肌のうるおいを守るおすすめの「入浴プロセス」

肌のうるおいを守るおすすめの「入浴プロセス」

入浴中にも、肌のうるおいは失われています。今回は、ボディのうるおいを守るための「入浴プロセス」をご紹介します。肌にもっともやさしい洗い方は、ボディソープや石けんを十分泡立てて手に取って、手で洗う方法です。お湯の温度や入浴後のからだのふき方などにも気をつけて、最後までていねいなケアを心がけて!

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

入浴中にも失われる「肌のうるおい」

入浴の最中にも、「肌のうるおい」はどんどん失われていることがわかっています。そこで今回は、ボディのうるおいを守るための「入浴プロセス」をご紹介します。

うるおいを守る!おすすめ「入浴プロセス」

肌のうるおいを守るために、次の「入浴プロセス」を意識しましょう。

1. ボディはやさしく泡洗い

ボディソープや石けんは、お肌にやさしく、うるおうタイプを選びましょう。ただし、いくらお肌にやさしいボディソープや石けんを使っても、ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ洗ったのでは意味がありません。

肌にもっともやさしい洗い方は、ボディソープや石けんを十分に泡立ててから、その泡を手に取って手で洗う方法です。最初から泡で出てくるボディウォッシュを使うと簡単です。すすぎも十分に行いましょう。

タオルやスポンジを使用する場合は、やわらかい素材を選び、ボディソープや石けんをもみ込むようにしてよく泡立ててから、なでるようにやさしく洗いましょう。

ボディはやさしく泡洗い

2. 保湿タイプの入浴剤でうるおいをプラス

浴槽に保湿成分を配合した入浴剤を入れ、ゆっくりつかりましょう。熱めのお湯は肌の乾燥を進行させるので、お湯の温度は38~40℃に設定します。上がり湯をせずにそのままタオルでふくと、保湿成分が肌に残り、よりしっとりします。

3. からだをふく時もこすらないように

入浴後は、乾いたやわらかいタオルで、ポンポンと肌をおさえるようにして水分をふき取ります。使い古して表面がかたくなってしまったタオルは極力避けましょう。ゴシゴシこすると肌を傷めることになります。最後までていねいなケアを心がけましょう。

4. 最後にひと手間保湿をプラス

肌の乾燥がひどいと感じる方は、お風呂を出てから保湿成分を配合したクリームや乳液などでお肌を整えましょう。

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【こんな時こそ、毎日のケアが大事】歯ぐき活性化で歯周病を防ぐハミガキと、超極細毛の音波アシストブラシをセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • システマハグキプラスプレミアムハミガキ エレガントフルーティミント
  • システマハグキプラス音波アシストブラシ
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE