また、アイロンの熱で中まで乾燥させようとすると、表面が傷んでしまうのでやめましょう。

アイロンをかける時の「注意点」

アイロンをかける時には、以下の2つに注意するのがおすすめです。

1. 当て布をする

テカリを防ぐために、当て布をします。

2. 軽くおさえるようにしてかける

濃色の綿やウールの衣類はテカリを防ぐために必ず当て布をし、軽くおさえるようにしてかけます。脇縫い部分など布が重なっている部分は、押し付けすぎないようにしましょう。



しわができやすいリネン素材も、少しの工夫でしわを軽減でき、色あせを防ぐことで、長く着られる一着になります。今年の夏は、肌触りの良いリネンのシャツやパンツで快適な毎日を過ごしてみませんか。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

お洗濯の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存