入浴中のなにげない習慣が「乾燥」を招く?

入浴中のなにげない習慣が「乾燥」を招く?

入浴後の肌は、入浴前より「乾燥」することをご存じでしょうか?実際に、1日のうちで入浴後に肌の乾燥を感じる方が多い、という調査結果があります。そこで今回は、入浴に潜む「肌の乾燥を招くリスク」を探ります。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

お風呂あがりに感じる肌の「乾燥」

お風呂から上がったあとに、お肌の「乾燥」を感じた経験はありませんか?そこで今回は、ライオンによる調査結果をご紹介しながら、実際の肌の状態を探ってみます。

「入浴後20~30分」で肌は乾いた状態に!

乾燥を感じるタイミングについて20~50代の女性520人に聞いたところ、「入浴後」との回答がもっとも多くなりました。

 

女性の肌の乾燥実態   乾燥を感じるタイミング

実は、浴室から出ると、からだをタオルでふいている間にも、肌はどんどん乾燥していくのです。

肌水分量の変化

肌水分量の変化

「入浴後20~30分」で、入浴前よりも肌が乾いた「過乾燥」状態に!

「入浴後」に肌が乾燥する理由

なぜ「入浴後」に、肌が乾燥するのでしょうか?実は、入浴中に行われる「洗う」「つかる」という2つの行為にそのリスクが潜んでいるのです。図を見ながら肌の変化をご説明します。

入浴前の健康な肌は、角質が隙間なく並んだ角層に、NMF※が含まれており、肌内部にある水分が守られている状態です。

  • ※NMF:肌本来のうるおい成分(天然保湿因子)

肌へのリスク

入浴による肌乾燥(肌断面イメージ図)

1.洗うリスク

からだを洗う時、タオルやボディブラシなどによる摩擦刺激で角層の表面が傷付くと、肌のバリア機能が破壊され、NMFが溶け出して、水分が蒸散しやすい状態になってしまいます。

 

2.つかるリスク

さらにお湯につかると、角質は水分を含んで膨張し、通常は隙間なく並んでいた角質に隙間ができてしまいます。そこからもNMFが溶け出してしまうので、ますます肌の水分が蒸散しやすい状態になってしまいます。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

洗い方で「肌のバリア機能」が変わるの?

かたい洗浄具でこすると「肌のバリア機能」は低下する

かたい洗浄具でこすると「肌のバリア機能」は低下する

このグラフは、「かための洗浄具で洗ったあと」と「手で洗ったあと」の「肌のバリア機能」を比較したものです。かたい洗浄具でこすることにより、肌から の水分蒸発量が増え、バリア機能が低下していることがわかります。

この時にお湯の中にはがれ落ちた角質細胞を見ると、洗浄具でこすることにより、角質が多くはがれてしまっていることがわかりました。

この記事を作成・監修した
マイスター

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
豪華商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

豪華賞品が抽選で当たるキャンペーン実施中!

A賞

「ほどよいミニマリスト」
香村薫さん&ライオンちゃんが
あなたのキッチンのお悩み解決!&
リード プチ圧力調理バック(1か月分)

1名

B賞

"チョイ手間"で更に美味しく
お好きなお肉で「味しみ」体験
お肉ギフト券(15万円分)&
リードクッキングペーパー

3名

C賞

ガンコ汚れ対策・
しっかりオーラルケア清潔&
健康な暮らしアイテム
スーパーNANOX&クリニカ
アドバンテージネクストステージ

100名

  • facebook
  • Twitter
  • LINE